新着記事  カテゴリー  アーカイブ    お問い合わせ                    
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 邪念0の瞑想法 お笑いに見るマインドフルネス | main | 映画「PK」の感想  アーミル・カーン >>

映画「ギフト」ケイト・ブランシェット






最近、動画シリーズが続いているので、たまには映画レビュー。


久々にアマゾン・プライムで映画を観た。

「ギフト」という映画。


ストーリー

人の運命を見通す超能力・「ギフト」を持ったアニーは夫を事故で亡くして久しいが、現在ではその力を使った占い師として、ジョージア州の小さな町で3人の子供と細々と暮らしている。

そんなアニーのもとには、夫のドニーの暴力に悩むヴァレリーや、精神を病んでいるがアニーを慕うバディーなど、様々な町の住人が助言を求めに来ていた。

ある日、アニーの息子の教師であるウェインと婚約したばかりのジェシカが失踪するという事件が発生する。ジェシカは町の実力者の娘でもあり、保安官は不思議な霊感を持つアニーに協力を請うてきた。

アニーは気が進まなかったが、ウェインを気の毒にも思い、その能力を使って事件を解き明かしていくことにする。

wikipediaより引用



感想としては月並みな言い方だが、意外と良かった。

見た事ある女優さんだと思ったら、ホビットに出てた人ね、みたいな。


まあ、ツッコミどころとしては・・・・

「えっ なんでそこで観えないの?」

「ああ〜 それ行っちゃダメなやつじゃん」

と色々ある。

しかし、まあ、透視出来ても当事者というか、カルマ的な展開に巻き込まれると、ああなってしまうんだなというのもありだな。


あと、なぜか知らないが最近、プライムで見る映画にキアヌ・リーブス率が高い傾向がある。

この映画にも脇役で出てきて、いい感じのダメぶりを発揮。

あと、この映画では主役のケイト・ブランシェットがESPカードで占いをしているが、ESPカードでやる人っているのかな?

普通、あそこはタロット系のカードだろうと思うのだが、なにゆえESPカード?

みたいな疑問はあった。


まあ、色々とツッコミどころはあるが、ケイト・ブランシェットの幻視感というか・・・

「ああ〜 あんな感じなんとなくわかるよね〜」

みたいな、あるある映画としてはいいかも。

あんな感じとは、あそこまででは無いにせよ、寝ている時に意識が他者や他の場所と繋がってしまうというのは普通の人でも結構あるんじゃないかな?



======
周波数問題
======


あとは、寝る前にヘビーな映画やドラマを観てしまうと、夢に侵入してくる場合とか。

この辺が意識の周波数の問題で、常に接するものに気をつけましょう的な話になってくる。


ニーチェ曰く・・・・

「お前が深淵を覗くとき、深淵もまたお前を覗いているのだ」

というのは有名なことわざ。

全文を載せると・・・

「怪物と戦う者は、その際自分が怪物にならぬように気をつけるがいい。

長い間、深淵をのぞきこんでいると、深淵もまた、君をのぞきこむ。」


という内容。


という事はだ。

・悩みを無くしたり
・いい感じになりたかったり
・闇でなくて光を感じたかったり(厳密にいうと違うが)

する場合は闇をのぞく、つまり周波数を合わせるのではなく、もっと・・・

・清らかなものや神聖なものに意識を向ける

といいという話になってくる。


という事で、ギフトという映画レビューでした。


JUGEMテーマ:つぶやき。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ーーーーー 期間限定コンテンツ ... ーーーーーー

あなたの本質的な意識が開花するメソッドとは?



ーーーーー 無料プレゼントのお知らせ... ーーーーーー

メルマガ

ブログでお話した今回のような事はメルマガではもう少し深く解説したりしてますので、まだの方はメルマガに登録しておいてくださいね。

このブログのミッションはこちら


メルマガ登録とプレゼント講座の詳細はこちらから


プロフィールはこちら


 
関連する記事はこちら Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
投稿者:koji awazawa
Google
コメント
コメントする