新着記事  カテゴリー  アーカイブ    お問い合わせ                    
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 心の声の見つけかた 買い物興味編 Xperia Z4 TabletかEeeBook X205TAか? | main | カラーバス効果と脳内未来予測 >>

映画レビュー シェフ 三ツ星フードトラック始めました と心の声



前回はの話は・・・

本当の心の声の聞き方 買い物興味編

という事で記事を書いたが、そう言えば最近観て良かった映画で・・・

『シェフ 三ツ星フードトラック始めました』

というのがある。

DVDの新作であったのでレンタルして観たんだが、なかなか良かった。
もう一回観てもいいぐらい。
 

この映画はアイアンマンの監督みずからが、製作・脚本・監督・主演で撮影した映画。

詳しい情報は仕入れないで観た時に・・・

「主人公のおっさんゴツくて腕に刺青しているし、レスラー体型だし、なんかオーラ出てるし誰だ?」

と思ったが・・・

「アイアンマンの監督だったんですか〜」

という感じですか。

ストーリーとしては・・・・
 
一流レストランの料理人カール・キャスパー(ジョン・ファヴロー)はオーナー(ダスティン・ホフマン)と衝突。

創造性に欠ける料理を作ることを拒み、店を辞めてしまう。マイアミに行ったカールは、とてもおいしいキューバサンドイッチと出会い、元妻(ソフィア・ベルガラ)や友人(ジョン・レグイザモ)、息子(エムジェイ・アンソニー)らとフードトラックでサンドイッチの移動販売を始めることにする。

シネマトゥデイより


という内容なんだが、予想以上に観たあとハッピーな気持ちになる映画。

この映画はアイアンマンの監督であるジョン・ファブローが本当に心の底から作りたかった作品らしい。

なぜかというと、アイアンマンのメガヒット以来、製作費が1億ドルを越える規模の映画作品、例えば・・・

・カウボーイ & エイリアン 
・アベンジャーズ

などの大プロジェクトのプレッシャーとそれに口を出すお偉方にうんざりしていたそうだ。

そこで・・・・

「自分が本当に作りたい映画を作るんだ!」

という事で、みずからを主演として撮影したのが今回のこの「シェフ 三ツ星フードトラック始めました」という事らしい。

もともと、この監督はまだ売れない頃にロスでどうしようもなく毎日を過ごしていた時に、その実体験をもとに「スウィンガーズ」という映画を撮影してヒットさせた経緯がある。

まあ、細かい話はともかく、本当に作りたかった映画というだけあって・・・

・料理の美味しさ
・ツイッターなどのSNSの怖さと可能性
・家族愛や仲間との絆
・旅情あふれる風景
・バックに流れるキューバのサルサ

などが溢れている。

特に料理はB級グルメが多く登場してきて、ダイエットや食事制限をしている人には目の毒なくらい美味しそう。

出演は「アイアンマン」主演のロバート・ダウニー・Jrや「ルーシー」や「アベンジャーズ」に出演のスカーレット・ヨハンソンやダスディホフマンなど豪華なキャスト


本当の心の声

この映画にみるように・・・・

「本当の心の声」

を聞くという前回からのテーマだが、多くの場合・・・・

・プレッシャー
・挫折
・軋轢

などから、自分の本当の心の声が聞こえてくるケースも多い。

もちろん、自分が調和していい感じの時に直感的にわかるというのもあると思うが、結構な頻度で一見、ネガティブだったり停滞している時に・・・

「う〜ん 違う」

という事で自分の本当の心の声が聞こえてくるケース。

これが強い場合は一見、怒りであるかのような激しいパッションである場合もある。

「怒りはいけませんよ」

という教えは仏教でも他の宗教的なものから、ニューエイジ系というか、心理学的なものから色々基本としてあるが、実際問題、世俗に生きていると、なかなかこれを避ける事は難しい。

逆に変にこういった教えを歪曲して信じていると、自分の本当の心の声も聞こえないし、ハラワタが煮えくりかえっているのに無表情だったり作り笑いしたりお世辞をいう気持ちが悪い感じになってしまう。

これは何も怒りをそのまま何でもかんでも相手にぶつけるのがいいと言っているのではなく・・・

・自分の本音の理解に役立ちますよ

という事がいいたいわけだ。

今回の映画でいえば・・・

「店のオーナーの指示ではなく、自分の理想とする料理を作りたい」

というもので、作った監督からすれば・・・

「メガヒットするアイアンマンをお偉方から口出しされて作るより、フードトラックの映画を作りたい」

という事だろう。

これは・・・・

ストレス→ 軋轢 → 心の声 → 変化・満足

という事で、後からみればストレスや軋轢や停滞さえも、心の声や感情的なスイッチが入るための舞台セットだという話になる。

続く かも・・・・



Topics

deepの講座を公開です。


「深い瞑想に入れるようになりました」

という感謝のメールが多数の講座「deep」が公開になりました。


http://03auto.biz/clk/archives/qozxcc.html



deepの講座の記事や参加者さんの体験談はこちら

瞑想におけるサマタ(集中)力をつけるには?

ブルーススプリングスティーンとベストヒットUSAと瞑想

脳波の種類(β α γ Θ δ)と瞑想

サマディーと呼吸停止と胎息

瞑想とサマディと時間認識

チャクラとニミッタと丹光


deepの講座の感想1と大脳後頭葉の視覚野

deep講座 体験談2 瞑想と幾何学模様のビジョン

deep 感想 3 阿字観やヴィッパサナーより簡単に自宅で瞑想出来る?

deep講座 感想 禅定力と神経レベル



deepの講座はこちら

http://03auto.biz/clk/archives/qozxcc.html

 




JUGEMテーマ:映画
このエントリーをはてなブックマークに追加 ーーーーー 無料プレゼントのお知らせ... ーーーーーー

メルマガ

ブログでお話した今回のような事はメルマガではもう少し深く解説したりしてますので、まだの方はメルマガに登録しておいてくださいね。

このブログのミッションはこちら


メルマガ登録とプレゼント講座の詳細はこちらから


プロフィールはこちら


 
関連する記事はこちら Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
投稿者:koji awazawa
Google
コメント
コメントする