新着記事  カテゴリー  アーカイブ    お問い合わせ                    
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< プレシンギュラリティ到来は5年後 レイ・カーツワイルと齊藤 元章 | main | iphoneの寿命は2年?リチウムイオンバッテリーの寿命と充電回数 >>

逃げるは恥だが役に立つに見るマーヤの多重攻撃






こんにちはリアルです。

今日のテーマは・・・

=======================
「逃げるは恥だが役に立つにみるマーヤの多重攻撃」
=======================

という事についてのお話。

どういう話かというと、一言で言えば・・・

「マーヤは複数回にわけて侵入してくる」

というお話。


この話は、もともと・・・

「マーヤってなんですか?」

「どうやってなるんですか?」

という質問が多かったので、私なりに解説という事で、ちょうど逃げ恥のドラマを見た時に・・・

「そうそう、これを使って解説しよう」

という事で、Ustreamのライブ放送でやった質疑応答みたいなもの。

では、早速解説。


==========
忍び寄るマーヤ(情報)
==========


もう終わってしまったけれども・・・

「逃げるは恥だが役に立つ」

というドラマがあった。

まあ、正直なところ全編観ているわけではないが、ちょうどドラマ最終回の1つ前の回の話。

ヒロマサがみくりにプロポーズする場面。

珍しくヒロマサがみくりをディナーに誘い、いい感じでプロポーズ。

みくりも嬉しくなりOKするかに思われた。

しかし、プロポーズの原因がヒロマサのリストラを原因とした経費節減の一環だと知り・・・

「それは好きの搾取です!」

と決裂。

という回を観ていた。

で、解説だがこういう展開になったのには幾つかの「仕込み」がある。


ヒロマサの場合
・会社でリストラに合う
・リストラの理由としては会社の経費節減だが、独身者がターゲット
・ヒロマサが籍をいれてないというのはバレていた。

ということで、みくりとの生活を維持する為には、職探しは無論、経費節減をしなければとの思いに至ったわけだ。


みくりの場合
・友達の安恵に町内会の会合につきあってと言われる
・町内会の会合でアイディアを出す
・その時に「無料で手伝って」と言われる
・「それは搾取です」と反論するも、低賃金で手伝う事に

こうやってみると・・・

ヒロマサには「独身」「経費節減」

という情報(マーヤの元)が段階的に忍び込んで感染している事に気づく。

みくりには「搾取」

というキーワードが忍び込み「ただ働きされるのはイヤ」みたいな感情が動かされる。


で、それぞれのマーヤに感染した2人がディナーで喧嘩というか、意見の不一致を招くという構図。


今はドラマの話で、観ていなかった人には・・・

「なんの話じゃ」

と思うかもしれない。



========
仕込まれるマーヤ
========

だけれども、この構造

「マーヤは段階的にやってくる」

というのは、私達の生活でも頻繁に起こってくる。

例えばの話。

男女が喧嘩をしたりする場合。

太郎君と花子さんにしておこう。


太郎君には喧嘩をする1週間ぐらい前から・・・

「女はズルい」

というマーヤが忍び込む。


テレビで浜田省吾のマネーという音楽が流れていて・・・

「だけどゆうべどこかの、金持ちの男と街を出ていった〜」

とかの曲が耳に入ってきて・・・

「そうだよな、結局、女は金のある奴を最終的に選ぶんだよな」


と思ったり、友人から愚痴を聞かされる。

「結局、女にはデリカシーというものが無いんだよ、お前もそう思わないか?」

みたいな。

ここまでくると、カラーバス効果じゃないが、テレビを観ても本屋でも・・・

「男と女の脳の違い」
「女は子孫の為に◯◯な男を選ぶ」

みたいな情報が目に飛び込んでくる。

テレビのワイドショーを観ても・・

”◯◯夫婦は離婚時当初は夫のDV疑惑があったが、実際は元夫人の◯◯さんがテレビ司会者と浮気をしていたのが原因”

みたいな情報が入ってくる。

「そうだな、やっぱり女は打算的だな、本質的に」

みたいなマーヤに包まれていく。


一方、女性の花子さんの方はといえば・・・

「ねえねえ花子、聞いてよ、あいつ浮気したの」

みたいな相談を友人からされる。

”男は浮気するもの”

という情報がやってくるわけだ。

そうなってくると、テレビを観ても・・

”◯◯は夫人が妊娠中に浮気”

みたいなニュースが目にとまるようになってくる。

そうなってくると・・・・

「やっぱり男は信用j出来ないわ」

という風に思い込むようになってくる。


そういう風に太郎君と花子さんにそれぞれ段階的にマーヤが感染した後・・・

「ある種の事件」

が起こって、衝突するケースが多い。

普通なら、衝突しないでや過ごすものもぶつかってしまったり。

また、衝突してもすぐに仲直りするわけだが、深刻な場合はマーヤにやられているせいで、話合いが成立しない。

なぜなら、お互いの脳内というか、大げさにいうと世界観が違ってきいているので、話がかみ合わないし説明してもお互いが理解出来ないし、しようとも思わなくなってしまうからだ。



=======
今日のポイント
=======

というように、マーヤというと普通は1種類を思い浮かべるが、このように・・・

・時系列的に何段階かに仕込まれて忍び込む

という形態をとるケースも多いというお話でした。


こういったお話のライブ放送はメルマガ限定でUstreamでおこなっているので、ライブに参加したい場合はメルマガ登録しておいてください。




JUGEMテーマ:つぶやき。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ーーーーー 期間限定コンテンツ ... ーーーーーー

あなたの本質的な意識が開花するメソッドとは?



ーーーーー 無料プレゼントのお知らせ... ーーーーーー

メルマガ

ブログでお話した今回のような事はメルマガではもう少し深く解説したりしてますので、まだの方はメルマガに登録しておいてくださいね。

このブログのミッションはこちら


メルマガ登録とプレゼント講座の詳細はこちらから


プロフィールはこちら


 
関連する記事はこちら Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
投稿者:koji awazawa
Google
コメント
コメントする