新着記事  カテゴリー  アーカイブ    お問い合わせ                    
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 意識の周波数を変化させる方法 | main | サイキック・チルドレン >>

カルマ燃焼と脳科学



こんにちはリアルです。

今日のテーマは・・・・


カルマを燃やすです。


前回は・・・・・

・意識の向いている対象を変化させる
・エネルギーに指令する


というお話でしたね。


今日はそれでも残ってしまうエネルギーはどうしたらいいかという内容です。

色々なアプローチはあるんですが、今日はハード系をご紹介します。

この方法はかなり強力なんで、やってみるとわかりますがハマると生まれ変わったようにスッキリします。



=============
ケース1 ○○で強制労働
=============

この部分は他の団体さん名が出てくるのでネットでは公開しておりません。

メルマガでの公開になっております。




==================
ケース2 ミリタリー・メディテーション
==================



「ハードに肉体を酷使する事でカルマって燃えるの?」

みたいな話になると思いますが、シュリ・チンモイという聖者さんも同じようなシステムでやってたみたいです。


シュリ・チンモイとはインドのベンガル地方出身でアメリカで指導していた聖者さんです。


軍隊瞑想(ミリタリー・メディテーション)という方法で簡単にいうとバクティと激しい運動のワークを取り入れたメソッドらしいです。


激しい運動というは強めのランニングをやりながら聖なる対象に意識を合わせる方法など。

強めというのはウルトラマラソンをやるワークもあったみたいです。


曰く、この方法には物凄い浄化作用があるらしいです。


ちなみにシュリ・チンモイのお弟子さんにはカール・ルイスがいたんだとか。


うーーん 100キロは走れませんが、強い負荷がかかる運動に強烈な浄化作用があるというのは体験上わかります。



ランニングや激しい運動で浄化する人ってけっこういるみたいです。


メルマガで以前紹介した凄腕サイキックのハウオリさんもランニングでエネルギーを浄化していると言ってました。


=============
BDNF(脳由来神経栄養因子)
=============


カルマとかエネルギーという用語だと一般的ではありませんが、なぜ運動するとスッキリしたり至福感を味わうのかとうのが最近では脳科学がブームというか認知されてきたので脳や神経・ホルモンの働きでもメカニズムが解明されてきています。



運動に詳しい人は知っているかもしれませんが、成長ホルモンとかエンドルフィンとかいう言葉を聞いた事があるかもしれません。



運動をした後にいい感じになったり、幸福感が増したりスッキリするのは脳がBDNF(脳由来神経栄養因子・Brain-Derived Neurotrophic Factor)というホルモンを分泌するからだとう事がわかってきました。

このホルモンは一種のタンパク質で記憶の保護と修復効果を持っていると言われています。


また、エンドルフィンも分泌されるので幸福感も増してくるという事も解明されてます。


まあ、この辺はどういう運動をどの程度の時間と強度でするかや個人差があるんですが、共通する方法をみていきましょう。


=======
運動の種類
=======

どんな運動をしたらいいかは環境や年齢や好みによって違ってきますが、共通して言えるのは・・・・

・心拍数が上がる
・呼吸が早くなる
・最初は5分、慣れたら20ー40分続ける

という条件を満たせていればいいです。


ですから、ジョギングでも水泳でもサイクリングでもいいですが、家で出来て場所が狭くても出来るサーキットトレーニングや体幹トレーニングや筋力トレーニングなどがおすすめです。

ちなみに血圧が高い方や心臓に疾患がある方はこのトレーニングはパスして下さい。

また、普段運動していない方や35歳以上の方はいきなり追い込むのは辞めて、半年から1年以上かけるつもりで少しづつ限界に挑戦していって下さい。

運動については理想的にはトレーナーにつくのがベストですが、本を読んだりしてYouTubeで動画をみたりしてフォームは各自で正しいフォームを身につけるようにして下さい。

ちなみに、サーキットトレーニングや体幹・筋力トレーニングがおすすめなの理由として、筋肉に強い負荷がかかるトレーニングの場合、BDNFやエンドルフィンやドーパミンやセロトニン、ノルアドレナリン、テストステロンなどのホルモンがドパーと分泌されやすいからです。

これらのホルモンが分泌されると至福感がでるのはもちろん、脳や体にとても良い影響を及ぼす事が出来るからです。


======
実際の手順
======

では、実際の具体的な手順をみていきましょう。


ステップ1

意識で設定します。

「私はこの運動により不要なエネルギーを燃焼させスッキリします」
「体に意識を戻し、余計な繋がりを断ち切ります」

と設定します。


ステップ2

体が暖まってきますと運動中にカルマのエネルギーが出てくる事がありますが、意識的に燃やしていきます。

例えば、腹筋運動をしている時に嫌な記憶が出て来たら、その思いを運動する気力に結びつけてやるわけです。

この場合、運動は激しければ激しい程効果があります。


ステップ3

20分から40分程で終了します。
終了した後、呼吸が落ち着くまで座って瞑想します。

ステップ4

その後にシャワーを浴びます。
シャワーは温冷シャワーを浴びます。

1 冷たい水
2 温かいお湯
3 冷たい水
4 温かいお湯
5 冷たい水

という感じで交互に浴びます。
浴びる時間はそれぞれ15秒から1分です。

この辺も心地よい時間と回数をみつけていってください。

温冷シャワーの効果については今度取り上げたいと思いますが、少しだけ効果を上げると・・・・

・血行が良くなる
・冷え性の改善
・美肌効果
・疲労回復
・免疫力の向上
・自律神経のバランスが向上

などに効果があります。

また、滝行などが昔からあるように水を浴びるとプラーナの浄化と補給にもなります。


======
負荷の目安
======

カルマを燃やしてスッキルする基本的な流れは以上ですが、やってもらえばわかりますがハマると生まれ変わったようにスッキリします。

ただ次の場合・・・・・

◯ 運動の負荷が軽かった場合

この場合はホルモンもあまり分泌されませんし、そんなには燃えませんので劇的にはスッキリとはしません。

しかし、やらないよりは全然いいので、負荷が軽いトレーニングから始めていってみて下さい。

また、次の場合

◯ トレーニングしすぎてエネルギーが尽きてしまう場合

この場合もこの時はへばりますが、少しづつ体力もついてきますし、段々と燃え尽きる前のタイミングがわかってきますので、追い込みすぎてしまう人は8割の力加減にコントロールして下さい。

逆に、あまり効果が出ない人は健康な場合は何度か限界まで追い込むのがいいでしょう。


この方法は実は凄くて、慣れれば朝トレーニングをすれば爽快感と体から湧き上がるエネルギー感がほぼ一日中続くようになってきます。

気力がなく、なにをやるにも億劫だった人や思考のエネルギーが停滞して落ち込み気味や疲れやすいの人も3ヶ月から半年でエネルギーが一変して別人のようになる事も可能です。

本当は栄養的な側面も色々あるんですが、長くなるので運動の概要について解説しました。

運動の習慣が無い人や忙しい人は、なかなか運動する機会とモチベーションが湧かないかもしれませんが、一週間に2日、5分からでもいいですから、運動の習慣をつけてみてはどうでしょうか。

「いやーー 私は運動が苦手だし・・・」

とか

「もう年だから・・・・」

という場合もあるかもしれませんが、81歳になる黒柳徹子の元気の秘訣はスクワットだと世界不思議発見の「黒柳徹子不老不死伝説」でもやっていまし、吉永小百合もトレーニングはかかさないみたいなので、あなたも少しずつでもいいから始めてみましょう。


=====
編集後記
=====

今日のハード系のカルマ燃焼は食事面での補強があるとよりスムーズに進みます。

具体的には色々ありますが、まず水分とタンパク質ですね。

カルマを燃やしたりグラウンディングする際にタンパク質は重要で肉をとった方がいいんですが、菜食の人はスピルリナなど食品ベースのタンパク質をとると体調が良くなると思います。

スピリチュアル・精神世界に馴染んだ人でイマイチ疲れやすかったり気力が湧かなかったり停滞している人は体や栄養を見直してみるといいかもしれません。



スマホ用
メルマガ登録はこちら

ヴィギャンの講座はこちら




JUGEMテーマ:癒し・ヒーリング
このエントリーをはてなブックマークに追加

ーーーーー 期間限定コンテンツ ... ーーーーーー

あなたの本質的な意識が開花するメソッドとは?



ーーーーー 無料プレゼントのお知らせ... ーーーーーー

メルマガ

ブログでお話した今回のような事はメルマガではもう少し深く解説したりしてますので、まだの方はメルマガに登録しておいてくださいね。

このブログのミッションはこちら


メルマガ登録とプレゼント講座の詳細はこちらから


プロフィールはこちら


 
関連する記事はこちら Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
投稿者:koji awazawa
Google
コメント
コメントする