新着記事  カテゴリー  アーカイブ    お問い合わせ                    
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 朔旦冬至と新月 | main | 天国はほんとうにある 映画レビュー その2 >>

天国はほんとうにある 映画レビュー



この前の日曜は『天国はほんとうにある』という映画を観に行った。

アメリカのプロテスタントの神父の子供が臨死体験(正確には臨死ではなかったが)の映画。(実話を元に作られた)







「いまさら臨死体験ものか〜」

とも思ったが、まあ、これも縁(行こうと誘われたので)なんで観てみる事に。

この映画はアメリカでは大ヒットしたという話だが、日本ではメジャーな映画館でやってなくてヒューマントラストシネマ渋谷という渋谷の映画館まで行ってみた。

久々に渋谷に行ったがクリスマス前なのに街はいつもの感じだった。

映画館はビルの上にある小さい映画館だった。

マイナーな映画なんで空いているだろうと思ったが、結構一杯で一番前の席しと後ろの方しか空いていなかった。


===========
インターステラーよりも
===========

しかたなく、一番前の席に座ったがスクリーンも小さいし、先々週観た『インターステラー』のIMAXと比較してしまうとかなりハズレ感は否めない。

ちなみに、話は変わるがインターステラーもレビューを書こうと思ったがエネルギーが来ないのでとりあえず書かない。

確かにIMAXで観ると映像と音楽が素晴らしく、父親とマーフの別れのシーンは盛り上がったが、ストーリーの設定がどうも?だった。

なにも砂嵐や野菜の不作や酸素不足程度で地球を捨てて土星まで行ってわけのわからないワームホールで別の銀河にワープして、イチかバチか有るか無いかわからない人類に適した惑星を探すより、地球の地下に地底都市でも作ってバイオ技術で植物を栽培した方が手堅いと思うのだが。。

ブラックホールのオチも良くあるタイプの話で、ブラックホールに落ちていくところを観て・・・

「ああ〜 あれがこうなっていくのか」

と予測出来てしまったので、まあ、普通だ。

とはいえ、なにも考えないで観ると楽しめはするから、まあ、いいのだが。

ただ、子役のマーフ(マッケンジー・フォイ)の演技は素晴らしかった。



=======
久々のヒット
=======

まあ、インターステラーの話はいいとして天国はほんとうにあるのレビューだ。

「ホームシアターの少し大きい程度のスクリーンだな、しかも斜め上だし。。」

と思いながら映画が始まった。

結論から言おう

これは当たりだ。

もちろん、色々な角度からレビュー出来るから・・・・

「これはキリスト原理主義チックな映画だ」
「文化的背景が強調されすぎているから、これが真の天国では無い」

とか

「臨死体験として普通」

などの意見もあると思う。

ただ、素朴に鑑賞すると感動する。

特にバクタ(バクティー系)の人でキリスト教じゃなくても神様が好きな人が観にいくと感動すると思う。

ただ、我々日本人と文化的背景が違うから、普通の人はそれほど感動しないかもしれない。

それが全米では90億円の大ヒットと日本ではミニシアターで数箇所の違いだろう。

日本は確かに神道の国だし、神社もそこかしこにあって神の国と言えなくもないが、一般的な標準からすれば神を意識するという習慣がほぼ無い。

あるとすればなにか願掛けする時ぐらいだろうか。

それに神といっても神様と神々様は違うし、どちらかというと日本は神々様の国と言えよう。

では、どこがこの映画の感動ポイントなのだろうか?

続く・・・・・


JUGEMテーマ:教会キリスト教
このエントリーをはてなブックマークに追加

ーーーーー 期間限定コンテンツ ... ーーーーーー

あなたの本質的な意識が開花するメソッドとは?



ーーーーー 無料プレゼントのお知らせ... ーーーーーー

メルマガ

ブログでお話した今回のような事はメルマガではもう少し深く解説したりしてますので、まだの方はメルマガに登録しておいてくださいね。

このブログのミッションはこちら


メルマガ登録とプレゼント講座の詳細はこちらから


プロフィールはこちら


 
関連する記事はこちら Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
投稿者:koji awazawa
Google
コメント
いつも有難うございます。

うわぁ〜、、、予告編観ただけで号泣、嗚咽(/ω\)
クリスチャンではないですけど、プロテスタントの幼稚園&教会で小6まで過ごしたので、
普通の人よりはキリスト意識が浸透しているかとは思います。

現在はImagineの世界を信じているので、天国や地獄は???ですが。
宗教的すりこみで天使には翼があったりしますけど、実際には???です(笑)。

上手く言えないですけど、姿形ではなく意識とでも申しましょうか。
私には聖なるものの姿は視えないですけど、思想として伝えてくるものはあります。
いろいろ考えていると答えに誘導されると云うか、結論が出るのが最近早いです。

稚拙な文章で、上手く書けずに申し訳ありません(;´・ω・)
小難しい事は抜きにして、私には感じることしかできません(笑)。
  • 西やん
  • 2015.01.04 Sunday 13:12
そうですか&#12316;

そのうちDVDも出ると思うので観てみて下さいね。

聖なるものは別に姿は視えなくても『感じる』だけで充分だと思いますよ。

感じている時点で『それ』に支えられているのがわかるというか、安心感というか信頼感があるわけですから。
  • koji
  • 2015.01.05 Monday 09:32
コメントする