新着記事  カテゴリー  アーカイブ    お問い合わせ                    
<< February 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
<< 気の強化が出来ない? | main | マハシ・システム >>

ヴィパサナー瞑想というのは?



ヴィパサナー瞑想というのは、上座部に伝わる瞑想法。

上座部というのは要するに2500年前からのお釈迦様の説いた瞑想法の体系である。

この瞑想法を知るまで、仏教といっても葬式やお盆などのイメージしかなかった。

あえていえば禅ぐらいか。

私が上座部の存在を知ったのは、友人N氏からの情報だった。

N氏は瞑想系の情報には詳しく、ある日

「ヴィパサナーって知ってるか?」
と言う話になった。

「いや、知らん」

「けっこう凄いぞ、地橋っていう人の体験記を読んだが、なかなかのもんだ」

「フ〜ン、そうなんだ」

こんな感じだった。

これは大雑把な分類方法だが、瞑想系でも無色系と色系に分かれる気がする。

● 色系

これは最近はやりのスピリチュアルといわれているもので、前世やオーラ、チャネリングなどを通じてというか、そういった系統

● 無色系

これは、禅とかアドバィタ(クリシュナムルティやラマナ・マハリシ)系のもので、ある意味、極めてシンプル。

なんだか、もの凄く大雑把な分け方になるが、感覚としてはこんな感じかな。

もちろん、微妙に混ざった領域もあって、一概に分類はできないのだが。


ヴィパサナー瞑想というのは、この無色系というか、とにかくハイレベルというか、その辺の瞑想セミナーと一緒に語る事は出来ないと思う。

当時はそんな事は知らないから「ふ〜ん、そういうのもあるんだ」程度だった。

実際に体験してみると、ラージャヨガに似ている。

というか、流派(ヴィッパサナーにも色々と方式というか、技法がある)によってはラージャヨガに瓜二つな技法もある。

具体的に言えば、ヴィッパサナーで日本に普及しているメインの技法がマハシシステムというのがあり、これは禅(曹洞宗)の修業法を更にメカニカルにしたような技法で、パオシステムというのがラージャヨガのスワミ・ヨーゲシ・バラナンダの技法に似ている感じだ。

なんだか話が少しマニアックになって来たが、ヴィパサナーの情報を知った時は、私の中ではEO(エオ)という著者が書いた本が、情報としては当時、純度が高かった。

そのEO情報を流してくれたのが、同じN氏なのだが、そのN氏が推薦するヴィッパサナー瞑想に、その後、少しハマル事になる。
このエントリーをはてなブックマークに追加

ーーーーー 期間限定コンテンツ ... ーーーーーー

あなたの本質的な意識が開花するメソッドとは?



ーーーーー 無料プレゼントのお知らせ... ーーーーーー

メルマガ

ブログでお話した今回のような事はメルマガではもう少し深く解説したりしてますので、まだの方はメルマガに登録しておいてくださいね。

このブログのミッションはこちら


メルマガ登録とプレゼント講座の詳細はこちらから


プロフィールはこちら


 
関連する記事はこちら Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
投稿者:koji awazawa
Google
コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック