新着記事  カテゴリー  アーカイブ    お問い合わせ                    
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ヴィパサナー瞑想というのは? | main | 上座部は上級者用? >>

マハシ・システム



マハシ・システムというのは、生活禅とも言える。

通常、瞑想というのは座っている一定時間が瞑想タイムだが、この方法を使うと、寝ている時間以外(熟練者は睡眠中も)瞑想時間になる。

私がリトリートで習った方法もこの方法である。

始めは1日瞑想会というのに出て、やり方を習った。

当時は目白にテーラワーダ協会というのがあり、そこでミャンマーのお坊さんの指導がされていた。

具体的には歩く瞑想と座る瞑想がある。

また、食事の瞑想などもあるのだが、最初はこの2つだった。

正直言って、「なんか退屈だな〜」というのが感想だった。

特に「歩く瞑想」というのが苦手だった。

超スローモーションで「右足が上がった」「進んだ」「下ろした」などと、頭の中で実況中継をしながら歩く。

「こんなのやって、どうなる?」

ぐらいの気持ちだった。

しかし、ヘボなのは私の方であった。

なんでもそうだが、「こんなのダメじゃん」とダメ出しする時が誰でもあると思うが、基本的に技法がヘボな場合とやっている(見ている本人)方がヘボな場合があり、高度なテクをやっても、本人に見る目(深さ、体験、才能)などがないと、素晴らしいものであっても落胆する場合がある。

とはいえ、わずか数時間でマハシの凄さを実感出来る人もそんなにいない気もするが・・・

とにかく、ヴィッパサナーの技法の1つであるマハシ・システムを習ったわけだ。

この技法はマハシ長老という天才的なお坊さんが編成したもので、日本で有名なのは、この他にゴエンカ方式というのがある。

結論を言えば、繊細な注意力と集中力があれば、どのような技法や対象であっても瞑想となる気がするが、その点、マハシは良く出来た技法である。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ーーーーー 期間限定コンテンツ ... ーーーーーー

あなたの本質的な意識が開花するメソッドとは?



ーーーーー 無料プレゼントのお知らせ... ーーーーーー

メルマガ

ブログでお話した今回のような事はメルマガではもう少し深く解説したりしてますので、まだの方はメルマガに登録しておいてくださいね。

このブログのミッションはこちら


メルマガ登録とプレゼント講座の詳細はこちらから


プロフィールはこちら


 
関連する記事はこちら Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
投稿者:koji awazawa
Google
コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック