新着記事  カテゴリー  アーカイブ    お問い合わせ                    
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 岡山勉強会のお知らせ | main | アヴィディア 無知 その2 >>

アヴィディア 無知




今回のお話はマーヤについての説明が前半にあって、その後、和平先生に会って意識がパカッとなってしまった人の質疑応答なんかをアップしていく予定。


質問
マーヤってなんですか?


マーヤっていうのは、ほんとうはインドの言葉で幻だったりとか実態が存在しないものをいうんだよね

それとは別にアヴィディアっていう無知っていう言葉があるんだよ

僕のところでは幻っていう意味と本来の意味であるアヴィディアっていう無知的なものをいっしょくたに使っているんで俺の造語っぽくなってるんだけど、厳密にいうと僕のいうマーヤはインドの人からすればマーヤじゃなくてアヴィディアだよって言うかも知れないんだよね

でも、アヴィディアっていいにくいじゃん?

なんか、アジャパーみたいでさ 笑

マーヤって言った方がわかりやすいじゃん


日本語でいえば「まやかし」と同じような感じだよね


まやかしの語源はマーヤなんじゃないかと思うんだけどね

あると思っていたのに無かったみたいなね

まやかされたみたいな

凄いきれいなお姉さんが歩いてきたら狐だったとかね 笑


そういう、まやかされたみたいなニュアンスでも使っていて、例えば、この世界でもね?

日本人にとっての常識ってあるじゃん?

俺はそういうのもマーヤだって言っているんだよね


現時点では常識だと思っているものも、時代が変われば変わる可能性がある


例えて言うならば、極論なんだけれども人を殺すっていうのがあるじゃん?


日本の自衛隊はあてはまらないと思うけど、アメリカとかフランスとかの軍隊で銃を持っていてね?


色々な前後の事情はあると思うけど、そういう人たちは職務を遂行したって事になるじゃない


だから、正しい事をしたわけ、人を撃ち殺すっていう行為も


でも、我々みたいな制服着ていない人たちが人を撃ち殺したら殺人に問われちゃうっていう事なわけ


これは本当の極論なんだけれども、結局、何が正しくて何が正しくないのかっていうのは計りがたいってことだよね


例えば、自分がなにかしてしまって落ちこんでいたりとか、人生の落伍者だとか言う風に思い込んで、自分にある思い込みや決めつけをしてしまうことで、人生が楽しく無いものになることって多々あるじゃない?


私は罪人だから駄目なんだとか

私は悔い改めて生きていかなきゃいけないんだとかさ


なんか、そういう風におもっちゃうかも知れないけどさ


「あんた、全然そんなことないよ」っていう事だって全然あるわけだよね


例えば、親の言いつけに従わなかった


親はこういう考え方だったけど、それにそった生き方が出来なかった


親の考えにそった生き方が出来れば、その人にとっては嬉しい事なんだけど、そうでなかったら駄目だっていう認識なんだよ


そういう親の呪縛を大人になってもなにげに引きずっているって事


親の期待どおりに生きていれればいいけど、そうでない場合


「俺の人生、親が喜ぶようなところは無かったな、俺は親不孝もんだな。。」


みたいに、自分は正しく生きられなかったんじゃないかなって思っちゃたりね


俺はそんなのはマーヤだっていうんだよね


そういう言い方をするわけ


そんな事にとらわれるな、マーヤにとらわれるなってね


自分の生きたいように生きなさいってね


そんなの幻なんだから、まやかしなんだからってね

騙されてるだけだよってね、幻なんだから


本当は動物なんだから、所詮、人間なんて


続く。。





 



JUGEMテーマ:ヨガ
このエントリーをはてなブックマークに追加 ーーーーー kindle本を無料プレゼント ーーーーーー

メルマガ

ブログでお話した今回のような事はメルマガではもう少し深く解説したりしてますので、まだの方はメルマガに登録しておいてください。
また、メルマガ登録やLINE登録でAmazonで有料販売中の本を無料プレゼントさせて頂きます。
メルマガ登録はこちら


LINE登録はこちら
友だち追加

新しいブログはこちら


このブログのミッションはこちら


メルマガ登録とプレゼント講座の詳細はこちらから


プロフィールはこちら


 
関連する記事はこちら Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
投稿者:koji awazawa
Google
コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック