新着記事  カテゴリー  アーカイブ    お問い合わせ                    
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< サマディーと呼吸停止と胎息 | main | GmailからInboxへ スッキリとした使い心地 >>

瞑想とサマディと時間認識




前回のお話は・・・・

・瞑想に入った目安として呼吸や脈拍などの変化が起こる

という事についてだった

前回のお話
瞑想と副交感神経



今回はその続きで時間の感覚や空間的認識の変化について。



2つの時間認識


瞑想に入った目安として時間感覚も変化する。

例えば・・・・

「5分くらいかな?」

と思っても20分くらい経過していたりする。

これは寝てしまって時間がわからなくなった場合と違って、意識はあったんだけれどもアッという間に時間が経過したりするケースだ。

なぜ、こういった事が起こるかというと、色々な説があると思うが、そのうちの一つには時間というのは絶対的なものと相対的なものがあるからだと言えよう。

絶対的な時間というのは、簡単にいうと時計の時間。

「昼の12時から昼休みね」

という規則があれば、昼の12時になったらお昼を食べようという共通認識と行動があるわけだ。

絶対的な時間に対して相対的な時間とは何か?

これは物凄く好きな事をやっている時間は短く感じて、つまらない事は長く感じるという主観的な時間感覚。

例えば、面白い映画などはアッという間に終わるが、つまらない映画は異様に長く感じるとか。

また、好きな子と一緒にいる時は・・・

「もっとこの時間が続けばいいのに! なんで時間はこんなにも速く過ぎてしまうんだ!」

みたいに思うわけだが、嫌な上司とのミーティングやつまらない会議などは・・・

「なんだ、まだこんな時間か〜 長げーな 速く終わらないかな・・・」

みたいに異様に時間が長く感じるわけだ。



一体化・同化すると無くなる


なぜ、このように感じるかというと・・・・

心は楽しい事が好き

という事があげられる。

楽しい出来事
楽しい感覚・感触

など、心は楽しい事が大好きだ。

心は楽しいと、それをもっと味わいたいと思う。

それに引きつけられる。

ここでひとつの吸引作用というか、対象物との同化作用が起こるので、相対性、つまり・・・

私と時間

の区別が無くなる。

図で表すと、通常はこのように時間と私があるとする。
 



「私があって、時間という別の物がある」

という相対する概念・感覚があるわけだが、これが吸引・同化作用によって薄れていく
 


これにより、時間を意識しなくなる。



距離が離れれば明確に認識する


逆に心は辛い事が嫌いだ。

つまらない事
辛い事
嫌いな事

からは逃げようとするし、拒否しようとする。

この時は先の例の逆で、それから離れようとする
 


そうすると、先ほどの吸引・同化作用とは逆の異化作用ともいうべきもの発生する

異化作用、つまりAとBの区別がより鮮明になってくる。

そうすると、この場合では・・・

「私と時間とはまったく別のもの」

という認識がきわだってきて、結果、時間の存在を明確に感じる。

つまり時間を長く感じるわけだ。


カッコイイ車に乗っても意味が無い??

今の説明だと、同化とか異化とか言っているから難しいように感じるが、これは物凄くシンプルな話だ。

例えば車。

カッコイイ車。

だいぶ昔だが、会社の車でフェアレディZに乗った時の事。

「やっぱZはカッコイイな〜」

と思いながら乗ったんだが、当たり前の話ではあるが、美しいスタイルも外側からしか見る事は出来無い。

乗って運転してしまうと、スタイルは当然見え無いし、ただ狭いだけみたいな感じになってくる。

つまり一体化・同化(運転席に座ると)すると極論を言えばなんの車に乗っているのわからなくなるという事だ。

このように、ある程度の距離が出来無いと認識出来無いわけだ。

この現象は大体の事については当てはまると思う。



空間的な変化

時間の感覚の変化については説明したが、ここでは細かくなってしまうので解説しないが、空間的な認識の変化も同じ作用

吸収・同化作用 (一体化しようとする働き)

排出・異化作用 (分離しようとする働き)

によって説明する事が出来る。

この辺はヴィギャン・バイラブ・タントラの講座の最初の方でも説明したが、我々の体の中に意識が入っているのではなく、意識の中に体が入っている(入っているというのは便宜上の説明、投影されている方が近いか)という解説をした。

その意識の部分が優位というか比重が上がってくると・・・・

・皮膚の中にいる感覚が薄れてきて拡大したような感覚
・浮遊しているような感覚
・自分と他との境界が曖昧になってくる感覚

などが起こってくる。

この状態が強く明確に発生すると、自己が拡大する感覚や世界との一体感などの神秘体験として経験される場合がある。


次に聴覚的な作用や視覚的な作用も解説してみよう。

ヨガでいうチャクラやヴィパサナーでいうニミッタの作用もこの辺が関係してくる。

続く・・・・



JUGEMテーマ:スピリチュアル
このエントリーをはてなブックマークに追加

ーーーーー 期間限定コンテンツ ... ーーーーーー

あなたの本質的な意識が開花するメソッドとは?



ーーーーー 無料プレゼントのお知らせ... ーーーーーー

メルマガ

ブログでお話した今回のような事はメルマガではもう少し深く解説したりしてますので、まだの方はメルマガに登録しておいてくださいね。

このブログのミッションはこちら


メルマガ登録とプレゼント講座の詳細はこちらから


プロフィールはこちら


 
関連する記事はこちら Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
投稿者:koji awazawa
Google
コメント
コメントする