新着記事  カテゴリー  アーカイブ    お問い合わせ                    
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< オーラと運勢 ハウオリ・セミナー感想 | main | 瞑想(スピリチャル分野)の罠と危険性 >>

どの瞑想法が良いのか? 考え方の公式





こんにちはリアルです。


前回は・・・

実はここのところは世界観が非常にポイント
だということに気づいた。

「リアルさん、世界観ってなんですか?」



=====
認識→消去
=====


世界観というのは・・・

「どのような考えで組み立てられているか
で同じ技法でも全く違ってくる」


という話。


例えば前回の話で・・・

「オーラを綺麗にする」

というテクニックはヴィパサナーで言う
ところのサティ(気づき・マインドフル
ネス)と似ている。

全く同じではないが、意図するところ
は一緒。


対象を認識→ 消去


という流れ。


そういう意味で言えば、これは他の技法
でも一緒。

・祈り
・マントラ瞑想
・マーヤ解き
・セドナメソッド
・QE
・バイロン・ケイティ

これらの技法も対象を認識、もしくは一旦
違う対象に意識を向けて、問題となる思考
やエネルギーをなんとかしようという図式
は一緒。


ただ、それをどういうテクニックというか
、やり方で行うかというのが違う。


======
前提が違うと
======


ただ、違うのは・・・


「どのような前提でそのテクニックが存在
するのか?」

というところ。

詳しく説明してみよう。


例えばの話、前回のハウオリさんの例で
言えば・・・

「オーラを綺麗にしましょう」

というのは、前提として・・・

”私達の本質(ハイアーセルフ含む)は地球
という分離された世界で成長(楽しむ・学習
体験)する為にやって来た”※1


という前提で行われている。


比較としてテーラワーダ仏教を例にすると・・

”この世界は苦(ドゥカ)なので、抜け出す為
に修行しましょう”※2

というような世界観※3で構築されている。


※1,2,3 ここではわかりやすく要約して表現して
いるので、細かい差異や部分は省略。



========
今、必要なのは?
========

前者をA  後者をBとすると・・・


Aはこの世界を肯定する見方が強い世界観

Bはこの世界を否定する見方が強い世界観


という違いがあるのに気づくだろう。

だから、同じような意識を使ったテクニック
にしても、効果というか状態が違ってくる。

ちなみに、これは・・・

・どちらが優れているか?
・どちらが真実か?

ということ焦点にすると、迷宮に入る。

そういう比較の仕方ではなくて・・・

「今の自分に必要なアプローチは何か?」

という考え方や・・・

「行った結果、自分が満足する(した)方は?」

という捉え方の方が良い。


だから、Aのアプローチでこの世界を肯定し
て、その中で自分が成長していくのが合う
のなら、その流れを選択すればいい。

また、Bのアプローチが自分に合うんだっ
たら、出家なりなんなりして、穏やかに暮ら
せばいい。

この部分は、正直、人によって違うから、
どちらが真実でどっちが良いと決めつけは
出来ない。

ただし、気をつける点というか、ハマりや
すいパターンには注意が必要。

これにハマると長い期間、迷宮入りみたな
話になる。


次回に続く
 


JUGEMテーマ:スピリチュアル

このエントリーをはてなブックマークに追加

ーーーーー 期間限定コンテンツ ... ーーーーーー

あなたの本質的な意識が開花するメソッドとは?



ーーーーー 無料プレゼントのお知らせ... ーーーーーー

メルマガ

ブログでお話した今回のような事はメルマガではもう少し深く解説したりしてますので、まだの方はメルマガに登録しておいてくださいね。

このブログのミッションはこちら


メルマガ登録とプレゼント講座の詳細はこちらから


プロフィールはこちら


 
関連する記事はこちら Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
投稿者:koji awazawa
Google
コメント
コメントする