新着記事  カテゴリー  アーカイブ    お問い合わせ                    
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 光と蛆と夜の街 | main | かかし >>

火の瞑想



やっぱり色々あるわけだ

日常的に生活していると

仕事の影響が抜けなくて

イライラしたり

会社や家庭の人間関係で悩んだり

そんな時の為

酒を飲んだり

仲間に愚痴を言ったり

テレビのお笑い番組やドラマをみたり

エロいサイトをみたり

ただ

やっぱりどうしても

それだけじゃ解消出来ない場合もある


そこで瞑想の登場となるわけだが

ネガティブな影響が大きい時は座って瞑想する気もおきなかったりするわけだ

そういう時は

有酸素運動で

思いっきり体を動かしたり

プールや海で思う存分泳いで自然を満喫したり

というのもいいのだが

もうちょと手軽でスマート?な方法として

火の瞑想というのがある

火というのは5大元素













の中の一つ

ちなみに

地や水もネガティブの除去に使える

今回は火だが

古来から火は

古今東西

色々な儀式でも使われている

身近なものは仏壇のロウソクから

クリスマスキャンドル

密教の護摩

スワミのプジャ

火はネガティブなものを焼き尽くす

実は特殊な瞑想や呪文 マントラは使わなくても

この火の瞑想は出来る


えてして

高度な技法より泥くさい単純なやつの方が

効果が出やすかったりするものだが

火の瞑想もそれのたぐいで

ローソク3〜4本で出来る

これはカレスワールスワミが話していた技法なのだが

最初はあまりに単純なので

こんなんつまらないし、効果あるんかい

と思ってやる気がしなかったのだが

やってみたら効果があるので

気が向いたらこれを読んでいるあなたもやってみたらいい


まずはじに

● ステップ1 

ローソクを3〜4本用意する

● ステップ2

出来れば浄化作用が強い夜の0時〜2時ぐらいの時間帯を選ぶ

● ステップ3

自分のネガティブが火で浄化されると思いつつ 

● ステップ4

あとはただ火を見つめる


これだけだ

ちなみに、これをどんだけやればいいかだが、効果が現れたら完了のサイン

気持ちが落ち着いたり

ハッピーな気分になったり

眠くなったり

そうなったら

ネガティブが焼かれた印

だいたい10〜20分もやればいいだろう

本当は

東に向かって焚き火でやるのとか

後は日の出の光がいいらしいのだが

このようにローソク3〜4本でも代用出来る

やっぱりネガティブなエネルギーの時は

やる気も出ないし

疲れるし

イライラしたり

落ち込んだり

人の欠点や

自分の欠点しか見えなくなったり

するものだが

こんな状態で生活したてたら

ロクな事にならないのは明白だ

そういったものはサッサと吹き飛ばして

楽しくて

軽い心で

ゆっくり眠って

爽やかな朝を迎えたいもんだ

火の瞑想だと

ちょうど夜出来るので

もろもろのイヤな事は火に吸収してもらって

グッスリ眠って

スッキリ目覚められる



























JUGEMテーマ:スピリチュアル
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 ーーーーー 無料プレゼントのお知らせ... ーーーーーー

メルマガ

ブログでお話した今回のような事はメルマガではもう少し深く解説したりしてますので、まだの方はメルマガに登録しておいてくださいね。

このブログのミッションはこちら


メルマガ登録とプレゼント講座の詳細はこちらから


プロフィールはこちら


 
関連する記事はこちら Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
投稿者:koji awazawa
Google
コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック