新着記事  カテゴリー  アーカイブ    お問い合わせ                    
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ラメッシ・S・バルセカールとサットグル 偉大なる破壊者 | main | ゾクチェンの活仏 カルマッパ >>

007と脳のウネリ 前頭葉と間脳




昨日は岩城和平先生の勉強会だった。

お話はカギュ派のカルマッパに行った時の修行時代の話や活仏のシステム、言葉は神のコードであるという話などかなり面白かったのだが、それは後で書いてみる。

帰ってきて、テレビをつけると007のカジノロワイヤルをちょうどやっていた。

とくに見る気もなかったんだが、面白くてついつい見てしまった。

バットマンもそうだが、最近のオールドシリーズというか昔から有るやつは作りこみを変えているんだろうか、けっこう真面目に作られていて、アクションシーンもCGも使っているんだろうがほとんど実写のように見えて迫力がある。

最初にボンドを見た時は 「今回のボンドは今までとキャラが違うというか、おっさんぽいな〜」 と思ったが、ツカミの追跡場面ですっかりハマってしまった。

逃げる方の役者さんはサル並の身体能力だ、あれは凄い。



1時間ぐらい見た時であろうか・・・・

いきなり、部屋一杯に和平先生の顔がドカ〜ンと出てくる。

出てくるといっても、印象なのだが、「ニヤ〜」と笑っている印象がちょと怖い。

「なんなんだよ〜 今、007見てるんですけど〜」

と映画に集中しなおすんだが、再び直径2〜3メートルの顔がバッと出てくる。


ああ〜 なんかこんなに強い印象が出てくるのも その笑顔も怖いんですけど。。。。。


と思ったが、そんな事には負けずに映画をちゃんと最後までみた。


「う〜ん 今までみた007の中では一番面白かったな〜 バッドマンのジョーカーのやつはちょと暗すぎてハードすぎてダメダったが、これはいい!」

と感慨にひたり、風呂に入って寝た。


寝てしばらくすると、ある種の違和感で目が覚めた

違和感というのは、頭の前の方がウネリをもって周期的にグワングワン動いているのである。

それと共に意識も船に乗っている感覚みたいな状態になる。

「おお〜 これが酔いか〜」

そう思ったが、今まで経験した事のない感じなので、すこし怖い。

そういえば、和平先生に・・・

「どう? まだ酔わない?」

と聞かれ、多少、今までと違う感覚はあるが、気のせいだろうと言った時・・・

「ああ、それはもう始まってるから。 お酒とか飲まない人やドラックとかもやった事がないと、脳に回路が出来るまで、すこし認識は遅れるけど、近い内に明確にわかるよ」

と言われた。

この酔いの状態はけっして不快ではないのだが、覚醒作用もあるらしく眠れなくなり、時計を見たら弱くなったのが朝の4時だった。

完全に4時まで寝なかったわけでもなく、途中、明晰夢状態になった。

脳の小さな模型があり、酔いの周期の強さが山になると同じタイミングで模型の真ん中、松果体や間脳あたりが赤く光る模型。


その脳の模型をしばらく見ていて、「ああ、前頭葉が活性化していると思ったが、間脳もそうなのか?」 と夢見の状態で酔いつつも思った。


どうやら、この酔いの前兆として映画を見ているときの印象が出てくる現象があったようだ。


修道会やリトリートではマザーのエネルギーに浸ると前回書いたが、実は勉強会でも結構強烈にエネルギーは来ていると他の生徒さんから以前聞いた事があるが、まだ4回しか行ってなくて脳がグワングワンする酔いがはじまったら、今後どうなるか不安でもあり楽しみでもありって感じである。


まあ、こんな事をいうのもなんだが、今回の勉強会に出て、話の内容ウンヌンではなく、エネルギー的というか、なんというか、私の中の何かが壊れていっている感じがする。


これは以前やった上座部のヴィッパサナーのリトリートで捨の状態が出てきた時や最近ではカレスワールのファイアープジャを受けた時の感覚に近い。


ちなみに、この・・・

「壊れていく感覚、ダメ?になっていく感じや不安感」

は私的にはOKと思っている。

やっぱり自分の安心出来る領域や正しいと思っている方向性っていうのは誰でもあると思うが、その安心感、正しいという認識ゆえに現状にいるわけで、その方向性で進んでも今の現状と同じような状態が続き、決して求めるものには到達出来ないというのは原理としてあると思う。

ここで、変化、進歩?変革などを起こそうと思った場合や起きる場合は得てして、自分にっとての不快感や混乱、不安感が出てくる場合がほとんどだと思うし、あえてその状況を受け入れるというか、否定しない、もしくは積極的に促すというのがある種の方法論としてあると思う。

まあ、カッコ良く言えばアウフヘーベンってやつですか。

例えて言うなら筋肉トレーニングを例にとってみよう。

やっぱり負荷がかかって、筋肉痛になったりするからこそ、新しい筋肉が出来て007の主人公みたいに強そうな肉体になるわけだ。

「う〜ん キツイ」

って状態は進歩している証でもある(まあ、間違ったやり方をしてたらダメですが)

それと共に・・・・

「最近、加圧トレーニングっていうベルトを腕とか足に巻いてやるトレーニングがあるけど、なんだか変だよね〜」

みたいな感じで、自分の中には無い概念のトレーニング方法を見ると違和感があると思う。
(今は比較的、加圧トレーニングは一般的だが、当初は誰にも認められなかったらしい)

その違和感をどう受け止めるかはセンスもあるが、こういった部分をキョヒっては飛躍は望めないと思う。




























JUGEMテーマ:気になる★映画&DVD

JUGEMテーマ:脳の活性化

JUGEMテーマ:スピリチュアル
 
このエントリーをはてなブックマークに追加

ーーーーー 期間限定コンテンツ ... ーーーーーー

あなたの本質的な意識が開花するメソッドとは?



ーーーーー 無料プレゼントのお知らせ... ーーーーーー

メルマガ

ブログでお話した今回のような事はメルマガではもう少し深く解説したりしてますので、まだの方はメルマガに登録しておいてくださいね。

このブログのミッションはこちら


メルマガ登録とプレゼント講座の詳細はこちらから


プロフィールはこちら


 
関連する記事はこちら Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
投稿者:koji awazawa
Google
コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック