新着記事  カテゴリー  アーカイブ    お問い合わせ                    
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 運命を変える法則 運命って決まっているの? 運命を変えて好転出来るの? | main | 問題解決手法 神様のフレームワーク  >>

DNA遺伝子検査と運命 唾液をとるんだよ



 

 

 

今回は前回の続きで・・・・

「理解したら現象(現実世界)って変わるのか?」

という質問からです。


DNA遺伝子検査の実態

運命というとスピリチュアルっぽい話になりますが、DNAというと言い方も出来る。

最近だとDNAを採取してかかりやすい病気とか、その人の性格なんかを検査するサービスが流行ってますよね、話題はそれますが。

あれ、私もやりましたが、唾液をとって送るんですよ。

 

 

遺伝子検査キット画像



 

DNA検査キット唾液採取説明書

 

 

だから、何か食べた直後なんかは検査出来ない。

また、結構な量の唾液をプラスチックで出来た試験管の中に垂らして、保存用の液剤(上の画像の青い液体)と混ぜて密閉するんだけれども、なるべく早く送らないといけない。

翌日送る場合は冷蔵庫で保存してくださいって書いてある。

で、唾液をDNA検査するだけで360項目とかわかる。

生活習慣病やどんなガンにかかりやすか?

糖尿病や心筋梗塞になる確率は?

など、かなりの確率でわかるみたいです。

また、私はやりませんでしたが、性格や気質もわかるみたいです。

社会性・協調性・勤勉性・開放性など生まれもった気質。

そういったものが高い確率で診断出来る。

ですから、今、会社によっては遺伝子検査で社員の適正をみて配置を決めているところもあるほど。

これは将来的にはもっと流行るというか、一般的になるんじゃないですかね。

例えば、ダイエットなんかでも流行ってあるでしょ?

朝バナナダイエットとか、卵ダイエットとか。

最近だとパレオダイエットとか、グルテンフリーダイエットとか色々あるわけですよ。

でも、今までのものって、一律で・・・

「◯◯はダメで◯◯はいいですよ」

という事を言うわけ。

誰に対しても。

でも、食べ物や生活習慣って個人差があるでしょ?

例えば、グルテンフリーでいえば、ジョコビッチ、テニスのワールドチャンピョンのジョコビッチで一躍有名になったけれどもね。

グルテン、つまり、小麦なんか食べてから生成されるタンパク質が良くないって話。

そのグルテンが小腸で炎症を起こして様々な問題になるっていう事です。

リーキーガットとかいいますよね、リーキーガットとは簡単にいうと小腸に穴が開く。

リーキーガット症候群ともいうんですが、最近ではかなりの病気の原因がこれなんじゃないかと言っているお医者さんとかもいるわけですよ。


でもね?

これって個人差があって、小麦、つまりパンとかを食べたからって、同じように誰でも彼でも悪い影響があるかっていうと、また、これもかなり個人差がある。

つまり、何を食べたら健康なりダイエットになるかったっていうのは、個人差、DNAの部分が大きい。

だから、将来的にはDNAの検査をして・・・

「あなたは◯◯は控えましょう」

「ダイエットするんなら果物はダメですよ」

みたいな風になるのが一般的になるんじゃないですかね、おそらく近い将来。


なぜ人によって遺伝傾向や運命が違うのか?

まあ、このように占いにしろDNAにしろ・・・

「こんな傾向があります」

というのが出るわけですよ。

じゃーなんで人によって違うの?

っていう話になるわけじゃないですか?

能力的なものだったり、環境的なもんだったり、体質や健康状態、寿命とかもね。

それは、さっきお話したような・・・・

「前世からのカルマですよ」

という言い方もできますが、じゃあその詳細は誰がどうやって決めているの?

という話になってくるわけですよ。

その大元が神様ですよって話。

違う言い方をすると、人知を超越したインテリジェンスともいいましょうか。

そういった存在。

まあ、このへんをどう捉えるかは色々な考え方があるわけです。

スピリチャリズム、19世紀から始まった心霊主義なんかは生まれてくる前に高級霊との話あいで決めるみたいな考え方もあるわけです。

とにかく、ひっくるめていうと、なんらかの経験や体験をする必要があって私達は生まれてきたというのが共通する見解なわけですよ。

まあ、これらがいったらプログラム。

その経験・体験を経て、一定の認識(気づき)になった時に、一応、ミッションって果たせるじゃないですか。

だから、その現象は終わる。

という話になるわけです。

ただね?

ここでいくつかのコツがあるわけです。


現象が変わる認識とそうでない認識

起こった現象に対して認識を起こすってあったじゃないですか?

その認識っていうのは、多くの場合、ネガティブ方向だとダメな場合が多いんですよね。

ダメ、つまり認識・気づきとして正解ではないから、その現象が終わらない。

例えばですよ?

会社に入りました。

そこで色々と起きるわけですよ。

問題が。

その時にね?

「なんであいつはダメなんだ」

「上司はなんで俺にあんな事いうんだ、チクショウ」

とか他に向かうとダメな場合が多いんですよ。

ダメな場合が多いって微妙な言い方しましたが、責任と他に転換していい場合もあるんですよ。

例えば、自分が弱りきっている時。

そういう、逃げたい時とか弱りきっている時って、一時的にそうやって他に転換した方がいい時もあります。

だけれども、基本的には自己責任で自分を変えていかなきゃいけないというのが基本です。

なぜか?

他に責任転換をしていると、他が変わってくれなかったら変わらないじゃないですか?

上司や同僚
奥さんや彼女や子供
親や家族
お隣さんや自治会の人


大きくは国とかこの世界ですよね。

それらが変わらないと自分の嫌な問題も変わらない。

でも、多くの場合、自分で・・・

「あれがこうだったらいいのに」

というのは現時点では自分の頭の中の出来事です。

現実は違う。

例えば、雨が降ってきたとするじゃないですか?

「天気が悪いんだ、天気が変わるまで動かない」

っていうのだと、そっから進まない。


これが、自分に原因を求める方法、例えば・・・・

「今日は雨が降りそうだから、傘を持って行こう」

でもいいですし・・・

「雨が降ったから、傘を買ってタクシーで行こう」

でもいいです。

今、一番シンプルな例えを出しているんですが、このように原因を自分に求める方法だと・・・・

「自分が変われば他も変わる」

という話になるわけです。

このような例えってよくあるじゃないですか。



この世は訓練の場所?


とにかくね?

自分が嫌だと思う現象に対して、後悔したり怒りをぶつけてみても、あんまりいい展開にはならないわけですよ。

「なんで◯◯なんだよ!!」

みたいな。

ネガティブな反応を返さない。

そうじゃないくて、自分の出来る範囲でいいから、理解して、肯定的に受け止めてみる事で変化が起こる。

まあ、なかなか難しいんですけどね。

人間ですから、色々なウィークポイントもあるし、感情とかクセとかあるから、難し部分ってあります。

自分の中でも難しいし、人間関係の中で誤解したりされたりっていうのも含めてね。

ですから、なかなか公式どおりっていうか、理想どおりにはいかない。

でも、そういう意図でやっていく事が一つの人間としての訓練なんじゃないかなっていう。

訓練っていうと堅苦しけど、この世界の表れというか特色なんじゃないかっていうのはありますよね。


話をまとめると、認識しただけで現象が変わるというのは起こり得る。

しかし、それを単なるテクニックというか、楽をしたい逃避的なテクニックぐらいの認識だと発動しない。

深い理解や受容が起こった時に発動しやすい。

みたいな感じですか。

いいですか、こんな感じで。



質問

「マーヤを解くというのは、どういう事ですか?」


それはね?

意識の重心が大事。

意識の重心っていうのはね?



続く・・・・


PS

この下にありますが、メルマガ登録(無料プレゼントって書いてある画像をクリック)をしていただくと、このような質疑応答のライブを視聴出来ます。

金曜の夜22時〜22時30分(23時までの時もあり)


 


JUGEMテーマ:スピリチュアル

このエントリーをはてなブックマークに追加

ーーーーー 期間限定コンテンツ ... ーーーーーー

あなたの本質的な意識が開花するメソッドとは?



ーーーーー 無料プレゼントのお知らせ... ーーーーーー

メルマガ

ブログでお話した今回のような事はメルマガではもう少し深く解説したりしてますので、まだの方はメルマガに登録しておいてくださいね。

このブログのミッションはこちら


メルマガ登録とプレゼント講座の詳細はこちらから


プロフィールはこちら


 
関連する記事はこちら Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
投稿者:koji awazawa
Google
コメント
コメントする