新着記事  カテゴリー  アーカイブ    お問い合わせ                    
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< プリンスの死因 パープルレインを聞きながら | main | このブログのミッション >>

テネモスのピッコロ効果? 感想と瞑想との関連性など



ピッコロって聞いた事ある?

普通は聞いた事ないわな。

今日はそのピッコロの感想をちょっとだけ。

何年か前に・・・

自作!超高性能フリーエネルギーペットボトル空気清浄機

という記事を書いた。

ピッコロというのはあれの進化版というか製品化されたもの。

カテゴリ的にはポータブルな空気清浄機という位置付けというかコンセプトの製品という事になっている。

しかし、普通の意味でとういか、よくある大手メーカーが出しているような空気清浄機ではない。


こんな感じの外見。


 

ちなみに、私はブログに書いているけど、単なるレビューでステマとういか販売代理店じゃないので、機能的な詳しい質問はそっちの方にしてね。

で、中身はこんな感じ。


 


最初に手にとった時は・・・

「なんか出てる・・・・」

というのがファーストインプレッション。

心地よい電磁波みたいな感じ?

ほら、電磁波とか過敏症な人は嫌な感じのピリピリ感をノートパソコンやKindleとかスマホを持っている時に手に感じるでしょ?

微細なビリビリ感みたいなやつ。

あれの心地よい感じのが出ている。

でだ。

買ってしばらくして、飽きて忘れていたんだが、目が疲れた時に・・・

「そうだ!痛みがとれるというのが書いてあったから、試してみよう」

という事で横になって目の上において10分ぐらいしたら、ゼロとはいわないがかなりスッキリ。

あと、頭痛の時に頭の上のツボの百会(ひゃくえ)の部分にセットして横になったら、これはびっくりだけどほぼ痛みがなくなった。

不思議だ。

ちなみに、このピッコロでインスタント瞑想が出来る 笑

仰向けになって額や百会の部分にセットすると・・・

「ホワ〜ン・・・」

とした微細なエネルギーがやってくる(個人差あり)


このピッコロの働く仕組みというか、このテネモスの製品の理論としては・・・

「内圧が外圧よりも高いとき、エネルギーは内側にそそぐ」

という事を原理として製品化されているらしい。

この圧というの単純に水圧や空気圧の事の事を指す場合もある。

例えば火をいれて調理するのも圧をかける仕組みで・・・

・調理したての料理
・しばらく時間が経って気がぬけた料理

この2つを比較した場合、あきらかに前者の方がおいしくて体にもいいというのはわかると思う。


また、こういった直接的・物理的な圧だけでなく・・・

・振動数的な圧
・意識的な圧

などもあるようだ。

とにかく圧が高いところへエネルギーが注がれてくるらしい。

だから圧という事で言えば呼吸法や瞑想なんかも圧をかける仕組みを利用していると言えなくもない。

例えば瞑想でいえばTMでフライングなんかをやっている人はわかると思うが、スートラやフライングの最中。

また、終わって休んでいる時など体がある種の振動で満ちているという体験をすると思う。

あの振動数が定着してくると、調子がいい時は5〜10秒ぐらい瞑想しただけでその振動数の世界と接続出来るようになったりする。

そうなってくると、実は瞑想したからそうなったのではなく、もともと私たちの世界と薄皮1枚へだてた空間に驚くべきパワフルな世界が存在しているという事実にびっくりするわけだ。

あれなんかも、低圧か高圧かどっちかというと圧が高い部類だろう。

今はたまたまインドのヴェーダ的瞑想法を例えに出したが、仏教的なサマタ瞑想やマザー的なエネルギーでも振動数といか味わいは違うが、ある種の高圧というか圧倒的なエネルギーが来るパターンがあるのも事実。

ちょとビッコロとは話が脱線したが、このように共通する原理というのはもしかしたらあるのかもしれない。


JUGEMテーマ:つぶやき。
このエントリーをはてなブックマークに追加

ーーーーー 期間限定コンテンツ ... ーーーーーー

あなたの本質的な意識が開花するメソッドとは?



ーーーーー 無料プレゼントのお知らせ... ーーーーーー

メルマガ

ブログでお話した今回のような事はメルマガではもう少し深く解説したりしてますので、まだの方はメルマガに登録しておいてくださいね。

このブログのミッションはこちら


メルマガ登録とプレゼント講座の詳細はこちらから


プロフィールはこちら


 
関連する記事はこちら Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
投稿者:koji awazawa
Google
コメント
コメントする