新着記事  カテゴリー  アーカイブ    お問い合わせ                    
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< スピリチュアル業界の罠 | main | バーチャルアシスタント? 音声入力で楽々Blog更新? >>

アメリカンスナイパー レビューとPTSD



アメリカンスナイパーを観てきた。



結論からいうと、気分転換に観に行く映画ではないな。

観終わった後、モワ〜〜とする

重いテーマだし

かと言って、テーマというか映画的に素晴らしいというか、まあ、この辺は好みというか個人差があるからアレなんだが、私的には時間が長く感じた映画。

イーストウッドの作品は好きだし、スナイパー系のものも小説なら少しは読むのだが。。

スナイパー系の小説というのは・・・・

・スティーヴン・ハンターのボブ・リー・スワガー
・鳴海章のスナイパーもの
・元SAS隊員が書いたドキュメンタリーや小説

なんかは読むんだが、今回のアメリカンスナイパーはスナイパーという名前はついているが、スナイパー的な要素で話を盛り上げるというよりも、戦争や家族の苦悩みたいなところがフォーカスされているので、観ていてスカッとする作りではなかった。

やっぱりR15指定なだけあって、作り物でも残虐なシーンは意識に入ってくるのでよろしくない感じ。。

更には実話をベースに作られているので、物語的には平坦に感じた。

ただ、砂嵐の作戦のシーンは緊迫してよかった。

後はこの映画をどう捉えるかで評価が変わってくるのだろうけど、この辺は人によって大きく違って来る。



念が飛んでくる??

ちなみに、戦争による後遺症(心的外傷後ストレス障害・PTSD)の問題も描かれているが、これは一説によると怨念も関係してくるらしい。

あるPTSDに悩む米兵を霊視した霊能者によると、向こうで殺した霊がいっぱいついてきて祟っているという話がある。

PTSDになるだけならまだしも、帰国してから次々に家族が病気になったり死んでいったりするケースもあり、これもそういった祟的な要素があるそうだ。

まあ、これは私が見たわけじゃないし、実際にはどうなのか知らないが、ただ、あり得る話ではると思う。


2012年にアセンションしたわけじゃないだろうが、なんか昔と比較してシンクロが増えたり人の意識を感じやすくなっている人は増えているのではないだろうか?

・相手が話す前に内容がわかる
・フト、相手の顔が浮かんだら、その人からメールや電話が来た

という体験、あなたも増えてない?

あと、念を受けやすくなっている人も多い。

念を受けやすくというのは、例えば、あなたは昼間の会議で発言したとする。

そうすると、会社を出て外出している時に、会議に出席していた田中さん(仮名)の顔が妙に浮かんでくる。

しかも、ちょと嫌な感じの空気感。

「おかしい〜な なんで田中さんの顔が浮かんでくるんだろう」

と思い起こしてみると・・・・

「ハハ〜 私のあの発言が気に入らないから、念が飛んで来ているのね」

みたいな感じですか。

もっとも、これも妄想というか、自分の勝手な思い込みで田中さんはなんにもこっちの事を考えたりしていないケースもあるが、結構な頻度で当てはまる事も。

ということで、この程度でもエネルギー的な影響があるので、戦争にせよなんにせよ、人を殺したりした後のエネルギー状態というのは恐ろしいものがある。

死後の本人の意識はむろん、残された家族の念とかカブったら、そりゃPTSDぐらいにはなるでしょうみたいな感じですか。


 
JUGEMテーマ:映画
このエントリーをはてなブックマークに追加

ーーーーー 期間限定コンテンツ ... ーーーーーー

あなたの本質的な意識が開花するメソッドとは?



ーーーーー 無料プレゼントのお知らせ... ーーーーーー

メルマガ

ブログでお話した今回のような事はメルマガではもう少し深く解説したりしてますので、まだの方はメルマガに登録しておいてくださいね。

このブログのミッションはこちら


メルマガ登録とプレゼント講座の詳細はこちらから


プロフィールはこちら


 
関連する記事はこちら Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
投稿者:koji awazawa
Google
コメント
コメントする