新着記事  カテゴリー  アーカイブ    お問い合わせ                    
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 瞑想とバクティとジュニャーナ マインドフルネスを超えて | main | マインドフルネス瞑想で失敗するケース 上手く瞑想出来ない原因 >>

マインドフルネス瞑想で失敗するケース 効果が出ないのはなぜ? 瞑想に入れない原因とは?



 


こんにちはリアルです。

 

今日のテーマは・・・

 

「マインドフルネス瞑想で効果が得られないケース」

 

についてお話したいと思います。

 

ここ数年、マインドフルネス瞑想がちょとしたブームになっています。

 

マインドフルネス瞑想とは・・・

 

「今という瞬間にいましよう!」
「判断や評価を一切しないようにしましょう」
「呼吸をただ観察しましょう」
「体の動きをただ観察しましょう」

 

みたいな感じの事を言ったりやったりしていきます。

 

もともと、このマインドフルネス瞑想というのは仏教の瞑想法が元と
なっています。

 

「えっ 仏教ってお葬式するんであって瞑想とかするんですか?」

 

と思ったあなたは誤解です。

 

もともと、仏教はお葬式をする為に出来たものではなく、お釈迦様の
瞑想法というか修行法がルーツです。

 

ですから、瞑想というと・・・

 

・ヨガ
・座禅

 

とか想像する場合もあるかと思いますが、実はその超マニアックという
かディープな瞑想が仏教の瞑想になってます。

 

仏教の瞑想といっても・・・

 

・チベット仏教
・禅的な瞑想法
・ヴィパサナー瞑想

 

と色々あり、この中でも更に細分化されています。

 

どちらかというと、マインドフルネス瞑想というのは、仏教にある宗教的な
背景をなるべくカットして、取り組みやすくした体系という事が出来るでしょう。

 

ということで、マインドフルネス瞑想が人気の理由としては、これはこれで
素晴らしい方法だからです。


しかし・・・・


「リアルさん、でも私はマインドフルネス瞑想が出来ないです。」


という質問をよくもらいます。

 

よくあるケースとしては・・・・

 

「判断や評価をしないというけど、してしまう」

「思考や感情をコントロール出来ない」

「そもそも、瞑想状態らしきものに入れない、とうか、それって何?」

 

みたいな質問は多いです。

 

この辺を説明しだすと、何時間というか本が書けてしまうので、少しづつ
説明していきます。

 

まず、第一に・・・・

 

「昔出来たメソッドなので、そもそもが現代人には難しい」

 

という事が言えるでしょう。

 

考えてみてください。

 

「なぜ、座禅は京都の禅寺みたいな静かなところで座るのか?」

「なぜ、専門職のお坊さんは出家して世俗から離れるのか?」

 

この社会で働きながら瞑想修行出来るんだったら、なにも禅寺にこもったり、
洞窟や森林やミャンマーやスリランカへ出家しなくてもいいはずです。

 

キーワードは刺激です。

 

続く・・・・


 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:スピリチュアル

このエントリーをはてなブックマークに追加

ーーーーー 期間限定コンテンツ ... ーーーーーー

あなたの本質的な意識が開花するメソッドとは?



ーーーーー 無料プレゼントのお知らせ... ーーーーーー

メルマガ

ブログでお話した今回のような事はメルマガではもう少し深く解説したりしてますので、まだの方はメルマガに登録しておいてくださいね。

このブログのミッションはこちら


メルマガ登録とプレゼント講座の詳細はこちらから


プロフィールはこちら


 
関連する記事はこちら Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
投稿者:koji awazawa
Google
コメント
コメントする