新着記事  カテゴリー  アーカイブ    お問い合わせ                    
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< エンジェル・ナンバー―数字は天使のメッセージなのか? | main | デング熱とMMS >>

ドリーンバーチューのオラクルカード





こんにちはリアルです。

前回は数字の不思議というかシンクロというか、同じ数字が出るという話でが今回も似た話です。

オラクル・カードって知ってますか?

実は今年に入ってからぐらいからオラクル・マスターと化してます 笑

「リアルさん、これ面白いですよ、同じカードが良くでるんですよ」

と薦められたんですが・・・・

「天使ですか、私はどちらかというと仏教徒ですからいいです」

とやらなかったんですが、やってみたら結構、面白いんですよね。

もともと、ダウジングとか好きですから、こういった占い系は嫌いな方じゃないんですわ。

占いには大きくわけると2つあります。

一つは固定して変化しないもの。

もう一つは流動性があって変化するもの。

固定して変化しないものというのは、西洋・インド占星術や四柱推命・算命学など誕生日など固定したもので算出するものですね。

一方、流動性があって変化するものは、ダウジングや易やタロットカードなどその場で占うものですよね。

オラクルカードとはタロットカードを簡単にやさしくしたもとも言えます。

カードの枚数がタロットより少ないですし、恐いカードが出ないから人気みたいです。


ちなみに、私が使うのはドリーンバーチューのオラクルカードで『アセンデッドマスターオラクルカード』ってやつです。

このドリーンバーチューのオラクルカードを初めて手にとった時は、トランプとかと比較して大きめですしカードがしっかりとした作りで反らないので、切るのに慣れませんでした。

週に一度くらいアセンデッドマスターオラクルカードで占うんですが、私の場合、トートの『write』というカードが繰り返し出ます。

カードを切って出るというか、切るのがヘタなので飛び出してきたり落ちたりすると言った方が正確ですね。

ブログにしろメルマガにしろ書けという事なんでしょうが、それ以上に『書く』とのがミッションの一つなんだろうという風に解釈してます。

それと、ここ2週間同じカードが3回ぐらい飛び出してきました。
 
ドリーンバーチューのオラクルカード


ミカエルの図柄で『You can do it』ですね。

これには思い当たるフシがあって、ヴィギャンの講座をやっているんですが、メンバーさんから要望があったものを新しい企画として何をやろか色々と計画していた時だったんで、まあ、やりなさいという意味だと思います。

ちなみに・・・・

「ヴィギャンの講座ってなんなんですか?」

みたいな話もあるかと思いますが、こういうものです。

ヴィギャンの講座の詳細はこちらをクリック

ここでは大きくわけて2つの事をやっていきます。

1つ目は気づきとは何かという事を理解して実感していく事。

これによって様々な気づきの使い方、例えば感情やエネルギーの浄化やヒーリングなどにも応用出来るようにしていこうというものです。

もう1つはレターには詳しく書いてませんが、気づきのグラウンディングです。

気づきのグラウンディングっていうのは、意識を地球で活動しやすくする為の方法です。

具体的にはメンタル体に取り組みます。

この辺を説明すると長くなるので、少しでも気になった人はメルマガに登録して下さいね。

最初の5回ぐらいのメールが『気づきのメール講座』という事になっていて詳しく説明してあります。

メルマガ登録はこちら

また、ヴィギャンの講座が終わった方に向けて、新しい企画も進行していますので楽しみにしていて下さいね。

それでは、今日も読んで頂いてありがとうございました。



スマホ用
メルマガ登録はこちら

ヴィギャンの講座はこちら




JUGEMテーマ:癒し・ヒーリング
このエントリーをはてなブックマークに追加

ーーーーー 期間限定コンテンツ ... ーーーーーー

あなたの本質的な意識が開花するメソッドとは?



ーーーーー 無料プレゼントのお知らせ... ーーーーーー

メルマガ

ブログでお話した今回のような事はメルマガではもう少し深く解説したりしてますので、まだの方はメルマガに登録しておいてくださいね。

このブログのミッションはこちら


メルマガ登録とプレゼント講座の詳細はこちらから


プロフィールはこちら


 
関連する記事はこちら Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
投稿者:koji awazawa
Google
コメント
コメントする