新着記事  カテゴリー  アーカイブ    お問い合わせ                    
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< テネモスのピッコロ効果? 感想と瞑想との関連性など | main | サチのお寺ごはんの感想 ブラインドレストランとは?暗闇ごはん >>

このブログのミッション



こんにちはリアルです。

このブログを訪れた人が読む人のページというか・・・


私はどういった活動をしているのか?

どのような考え(理念・ミッション)を持っているのか?


というのを書いてみます。

私の詳しいプロフィールは記事下のリンクからメールアドレスを登録して頂くと瞑想のコツと一緒にPDFで配信されます。

ただ、その前に今の世の中というか、大きな流れ的なものを見ていきましょう。



第4次産業革命 場所を超えたスタイル


このブログを読んでみたり、メルマガに登録して頂いたらわかると思いますtが、私の活動としては・・・・


 ・ブログ

 ・メルマガ

 ・メンバー制の講座


というわけ方が出来ると思います。

内容的にはブログとメルマガの無料コンテンツで、瞑想のコツというか人によっては意識が転換するような内容を実践出来るようには作ってます。

また、有料の講座ではそれをもっと深堀したような内容をやっております。

では、どのように行っているかというと・・・

 ・pdf
 ・音声
 ・動画
 ・チャット
 ・メールフォロー
 ・スカイプ

などを使ってやっているわけです。

これはこれで画期的だと思います。

なぜなら、少なくとも15年ぐらい前はこんな形で教室というか講座が出来るなんて事はなかったわけです。


普通はどこか場所を準備して、対面でやっていたわけです。


しかし、今はネット環境がかなり整備されてきました。


PCなんかの回線や性能もそうですがスマホなんかは携帯電話というよりもパーソナルなコンピューターですしね。


世の中の大抵のものはネットのサービスに移行してきてます。


わかりやすいのが学習塾や英会話教室ですよね。

東進ハイスクールが在宅受講コースで伸びているのはこの為ですし、英会話のCOCO塾なんかも在宅で従来の英会話教室並みの授業が受けられるというのが支持されているようです。



あと海外の大学なんかもネットを使ったネット授業なども盛んらしいです。

具体的にはMOOC(massive open online course)ムークというのが有名ですね。
これはMIT(マサチューセッツ工科大学)の「オープン・コースウェア」として始まって、今は様々な大学が同じようなサービスを展開しています。



また、海外ではフィットネスクラブの廃業が著しく、自宅のWEBで受けられるタイプが台頭しきていると聞きます。


私たちに身直な一般的なものでは・・・・


地域の本屋から → Amazon

地域のスーパーから → 楽天などの通販やネットスーパーの宅配



など、私たちの生活でもIT化・ネット化というのは避けられない大きな波です。

むしろ、この部分、第4次産業革命ともいうべきこの波を無視していると、どのような分野であれ衰退をしていく要素は強くなります。(もちろん、例外はあるでしょうが)


このようにWEBを使う受講者のメリットとして・・・

・場所や時間に縛られない
・受講者は手軽に受けられる


というのが挙げられます。

発信する側も・・

・場所の制約を超えられる
・結果、より多くの人に届けられる

というメリットがあります。

ですから、私もネットの特性を生かしたスタイルを中心に行っているわけです。


ここで何をいいたいのかというと、このようなインターネット革命ともいうべきものを従来のメソッドの解説や実践に取り入れたと言っていいでしょう。


で、更にいうと、他とは何が違うのか?

という話になると思います。

瞑想や精神世界の情報発信されているところは数多くあるわけです。

「それと、どこが違うの?」

という話になると思います。


体系や技法は手段であって目的では無い


一番大きな違いとしては・・・・


「メソッドや考えは単なる手段にすぎない」


というところがポイントです。

◯◯瞑想法
◯◯メソッド
◯◯式
◯◯が大事です
◯◯が絶対です
◯◯でなければいけません

的な教えって多いと思いませんか?

もちろん、伝統や教えって大事です。

いや、むしろ超大事というか、特に伝統っていうのは超絶的なメカニズムを秘めているケースが多いです。

例えば、私は色々な技法やメソッドに接してきました。

欧米から色々な瞑想やヒーリングなどが伝わってきます。

しかし、個人的な見解になりますが、西洋ナイズされたワークショプは数千年の歴史がある教えや技法と比較する威力が薄い場合が多いです。

この辺は色々と経験や立場によって意見はわかれると思いますし、この話はまた別に機会があったらするかもしれません。

今は色々な流派や技法や考え方があるという事にフォーカスしていきます。

これらのものは大事ですが、どんなに素晴らしい教えや技法や瞑想法でも、それらは手段です。

それらの手段や考え方をあまりにも重要視したり、限定的な考え方になってしますと弊害が起こるわけです。

例えば健康法

健康法って色々ありますよね?

健康法の中でも食べ物系を上げると・・・

 ・菜食にした方がいい
 ・水を1日3リットル飲んだ方がいい
 ・ローフードがいい
 ・玄米がいい
 ・1日1食がいい
 ・乳製品をとらない方がいい
 ・油はトランス脂肪はダメでオメガ3が良い
 ・砂糖はとらない方がいい
 ・カーボン・ローディングが良い
 ・オーガニックでないとダメ
 ・◯◯産でなきゃダメ
 ・電子レンジで調理したのはダメ
 ・テフロン加工のフライパンはダメ


こういう健康法や食事法っていうのは、色々な経験則やデータをもとに導きだされたものなので、それはそれで良いと思います。

で、なんでこういった健康法を行うのかと言えば・・・・

健康な体で幸せに生きる為

という事が出来ると思います。

しかし、健康法オタク(マニア)というか原理主義的な人とか結構、苦しそうに生きているケースって多いんですよね。

家族や友人・知人と食べ物が合わない程度はいいにしても、心の中まで・・・

「あれを食べたらダメなのに!!!」

とか・・・・

「お菓子なんかもらっても、こんなの毒だから捨てるわ!」

みたいな感じ?

そのくせ、大した長生きもせずに死んでくパターンも多いのではないでしょうか。


話を健康法の例で説明しましたが、なんでこういう事が起こるかというと・・・

「手段に熱中するあまり他が考えられなくなる」

という事が出来るのではないでしょうか。

これは瞑想やスピリチュアルなものについても言えます。


色々な体系・流派・メソッド・考え方がありますが、方法自体が一番大事ではないハズです。


では、なにが目的かというと、色々な言い方はありますが・・・・


あなたが幸福である事です。


非常にシンプルです。


技法や考え方はそれを補佐する為にあるものです。

あなたの幸福(心の状態やコンディションや周囲の人や環境などの納得や満足感)が大事なわけです。


ですから、私は私の出来る範囲内で、メソッドや考え方にとらわれないやり方をお伝えしているわけです。


例えばヴィギャン・ヴァイラブ・タントラの講座では・・・

http://obe.jugem.jp/?eid=598


という受講者さんの声になります。

また、deepの講座では・・・

http://ganapatiawa.net/deep-%E3%83%AC%E3%83%93%E3%83%A5%E3%83%BC%E9%9B%86/


というような数多くのレビューを頂いてます。

これらの結果も技法やメソッドや考え方にとらわれる事なく、エッセンスを抽出して絵に描いた餅ではなく、参加する人が体験・認識しやすいように考えた結果です。


ということで、簡単ではありますが以上の2点

・時代の流れに合った方法を駆使している
・流派・技法や固定された考え方にとらわれない


がこのサイトというか、私が提供しているものの特徴です。

その結果、あなたが本来もっている・・・

・意識の可能性
・限定のない思考や体験
・深い瞑想状態
・それによって起こる可能性
・崇高なものの理解と認識・体験


という事が起こってきます。

そうなってくると、あなたが日々幸福感を感じるのは無論、本来もっている能力や使命的なものが開花して、毎日、健康で充実していき、人生の幕が閉じる時も・・・

「ああ、私の人生は幸せだった」

という状態になっていくでしょう。


あなたは自分が思っている以上に無限の可能性をもち、至高なるものと一体化した存在です。

それを思い出すお手伝いが、わずかながらでも出来れば幸いです。



メルマガ登録はこちらから
 
このエントリーをはてなブックマークに追加

ーーーーー 期間限定コンテンツ ... ーーーーーー

あなたの本質的な意識が開花するメソッドとは?



ーーーーー 無料プレゼントのお知らせ... ーーーーーー

メルマガ

ブログでお話した今回のような事はメルマガではもう少し深く解説したりしてますので、まだの方はメルマガに登録しておいてくださいね。

このブログのミッションはこちら


メルマガ登録とプレゼント講座の詳細はこちらから


プロフィールはこちら


 
関連する記事はこちら Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
投稿者:koji awazawa
Google
コメント
コメントする