新着記事  カテゴリー  アーカイブ    お問い合わせ                    
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

オーラと運勢 ハウオリ・セミナー感想



先週の木曜日はハウオリさんのセミナーに行ってきた。


スピリチュアリスト実践セミナー 画像

http://ameblo.jp/hauoli-makana/page-2.html より画像抜粋



ハウオリさんとは、このブログでもリンクしているけれども、一言でいうと・・・


魔女です。


去年の12月に音声インタビューしたのがあります。

ハウオリ音声インタビュー 運勢を上げる3つのコツ




======
プラチナ魔女
======

魔女っていっても色々な種類があります。

白魔術=良い魔女

黒魔術=悪い魔女

というのは映画とかでも出てきますよね?

ハウオリさんはそのどちらでもない魔女。


あえていうのなら・・

「プラチナ魔女」

ともいうべき存在。

白なんだけれども金が混じっているので白金(プラチナ)みたいな。

なんでプラチナかというと、ギリシャ神話でミダス王っていうのがいます。


別名、マイダスともいうんですがマイダス王が触れると全て黄金に変わるという神話があります。


ニュアンス的にはそれに近い感じ。


ただし、ハウオリさんの場合は黄金(プラチナ)に変わるのは・・・


「クライアント(相談者)のオーラ」


オーラが本来の状態になって、具体的に人生が動き始めるという現実的なもの。

この辺はハウオリさんのブログを見てもらって・・・

・セッションが半年待ち
・お礼で頂く品の数々
・クライアントの声

なんかを見てもらうとわかると思う。



=======
オーラ=人生?
=======


「オーラの状態によって現実が動くってどういう意味?」


みたいな質問もあるかもしれない。


この辺を解説すると長くなるので、今回は軽く触れるにと留めるが、その意味が今回のセミナーで明確化した感がある。


簡単にいうと、テレビやラジオのチャンネルってある。


オーラを浄化したり整えたりするのは、そのチャンネルを合わせるのに等しい。


例えば、オーラの中(エネルギーや意識の中に)に・・・

・自分はダメだ
・チクショウ!
・許さん!
・ああー あの時は。。。
・不安だ 心配だ


というのが自分の内面にあると、外界からも同じ性質のものを引っ張って来てしまうという話。


想像してもらうと、オーラの中に的(まと)があるイメージ。

 

 





========
オーラの中の的
========

例えば・・・・

「楽しい」
「ありがとう」
「よし、頑張ろう!」


とかいう的がオーラの中にあると、その的に向かって現象が刺さってくる。


例えば仕事が上手くいって・・・


「ありがとう、これが出来たのも君たちのお陰だ」


とあなたが部下や会社のメンバーに感謝すれば・・・

「いやいや、課長のサポートがったからですよ」


という感謝と現実が帰ってくる。


ところが・・・


「こんなクソみたいな世界、みんな死んでしまえばいい」


とか思っているとすると、そういう的がオーラの中にあるので、それを的として現象が刺さる。


だから、理屈はともかく、自分の精神衛生上や健康の為にもそういった重いエネルギーやギザギザしたエネルギーはクリーンにしてやった方が吉。



=======
良い的=(整える)
=======


今回行ったのは、それらを解放したり消したりして、もっとオーラ(自分のエネルギー)を良い状態にしましょう。


そうすれば、気持ちも楽になるし外側も整いますよ的なメソッド。


まあ、あんまりキャッチーな事は言いたくないが、外面が整うというところが人によって・・

・金銭的な豊かさだったり
・人間関係だったり
・恋愛だったり
・健康だったり

するわけだ。



で、今回のハウオリさんのセミナーもオーラを色々な意味で整えましょう的な内容。




具体的なテクニックをここでシェアするのは支障があるので、どんな雰囲気だったのかをレポートしてみる。



======
知ってるけど
======

最初にこんな事を言うのはなんなんだけれども・・・

「テクニック的には知ってるしな」

というのはあった。

なぜなら、ハウオリさんの師匠のレバナ・シェル・ブドラさんの本を読んだ事があったので・・


・グラウンディングのテクニック
・オーラを浄化するテクニック


なんかは情報的には知っていたし、自分なりには出来ていた(と思った)。

ただ、インスピレーション的に今回のセミナーは行った方がいいと出たので参加してみた。


=====
アウェイ感
=====

ヤバイ、男がほとんどいない。

会場は五反田駅近く。

早めに到着して部屋の前の椅子をみるも女性ばっかり。

開場時間になって、120名以上いる会場を見回しても、ほぼ女性。

落ち着かない。。

ちなみに、私のセミナー参加者さんは平均8割が男性。

落ち着く。

しかし、この会場は落ち着かない。

まるで、高校3年生の時に地元の橋本駅近くのドムドムバーガーでバイトした時のようだ。

あの時、男は私一人だった時と同じような孤独感がヒシヒシと押し寄せてくる。



======
テクニック
======

そうこうしている内に講師のハウオリさんが登場。

セミナーが始まる。

「まず、グラウンディングから始めます」

ということで・・・

「やっぱり本と同じでテクニックだな」

と思ったのもつかの間。

確かにその後に続く・・・

・頭の中◯のテクニック
・爆◯のテクニック
・スクリーンのテクニック
・オーラの◯型テクニック

と内容的には本で知っていたが、実際にハウオリさんに場を作ってもらって誘導してもらうと全然違う。



========
実際に体験すると
========


例えるなら煮干しラーメン。

この前、「すごい煮干しラーメン」という店があり美味しいから食べにいこうと誘われたので行ってきた。

場所は新宿の歌舞伎町。

「えー どうせ煮干しなんだろ?」

と最初は思ったが、店名が「すごい煮干しラーメン」というだけあって、厳選した20種類の煮干しが入っているらしい。

色々とラーメンを食べたが、その中でもかなりのインパクト。

クセになる感じで、1ヶ月後にもう一度食べに行ってしまった。


それと一緒で・・・

・本で読んだり
・頭の中で想像したり
・自分なりにやってみたり

するのと、実際に直接体験するのとでは全然違うというのは、よくある話。

それと同じで、ハウオリさんから誘導してもらってやると全然違った。

具体的にいうと、目の前にスクリーンを出すテクニックがある。

これは自分でもやってみたことがあるが、誘導しながらやってもらうと完全に没入しそうになった。

ちなみに、今回私が行ったやつは9月バージョンで11月にも開催される。

http://www.betarsession.com/2016inoue.html


この記事の下に画像があるんで、結構大勢の方が参加したのがわかる。

ちなみに11月も開催されて、まだ若干の余裕があるみたいだから興味があったら行ってみるのもいいかも。


====
世界観
====

ということで、実際に誘導してもらいながら瞑想やテクニックを使ったら本とは全然違ったという話だった。

実はここのところは世界観が非常にポイントだということに気づいた。

「リアルさん、世界観ってなんですか?」

という質問も出てくるかと思うが、今回は長くなるので次回に続く・・・




JUGEMテーマ:スピリチュアル

このエントリーをはてなブックマークに追加

ーーーーー 期間限定コンテンツ ... ーーーーーー

あなたの本質的な意識が開花するメソッドとは?



ーーーーー 無料プレゼントのお知らせ... ーーーーーー

メルマガ

ブログでお話した今回のような事はメルマガではもう少し深く解説したりしてますので、まだの方はメルマガに登録しておいてくださいね。

このブログのミッションはこちら


メルマガ登録とプレゼント講座の詳細はこちらから


プロフィールはこちら


 
関連する記事はこちら Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
投稿者:koji awazawa
Google

マントラ瞑想とジャパ



前回は種子マントラの記事だった。

今回はジャパ系。

ジャパ系とは・・・

・種子マントラより長めになる
・意識は強め、もしくは音として発声する

という性質をもつ。

・ジャパマラ(数珠)を持って唱えるジャパ系(インド)
・ありがとうと唱えましょう(神道系)
・そのハワイバージョンのホ・オポノポノ

などはどちらかというとジャパ系と言える。

これは体系によって、様々な教え方をされている。

例えば、ありがとうでいえば・・・

”あはアマテラスの「あ」で”

みたいな話。

また、ホ・オポノポノにはホ・オポノポノの概念がある。

共通しているのは・・・・

「出来るだけ多くの回数を唱える」

という行為が共通している。

インドでなんかのガヤトリーマントラなんかも回数を重視している。


ガヤトリーマントラでジャパする時など、回数を数える為に数珠(ジャパマラ)を使う。

あの数珠の数も108あって、それで何千、何万回と唱えていく。

これも最初はわかりにくいが、マントラにエネルギーが充電されていくと様々な現象が起こってくる。

一番わかりやすいのはシャクティの増大感。

シャクティの増大感というのは、簡単にいえば気力が充実する感じ。

まあ、この辺はその人のタイプやコンディションや唱えるマントラによる。

修行の仕方としては、普段から特定のマントラをジャパマラを持って唱えてチャージしておく。

それで、ヒーリングとかの時にそのチャージした力を使う。

また、瞑想の前後にジャパしたりする。




ジャパ系のマントラの威力はけっこうあって、明晰夢や体外離脱した時に自覚した。

この世界で唱えても、若干、シャクティが増す感がある程度だが、アストラル界とかだと、マントラ一言で世界が変わる。

まあ、これは夢見や体外離脱の時にマントラを思い出せればという条件付だが。


思い出せればで思い出したが、ありがとう系のマントラで・・・

「ありがとうございます」

を唱えていれば、死後、良くないところへ行っても”ありがとうございます”と唱えると天界へ行けるよ的な話もある。

しかし、夢の中で思い出せないのに、死に際や死後の意識の中で思い出せるかという話になってくる。

だから、日頃から回数を重ねて意識に定着させたり、充電したりという作業が必要になるという話。


まあ、だから言葉というのはこういった瞑想系やマントラに限らず、物凄く大事だよね。


普段、自分が使っている言葉に良くも悪くも影響を受けている。


イメージとしては泉だよね。

森の中に泉があって、その泉に何を投げいれているか?

綺麗な宝石。

水晶やエメラルド

ダイヤモンドを投げ入れていれば、その宝石達は泉の底に溜まって

日の光を受けてキラキラと輝く泉になっていく

もし、その泉に汚い想念や言葉

泥やペットボトルや空き缶

発がん性物質などを投げ込んでいくと、泉がドロドロの汚染された沼と化す

みたいなイメージですか。


 



JUGEMテーマ:スピリチュアル

このエントリーをはてなブックマークに追加

ーーーーー 期間限定コンテンツ ... ーーーーーー

あなたの本質的な意識が開花するメソッドとは?



ーーーーー 無料プレゼントのお知らせ... ーーーーーー

メルマガ

ブログでお話した今回のような事はメルマガではもう少し深く解説したりしてますので、まだの方はメルマガに登録しておいてくださいね。

このブログのミッションはこちら


メルマガ登録とプレゼント講座の詳細はこちらから


プロフィールはこちら


 
関連する記事はこちら Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
投稿者:koji awazawa
Google

マントラの種類と上達の極意





今日のテーマはマントラ種類や構造。

先日の記事でマントラの種類に関する質問があった。

マントラには・・・・

・ジャパマラ(数珠)を持って唱えるジャパ系(インド)
・ありがとうと唱えましょう(神道系)
・そのハワイバージョンのホ・オポノポノ

など色々あるという話だったが、それに対しての質問。


「マントラって色々あるみたいですが、何がどう違うんですか?」

という質問。

少しマニアックになってしまうが、簡単に説明しょう。

TMやフルフィルなどで使われているマントラは種子のマントラと言われるもの。

種子のマントラとはその名の通り種であり、通常、短い言葉よりなる。

例えば、前回の記事で「好きな言葉でいい」という方法を使ったので、「輝き」

というマントラを選んだとしよう。

輝き

輝き

輝き

と唱えるわけだが、実は言葉である「輝き」というマントラ以上に「間」である無音の空間が非常に重要になってくる。

なぜなら、その音が消える時に意識も至高なるものと一体化していくというプロセスを経るからだ。

であるから・・・

輝き(思念での発音)

輝き(音にならない微弱な概念)

無音(至高なものとの一体化)

というプロセスを経る。

その後、至高なるものと一体化意識が再びこの現象界へ展開していく。

無音(至高なものとの一体化)

輝き(音にならない微弱な概念)

輝き(思念での発音)


であるから、通常、TMや現代化された瞑想では言われないが、実はどんなマントラを使うか以上に、唱えるものの意識が問われる。

唱えるものの意識が問われるとは、至高なるものにどれだけ意識を向けられるかという事。

逆に言えば、至高なるものに意識をまっすぐに向けられる場合は、どのような言葉もマントラになる。

ただ、西洋文明に適合化され、現代的にアレンジされたメソッドだと、マントラ瞑想にしろマインドフルネスにしろ、こういった根幹の部分がカット(表面的に見えなくしている場合が多い)されているので、実践者の潜在的なセンスに左右されてしまうのが現状。


次に種子マントラ以外のジャパ系のマントラの説明

続く・・・



JUGEMテーマ:スピリチュアル

このエントリーをはてなブックマークに追加

ーーーーー 期間限定コンテンツ ... ーーーーーー

あなたの本質的な意識が開花するメソッドとは?



ーーーーー 無料プレゼントのお知らせ... ーーーーーー

メルマガ

ブログでお話した今回のような事はメルマガではもう少し深く解説したりしてますので、まだの方はメルマガに登録しておいてくださいね。

このブログのミッションはこちら


メルマガ登録とプレゼント講座の詳細はこちらから


プロフィールはこちら


 
関連する記事はこちら Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
投稿者:koji awazawa
Google

マントラ瞑想(TM瞑想やその他)とその効果



 



こんにちはリアルです。

今日は簡単なマントラ瞑想の仕方。


少し前の記事でマントラ瞑想について解説したのが途中になっているので、その続きから。

これが出来るようになると・・

・疲れが取れる
・頭がスッキリする
・気持ちが穏やかになる
・睡眠とは違った休息がとれる
・その後の仕事や遊びがよりエンジョイ出来る

という効果がある。



以前のマントラ瞑想の記事



前回の瞑想が上手く出来ない理由でもお話したが・・・



意識を綺麗にする事

というのが一つのキーワードだという事。

シンプルに言えば、ある程度、意識が綺麗でなければ瞑想として静まらない。

だから、その為に古今東西、様々な行やメソッド、アプローチが存在するという話だった。

マントラ瞑想もその一つ。

 

シンプルに言えば、聖なる 言葉や良い言葉を意識に入れて綺麗にしていこうといのが趣旨の一つ。

例えば、TM瞑想などはサンスクリット文字で聖なる言葉(神々の名前など)がマントラとして用いられる。

この系統の瞑想やアプローチとして・・・

・ジャパマラ(数珠)を持って唱えるジャパ系(インド)
・ありがとうと唱えましょう(神道系)
・そのハワイバージョンのホ・オポノポノ

などがメジャーかな。

実はこのマントラの唱え方も・・

A  意識の中で微弱に唱える
B 音にはしないがハッキリと意識の中で唱える
C 発声して唱える

とそれぞれのやり方や効果に違いはあるが、神聖(良い言葉)を繰り返し唱えるという構造は一緒。

この辺が、前回の記事でいう自覚出来ない意識をクリーンにしていくという要素が含まれている。

言葉にはそれだけの力がある。



ということで、まだマントラ瞑想をした事がない人に簡単なやり方をシェアしよう。


ステップ1

人から話かけられないような落ち着ける場所を見つける




ステップ2

好きな言葉を選ぶ

好きな言葉というのは、ありがとうでもいいし。

空とか星とか、海とか、あなたが好きな言葉。

あと、好きと言ってもブッダとかキリストなどの聖者とかならいいが、一般的な恋人や家族はNG.




ステップ3

選んだ言葉を軽く唱える。

軽くというのは、雑念ってたまに浮かぶと思うんだけれども、その感覚。

例えば、仕事をしている時に・・

「そういえば◯◯◯」とうケースがある。

「そういえばコーヒー飲みたいな」

「そういえばあのメールに返信しなくちゃ」

とか、軽く浮かぶ想念があるが、あの感覚で選んだ言葉を軽く想う。



ステップ4

何も考えずに座っていて、考え事が浮かんだら、選んだ言葉を思い出す。

また、唱えたくなったら唱える

例としてこんな感じ。

選んだ言葉は空

座る

しばらく何も考えていない

そうだ、洗濯物をそろそろ





何も考えてない

今、どのくらい座ったかな?




という感じで行う。

コツとしては・・

・力んで唱えない、微弱でいい
・連続して唱えなくてもいい、唱えたくなったらでいい
・雑念が浮かんだら、それはスルーしてマントラに戻る

という感じで行う。

だから、極端にいえば20分瞑想したとして、マントラは50回唱えるかもしれないし、2〜3回しか唱えないかもしれないが、それでいい。


という事で今日は簡単なマントラ瞑想の仕方でした。


JUGEMテーマ:スピリチュアル

このエントリーをはてなブックマークに追加

ーーーーー 期間限定コンテンツ ... ーーーーーー

あなたの本質的な意識が開花するメソッドとは?



ーーーーー 無料プレゼントのお知らせ... ーーーーーー

メルマガ

ブログでお話した今回のような事はメルマガではもう少し深く解説したりしてますので、まだの方はメルマガに登録しておいてくださいね。

このブログのミッションはこちら


メルマガ登録とプレゼント講座の詳細はこちらから


プロフィールはこちら


 
関連する記事はこちら Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
投稿者:koji awazawa
Google

瞑想が上手く出来ない理由



 


 


こんにちはリアルです。

今日のテーマは・・・

「瞑想が上手く出来ない理由」

について。


よく・・・

・上手く瞑想出来ない
・瞑想して思考は停止しても、普段と特に変わらない
・瞑想してもスッキリしない
・逆にイライラしてくる

というようなケースに遭遇する場合があると思う。

私も昔、思った事がある。

当時はクリシュナ・ムルティの本とか読んでいて・・・

「純粋な観察が変容をもたらします」

みたいな教えがある。

そこで、当然の疑問として・・・

「純粋な観察と今のこの観察とどう違う??」

というのがあったわけだ。

つまり、無思考が良いとされ、その中で・・・

・変容が起こったり
・瞑想になったり
・至福感が出てきたり

という状態になるらしい。

ところが、主観的には「無思考」である時間が少なくても数分は続くのに、一向に変容らしき兆候すらない。

というジレンマを感じていた。



簡単にいうと、例えばあなたは瞑想なり、思考の観察なりをして思考が無い状態に数分間なったとする。


「今、俺って何も考えてなかったわ」


という状態は、瞑想していなくても頻度としては頻繁にあると思う。


なのにどうして、変容はともかく安らぎさえ感じない?


これにはいくつか理由がある。



「俺って今、無思考だったよな」

と思っていても、自覚出来ない意識の層では沢山の想念が渦巻いている。


「何も考えてない」

「無思考」

「無念無想」

という言葉だけにフォーカスすると・・・

・聖者も
・なんらかの認識をした人も
・普通の人も
・イライラしている人も
・鬱っぽくなっている人も

「一時的に考え事をしていない時はある」

という部分におては違いはない。

では、何が違うのか?

一番、簡単な理由をこれから解説。

下の図を見て欲しい。

 

 





理由としては、自覚出来ていない意識の層にある想念やエネルギーや構造が違う。


無思考なつもりでも。

瞑想して思考が停止したつもりでも。

自覚出来る意識の下には、色々な動きがあるから、本当の意味での変化は起きてこなかったりする。


例えば、パソコンで説明すると買ってしばらく使っていると動作が遅くなったりする。

特に、これといった重い作業をしていなくても・・・

「なんだか遅いな」

という事に。

あれは・・・

・ブラウザのキャッシュが残っていたり
・色々なアプリを閉じてなかったり
・CPUを食うアプリが動いていたり
・インストールしたものが競合していたり
・デスクトップに大量の重いフォルダがあったり
・ストレージ空きのストレージが残りすくなくなってきたり

するから、動作が遅くなったりするわけだ。


意識や瞑想においてもこれは似たような構造が存在する。

つまり、物凄くシンプルに言うと・・・

「表面上は思考が停止しても、その下を綺麗にしないと変化無し」

という事が出来る。

もっと正確に言うなら、「綺麗」というか「整える」と言った方が適切。

なぜなら、綺麗というと掃除のように・・・

・100%綺麗にしなければならない

というようなニュアンスになるが、「整える」となれば・・・

・ある程度、色々あってもとりあえずなんとかなる

というニュアンスになる。


この「整える」方法が古今東西のスピリチュアル的メソッドのバリエーションとして存在する。


で、あるから座って瞑想するだけでなく・・・

・体操的なヨガをしてみたり
・マントラや祝詞を唱えたり
・滝行をしたり
・護摩を焚いたり

と様々なバリエーションがあるわけだ。


一つの目安として・・・

「シンプルなメソッドほど高度」

という事が出来る。

・思考を観察する技法
・呼吸(体)を観察する技法
・バクティする

など、シンプルなメソッドで効果が出る人は準備が出来ているというか、才能があると言える。

どちらかというと、荒業的というか複雑なステップを踏むケースは先ほどの「整える」要素が強くなる。



JUGEMテーマ:スピリチュアル

このエントリーをはてなブックマークに追加

ーーーーー 期間限定コンテンツ ... ーーーーーー

あなたの本質的な意識が開花するメソッドとは?



ーーーーー 無料プレゼントのお知らせ... ーーーーーー

メルマガ

ブログでお話した今回のような事はメルマガではもう少し深く解説したりしてますので、まだの方はメルマガに登録しておいてくださいね。

このブログのミッションはこちら


メルマガ登録とプレゼント講座の詳細はこちらから


プロフィールはこちら


 
関連する記事はこちら Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
投稿者:koji awazawa
Google

朝に瞑想した方がいいんですか? 瞑想に適した時間帯






こんにちはリアルです。

今日の質問は・・・

朝に瞑想した方がいいんですか?」

というご質問。

結論としては・・・

”出来るならした方がいいけれども、自分に合った時間帯でもOK”

という話になる。

もちろん、朝出来るならした方がいいと思う。

しかし、現代人は忙しい。

そうそう、朝に瞑想とかやってられないケースもある。

「いやいや、朝早く起きてするべきでしょ」

という意見もあるだろう。

朝早く起きて瞑想するのが得意というか向いている人はそれでいいと思う。

しかし、朝型じゃない人とか、仕事の都合上、朝時間が無い人は自分が出来る時間帯でいいと個人的には思う。


=======
朝に瞑想の発祥
=======

なんで「朝に瞑想するのが良い」といわれるようになったのか?

これは朝の時間が瞑想に適した時間というのもあるが、昔の人は電気が無かったというのも大きい。

例えばの話、インドでも日本でも日が暮れたら寝るのがベーシックだった。

そしたら、真面目な人は朝の3時に起きて瞑想でもするでしょ。

しかし、現代人は夜中の0時から2時くらいに寝る夜型が多い。

その場合、2時に寝たとして7時に起きて5時間睡眠だから、それ以上早く起きられ無いわな。

だから、これも前回や前々回の話と一緒で・・・

「自分のリズムに合う時間帯にする方が、無理に朝が良いからと言われて、出来なくて悩むよりは良い。」

という事が出来る。

今回の質問は・・・

「瞑想は朝した方がいいんですか?」

という話だった。


======
◯◯すべき
======

今までの質問や回答に共通しているのは・・・

「◯◯の方が良い」

という常識というか、しきたりがあって、それが出来ないから悩む。

というパターン。

これは瞑想だけに限らず、どのような分野でもある話。

・◯◯の方が良いんだけれども、出来ない

それとよく似たのが・・・

・◯◯は◯◯であるべきだ。

のようなパターン。

このように、問題の多くは・・・

現状はAなんだけれども自分はBだ(もしくはBだと思う、もしくはなって欲しい)

というような流れ。

このブログで言っている・・・

・気づき
・マーヤを解く

とは、ハマっている思考に気づいて・・・

「ああ、なるほど、自分の一人相撲だったんだな」

と腑に落ちる事。

まあ、なかなか難しいんだけどね。

色々な体験(瞑想含む)や意識状態になったにせよ、肉体としてこの世界に生きている以上は完全には抜け出せない。

それを1つ1つ取り組んでいくしかない。

ただ、そういう仕組みを知っているのと、全然知らないのとでは大変さがかなり違ってくるという話。


JUGEMテーマ:スピリチュアル

このエントリーをはてなブックマークに追加

ーーーーー 期間限定コンテンツ ... ーーーーーー

あなたの本質的な意識が開花するメソッドとは?



ーーーーー 無料プレゼントのお知らせ... ーーーーーー

メルマガ

ブログでお話した今回のような事はメルマガではもう少し深く解説したりしてますので、まだの方はメルマガに登録しておいてくださいね。

このブログのミッションはこちら


メルマガ登録とプレゼント講座の詳細はこちらから


プロフィールはこちら


 
関連する記事はこちら Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
投稿者:koji awazawa
Google

コーヒー(カフェイン)と瞑想 



 


こんにちはリアルです。

前回は・・・

酒とタバコと瞑想

という話でしたが、似た質問で多いのが・・・

「コーヒーはダメなんですか?」

という質問。

なんで、こういう質問が出るかというと・・・

「コーヒーやカフェインはダメです」

という流派が存在するから。

ちなみに、TM瞑想やインドのアーユルヴェーダの要素が入っているところはダメなところが多い。

コーヒーはラジャスですからダメです。

と以前、私も言われた。

ラジャスとは?

インドのアーユルヴェーダの概念なんだけれども・・・

・サットヴァ(純性)
・ラジャス(動性)
・タマス(鈍性)

これらの性質をグナといって、3つ合わせてトリグナという風に言う。

瞑想においてというか、健康でいい感じの精神状態をキープしようと思ったら、サットヴァという性質を伸ばすのが吉と言われている。

酒、タバコ、コーヒーなんかの刺激物は動性のラジャスだからNGという事だよね。

だから、アーユルヴェーダなんかではコーヒーの代わりにタンポポのハーブでコーヒー風にしたハーブティーなんかも売られている。

まあ、マズイんだけどね、普通は。


ただ、これはヒンドゥー系の話であって、瞑想する時に目を覚ます為にコーヒーはOKですよ的なところも多い。


果たしてどっちなの?

コーヒーは瞑想の時に飲んでいいの?
ダメなの?

という話になるが、私的にはOKとなっている。

とは言っても、さすがに1日20杯とかは普通にいかがなものかという感じ。

これも前回の話で、結局はOKかNGかは個人的なバランスの話になってくるので、自分で様子をみながら判断するのが吉。

 




 

 

JUGEMテーマ:スピリチュアル

このエントリーをはてなブックマークに追加

ーーーーー 期間限定コンテンツ ... ーーーーーー

あなたの本質的な意識が開花するメソッドとは?



ーーーーー 無料プレゼントのお知らせ... ーーーーーー

メルマガ

ブログでお話した今回のような事はメルマガではもう少し深く解説したりしてますので、まだの方はメルマガに登録しておいてくださいね。

このブログのミッションはこちら


メルマガ登録とプレゼント講座の詳細はこちらから


プロフィールはこちら


 
関連する記事はこちら Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
投稿者:koji awazawa
Google

酒とタバコと瞑想



 

 

こんにちはリアルです。

今日は質問にお答えしていきます。

テーマは・・・・

酒とタバコと瞑想。

質問

「酒やタバコを吸いながら瞑想は大丈夫ですか?」

「瞑想で酒やタバコを辞めれますか?」

という質問。


回答としては・・・

「個人差はあるが、出来るだけ辞めた方が良い」

という話にはなる。



======
タブー色々
======


根本的な話として、前の記事でもお話したけど・・・

ヨガではヤマ・ニヤマ
仏教では戒律・シーラ
イスラム教ではシャリーア

など、どこの国の宗教や修行体系でも・・・


「これをしてはいけません」


的なタブーってある。


で、このタブー・戒律っていうのは・・・

「人による」

というのが究極の答え。


「なんだ、そんなの答えになってないやんけ」

と思うかもしれない。

しかし、私の体験上、結局はそういう話に落ち着くわけだ。


======
神との約束
======


例えばの話。

インドの聖者に習っていた時、その師匠は・・・

「私は神と約束した。肉を食べたら私の命は無い」

というような事を言っていた。

個人と神の間に、ある種の約束事が修行が進んでいくうちにどうやら話が決まってくるらしい。

だから、ヒンドゥーの修行では・・・

・髪を切らなかったり
・言葉を喋らなかったり

という約束をかわす行者さんもいるという話。

多くの場合、最初は食事のタブーが課せられる場合が多い。

また、それから日本の師匠である和平先生のところでも・・・

「戒律は神と個人の約束だから、個人差があるんだよ」

という話を聞いた。

「結局、戒律というのは、その個人的な神との約束を初心者の人はわからないわけじゃん?

だから『お前はこれやっとけ』と一定のパターンを仮に作り出したのが戒律なんだよ」

というのがその答え。

「なるほど」

と思ったかもしれない。

そこで、次のような疑問が出てくる。

「どうやって、その神と約束というか、取り決めをするの?」

というような疑問。



====
見極め方
====

これは色々なバリエーションがある。

・マーヤになるか?
・エネルギー状態は?
・調子はどうだ?
・直感

といったような判断基準がある。

例えば、酒とタバコでいうのなら、酒とタバコを嗜んでも・・・

・気分も体調も爽快
・エネルギーの状態もバキバキになる
・特に日常生活や人間関係に支障はない、むしろいい
・心から満足

というような感じだったら、別にかまわないという話に。

ただ、多くの場合、修行というかこういった道に進むと、なんらかのタブーが課せられる場合が多いというか、ほとんどそうなる。

まあ、これは瞑想だけでなく、スポーツとか仕事とかでもそうだよね。

真剣であればあるほど、そうなる。


タブーが課せられるというのは、それをすると調子が悪くなるという事だ。

特に瞑想をメインにする場合、酒とタバコは上の4つのうちにどれかしらNGのハズ。



==========
パイプはうまかったが
==========

私の場合は酒とタバコはNG。

酒は下戸で元々飲めない。

タバコは吸っていたが、喉が荒れるのでNG.

また、パイプに少しハマッた事があるが、あれは隠居した人や時間が豊富にある人がやるものだと思った。

もしくは自制心がある人がやる娯楽だな。

私の場合、一日中パイプをふかしていたので、仕事の生産性が著しく低下。


また、瞑想中は体の新陳代謝が低下するのか、唾液の分泌が低くなり、喉がカサカサになってタバコが吸いにくくなる。

というか、瞑想後にタバコ吸うとマズイ。

もしかしたら、品質が良い葉巻かパイプを吸えば美味いかもしれないが、タバコはマズイ。

また、アーユルヴェーダでアビアンガ(オイルマッサージ)をやる人はわかると思うが、オイルで体質(ドーシャ)を整えた後もタバコはまずくなる。


ということで、結論としては・・・

「酒やタバコを好きなら続けても構わない
しかし、それが禁止されたら辞めた方が良い」

という話になる。

繰り返しになるが、禁止されたらというのは・・・

・マーヤになるか?
・エネルギー状態は?
・調子はどうだ?
・直感

というところをみていってみるといいかも。

これは酒やタバコだけでなく、色々な事に言えるんでチェックしてみるのも面白いはず。



JUGEMテーマ:つぶやき。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ーーーーー 期間限定コンテンツ ... ーーーーーー

あなたの本質的な意識が開花するメソッドとは?



ーーーーー 無料プレゼントのお知らせ... ーーーーーー

メルマガ

ブログでお話した今回のような事はメルマガではもう少し深く解説したりしてますので、まだの方はメルマガに登録しておいてくださいね。

このブログのミッションはこちら


メルマガ登録とプレゼント講座の詳細はこちらから


プロフィールはこちら


 
関連する記事はこちら Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
投稿者:koji awazawa
Google

プラーナと柔軟性と瞑想



先月、瞑想会を開催した。

「つまらない瞑想会」

というコンセプトで地味に本格的な瞑想をやりましょう的なもの。

ヴィパサナーのマハシ瞑想というのを基盤として、ヨガのアサーナや身体ワークも加味したものを実践した。

色々な事が言えるんだが・・・

「やっぱり基本は大事だな」

というのを改めて思った。


ここの基本的なものが出来ていないと、なかなか深い瞑想には入れない。


基本というのは・・・・

「座る」

という事。

例えばの話。

ヨガなんかでは普通にあるが・・・・

アサーナ → 呼吸法 → 瞑想

というのがある。

もう少し詳しくいうと・・・

アシュタンガ(八支則・はっしそく)

というのがある。

八支則とは・・・

・ヤマ (禁戒 やってはいけない事)
・ニヤマ(勧戒 やった方が良い事)
・アサーナ (体操 坐法)
・プラーナヤーマ (呼吸法)
・プラティヤハーラ(感覚の統制)
・ダーラナ (集中)
・ディアナ (瞑想)
・サマディ (三昧)

という風に分類されている。

瞑想をメインの修行とする上座部仏教などでも、ヨガほどのアサーナや呼吸法のバリエーションは無いが、その分、それ以降のテクニック、つまりプラティハーラやダラーナなどのシステムは充実している。

つまり、ヤマ、ニヤマまではそんなにうるさく言わないが(非常に大事だが)・・・

「座れない」

つまり・・・・

・体が硬くて座が安定しなかったり
・体のエネルギー(血液やリンパ含む)の循環がアンバランスだったり

すると、あんましいい感じで瞑想には入れない。

例えばの話。

個人差はあるが、ある程度、基本的なところがクリアになっている場合は、最初のプラーナヤーマあたりで光に包まれて至福感がやってくる。

光に包まれるというのは比喩的な表現ではなく、実際に光が知覚される。

これも、その人のタイプによるので必ずしも光が見えるわけではない。

しかし、光が見えないタイプの人でも・・・

・力が満ちてくる活力感
・体や心が軽く感じる
・喜びに溢れてくる

といった、仏教的にいえば四無量心的なものがやってくる。

まあ、これも疲れていたり、体調がイマイチだとそうならない場合もあるが、ある程度熟練してくると通常は自然となる。

これは「ある程度熟練してくると」と書いていあるように、なかなか最初のうちはならなかったりする。

また、やり方が違っているとならなかったりも。

シンプルにいえばだ。

一つの目安として・・・

「最低限、20〜30分楽に座れるか」

というのがあると個人的には思う。

座れるというのは、出来れば半跏趺坐(はんがふざ)が理想。


「いやいやリアルさん、座り方なんて関係ないんでないの?」


と疑問に思うかもしれない。

確かに椅子でもいいし、意識という視点からいえば体の姿勢は関係ないとも言える。

ただ、瞑想法として、集中力、つまり八支則で言うところの・・

・アサーナ (体操 坐法)
・プラーナヤーマ (呼吸法)
・プラティヤハーラ(感覚の統制)
・ダーラナ (集中)

で言えば大いに関係ある。

私も「椅子で座ってもいいですよ」

とは言うが、やはり半跏趺坐で座った方が瞑想には入りやすい。

なぜ瞑想に入りやすいかというと・・・

・手足を閉じた形になっている
・エネルギーの流れが理想的になる
・重心が安定する

という事が言える。

私も昔は・・・

「座る形、足の組み方はそれほど関係ないだろう」

と思っていた。

しかし、だいぶ前の話になるが、TMシディという瞑想を習った時に・・・

「フライングの時は、なるべく結跏趺坐(けっかふざ)にしてください」

と言われ、痛いながらも結跏趺坐でスートラを唱えるとエネルギーの感じ方が2〜3倍は違って感じられ驚いた経験がある。

まあ、結跏趺坐は両足を太ももにあげるので、普通は長時間の瞑想に適さないが、半跏趺坐で20分楽に座れるぐらいの柔軟性は欲しいところ。

 

JUGEMテーマ:つぶやき。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ーーーーー 期間限定コンテンツ ... ーーーーーー

あなたの本質的な意識が開花するメソッドとは?



ーーーーー 無料プレゼントのお知らせ... ーーーーーー

メルマガ

ブログでお話した今回のような事はメルマガではもう少し深く解説したりしてますので、まだの方はメルマガに登録しておいてくださいね。

このブログのミッションはこちら


メルマガ登録とプレゼント講座の詳細はこちらから


プロフィールはこちら


 
関連する記事はこちら Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
投稿者:koji awazawa
Google

セミナー開催が多かった夏




ここ最近はセミナー開催が多い.






気づけば6・7・8月と3ヶ月連続。


ネットを使ってというか、基本とした講座をやっているわけだが、やっぱりリアルに人と会ってするといいよね。

6月に開催したのがエネルギーやRV系のセミナー

7月が自分の魂の声を聞いて、なおかつライティングが上手くなるというセミナー

8月はヴィパサーやボディーワーク系の動きをいれた本格的な瞑想系。



ちなみに、セミナーは一般参加は募集しなくて、講座参加者限定で開催。

なぜかというと、WEBの講座に参加してくれたメンバーさんをフォローするのが趣旨。

文章や音声だけでは説明出来ない・・・

・細かいところ
・空気感

みたいなものもシェア出来るし。

リアルに会ってフォローする以外にも、今度はUstreamとかを使ってセミナーに来れない
人向けの企画とかもやっていこうかなというところ。




JUGEMテーマ:スピリチュアル

このエントリーをはてなブックマークに追加

ーーーーー 期間限定コンテンツ ... ーーーーーー

あなたの本質的な意識が開花するメソッドとは?



ーーーーー 無料プレゼントのお知らせ... ーーーーーー

メルマガ

ブログでお話した今回のような事はメルマガではもう少し深く解説したりしてますので、まだの方はメルマガに登録しておいてくださいね。

このブログのミッションはこちら


メルマガ登録とプレゼント講座の詳細はこちらから


プロフィールはこちら


 
関連する記事はこちら Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
投稿者:koji awazawa
Google