新着記事  カテゴリー  アーカイブ    お問い合わせ                    
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 悟りってどんな感じ その3 | main | ザ・ファイターはダークナイトのクリスチャン・ベール >>

悟りってどんな感じ その4



前回のつづきから。。。



無知とは違うんだよね。
赤ちゃんっていうのは、生まれたばっかりでなんの経験もないじゃない?

でもわれわれはいろんなこと経験して理解した状態で赤ちゃんのような
心の状態になるっていうのは無知ではなくて、
知っていながらそれに執着しないだとか、
知っていながらそれを手放しているとか、無知を超えた状態ということなの。

だから赤ちゃんのまんまだったらだめなの。
赤ちゃんのままだったらその人はただ幼稚っぽい人になっちゃうわけ 笑

ただ、いろいろなことを経験して、逆戻りのことを経験して
そういう心の状態を得られているのならば
その人っていうのはなんかどっかに至ったんだなって感じ。
そういうふうに僕は思ってますけども。

ほかにあります?

質問)
お肉を食べるとすごい罪悪感があるんですけど。
ヴェジタリアンでもなくて、食べたら美味しいんですけど…

俺は美味しかったら食べろ派だけども。
でも僕なんかも伝統的に肉なんかを食べちゃいけないってとこにいたから、
肉を食べだしたときはやっぱりすごい罪悪感があったりしたよね。

肉を食べるっていうのは殺生をしたりとかエネルギー的によくない影響が
あるだったりとか、そういうことを見聞きしたことで
なんかこう潜在意識に染みついちゃってるってことも考えられるし、
過去世で修道女だとかそういう生活してて
そのムードっていうのが今世でも残ってて、それが食べたらあか〜ん、
食べたらあか〜ん、って出てきてるのかもしれない 笑

でも俺からすればそういう印象っていうのはマーヤだから。
ただ、肉を食べられないだとか食べたくないだとか食べなくていいんだったら
ぜんぜんそれでいいと思うのね。

でも、食べちゃだめっていうのは違うと思うわけ、やっぱり。
うん。
喜びなくして人生なし、だから。
不幸のどん底にいた僕だから言える言葉、みたいな 笑

喜びをひたすら願い続けてきたこの私が
やっと喜びを得られる境地に達して
今やすべてを喜ぶようになっていますけども。

やっぱり伝統的な世界ではこれしちゃだめ、あれしちゃだめってことが
すごく多くて、僕もそれに縛られ続けてきたけども、
そういうのが全部マーヤだってことがわかったわけね。

それによって僕はほんとに自由になれたから。
それはわからなくてもいいから、また肉食べて罪悪感がでたら
この罪悪感どこから出たんだろう?って考えてごらん?

で、多分すぐ答えはでない。
でもずっとそのこと考え続けてると不思議と答え出るんだよ。
なんでも、わかってるとかわかってないとか関係なく、
あることに答えが出ると思って考えてると答えがでると思ってるの。

でも、みんな出ないと思ってやめちゃうんだよ。
出ないと思ってやめちゃうから答えが出ないんだと思うわけ。
だから出ると信じて考えてればいい。
出ると思ってそこに賭けつづけてればいいと思うのね。

僕はなんか今日はそんなにマーヤじゃないなって思っても、
マーヤじゃないわけないんだから、自分はマーヤになってるんだって
マーヤだマーヤだ、って自分がマーヤであることを疑い続けろって
僕はよく言うんだけども。

マーヤじゃない、いや、きっとマーヤに違いない、なんのマーヤだろう?
ぜったいなんかマーヤがあるぞ、ってわかんなくてもそういうふうに
疑い続けることが、埋もれて隠れてて自分の喜ぶ心への障害に
なり続けているマーヤっていうのを発見することができるってことなわけ。
潜在意識下で悪さをしてるマーヤを発掘できる。

だから常にマーヤがあるってことを疑い続けることも必要だよって
僕はみんなに言ってるんだけども。
とにかく考えてれば僕は答えが出ると思ってる。

だから、なんで罪悪感が出るんだろうって、なんでだろうなんでだろう?って
すごい抽象的だけど、なんでだろうって思い続けてることが大事なの。
なぜならば、疑問があるところには絶対答えがあるからなんだよ。

答えなくして疑問はないから。
ということは、その疑問が生じるってことはいつしかその答えに
たどり着けるはずなんだ。

ね?
答えがなくて2+3は?っていうのは愚問なんだよ。
答えがなくて2と3をくっつけることになんの意味があるんだ?ってことになるでしょ?
5っていう存在があるからこそくっつけることがあるわけじゃん。

もし5がなかったらまったく無意味なんだよね。
2+3はタダ働きみたいなもんだよね 笑
誰がタダ働きするかってことなわけだよ。

仕事することはお金をもらえることである、じゃあただ仕事をしたいのか?
お金がもらいたいのか?っていったら
お金をもらうのは食ってくためで、お金をもらうために働いてる。
っていうことは、仕事するっていうことは?って疑問があったら
答えはお金をもらうこと、っていうこと。

それと一緒で、まず答えありき。
心の探求するとしても、なぜ探求するのかっていったら
そこに答えがあるから、って僕は思ってるわけ。

答えがないことに対する探求っていうのはなんにもないと思うんだよね。
だからこの世界にある疑問っていうのはすべて答えがあるって僕は思うわけ。

だからこの罪悪感はどこから来てるのかっていうのを
考え続けることっていうのが大事なことだと思うから、
探求してください。

ね?

質問)
すでにみんな悟っているとしたら…悟りって時間がなくて、あることがあったってことだと思う
んですけど「悟る」っていうと時間の観念があるじゃないですか?
もし全員が悟ってるってことならばそういう、悟りっていう概念とか悟る経験も必要ないですよね?

あのね、基本的にはその答えをいう次元っていうのと
神秘体験をすることによって悟りを経験するっていう次元が違うんだよ。

だからたとえば、絶対者っていう次元があるでしょ?
それはあるってこともないってことも、まず「ない」んだよ、この次元においては。

ここにおいてはすべての次元っていうのが「ある」。
われわれが認識しているように存在しているのではない。
けど、ある。

じゃあ、われわれにとって悟りっていうのはある。
でも、それはない。
悟りっていう体験はないってことになるわけ。
それっていうのは絶対的な次元で語られてるんだよね。

でも、たとえば僕はこういうふうに考えるんだけど、
ここに答えがあって、ここに問いがあって、ここに考えるっていうプロセスがあるときに
答えっていうのは「私はそれである」…仏教だったりとかヴェーダンタの考え方っていうのは
答えに立脚してるってことなわけ。

でも、バクティなんかは問いなんだよ。
答えに至ろうとする問い。
だから問いを答えに向けて発し続けるってことなわけ。

だから原因と結果って見方をするならば、ジュニャーニャっていう
答えに立脚しているものっていうのは結果なんだよ。
結果論なわけ。

結局わかっちゃいました、ああ悟りなんてないのね、
すべて円満なのね、ってそれは結果を言ってるわけ。

でもバクティなんかは答えに向かって神に対して信頼する、
神に向かって祈るってことをやる人っていうのは、
こっちは結果だけども、答えに向かって原因が存在してるわけじゃない?

悟る意識が存在してるのは必ず原因があって、その原因ってのは
神なわけじゃない?
だから結果ではなくてその原因である神に向かうっていうのは
バクティのやり方なわけ。

これが本当にすごいバクタになると、結局これもどうでもいいと。
悟るも悟らないもどうでもいいと。
私にとって大事なのは原因である神だけだってことになってくるわけ。

だから一生この人は悟りがなくても神の思し召しのままにって
生きられるようになるから、このバクタっていうのは
最高の神の恩寵をうけた幸せの状態に留まれるってことなわけ。

で、ヨガっていうのはなんなのかっていったら
このプロセスを重視してるわけね。
結果と原因、このプロセスっていうのがヨガだと思う。
実践をすることによって近づいていくっていう進行形の考え方ってことなんだよね。

結果に立脚したものの考え方っていうのと、
原因に立脚したものの考え方っていうのは
次元が違うわけだ。

同じひとつの次元上に存在してるわけじゃないって僕は考えてるわけ。
だからバクタとジュニャーニっていうのは最初からスタンスが違うわけなんだよね。

でも修行者っていうのはどっちの感覚っていうのも得られるから
あっちの次元いったりこっちの次元いったりしながら
最終的にここに向かっていくんだと思うんだけども。

やっぱり、結果を見る人たちからすれば悟りという現象はない。
みんなすでに悟ってるんだから。
悟りなんかない。

ゾクチェンもそういう考え方。
ゾクチェンパは、人は生まれながらに悟ってるって考え方をするわけ。
で、サキャ派では道に入ったらもう悟ってるっていうわけ。

道に入らないかぎり悟りはないけど、って。
だから、修行者には悟りはすでにある、と。
たとえわかってなかったとしても。

ダライラマのゲルク派は、修行することによって悟りに行くって考え方をするわけ。
チベット仏教も諸派によって悟りのとらえかたっていうのはぜんぜん違うんだよね。

ダライラマのところは道次第。
サキャ派は道果説。道と結果が同じものっていう。
で、ゾクチェンっていう自然成就の法みたいなのがある。

でも、われわれが今の意識のまま、じゃあ悟りはないのかっていったら
それはただ放棄しただけじゃない? 笑
それだったら今までと変わらない人生になっちゃうってことなんだよ。

だから、悟るとか悟らないとかそういうことは別としても
自分がよりよく向上するために正しい導かれかたを神様によって
されることを願いながら、自分がいますべきことをする。

バクティでもいいし、ジュニャーニャ的なアプローチでもいいし、
いま僕のところにきてたらとにかくマーヤ解き、と。
で、夜はちょっと瞑想するといいよ、と。
マーヤにならない程度にね 笑

そういうのを実践していくことでそこに近づいていこうとするってことが
大事なんじゃないかと思う。

いったら、こうやって話すことも重要じゃないし、
概念で理解するってことだってほんとはたいして重要じゃないんだよ。
っていうのは、今の自分の頭の状況で理解できるものっていうのは
限界があるわけだよ。

でもこの世界でわかることっていうのは頭の理解を超えてる。
言葉を超えてる。
それっていうのは言葉ではない。

まあ話すことに意味がないっていったら俺も…
だから喋るわけだけども 笑

そういう状態を目指してそれなりにがんばっていくってことで
今はいいんじゃないかなと。
次元が違うんだよ。

ほんといろんな次元があるから。
そのほかにもさ、宇宙人がいるとかさ、神々様がいるとかさ、
お化けがいるとかさ、引っ越しがいいとか悪いとか方角とかさ 笑

そういういろんな次元がこの多様化したマーヤの世界の中にあって、
それをマーヤとして、もうひとまとめにしてポイってすることもできるわけだし、
それをひとつひとつある程度はなんとかしとかないとって人もいるだろうし。

でも、マーヤだったらマーヤなんですよ。
べつに、引っ越して悪い時期に最悪の方角で家立てて誰が死のうが
神のみこころだろ?ってそこまで思えるんだったらいいわけだよ。
なんにも問題ないわけ。

イスラム教でも言うじゃん?
あるスーフィーが激流に流されてて、村人が見ててお〜い大丈夫か?今から助けるぞって言ったら
大丈夫です助けなくていいです、すべてはみこころのままに、ああ〜って言って
流されて行っちゃったっていう話があるけどさ 笑

それは最高の状態だよ、心の状態として 笑
槍でも鉄砲でも打ってきやがれ、って。
俺はもうみこころなんだから、って。
そこまで強かったらなにも問題ない。

でも弱いわけだ。
悪い時期に悪い方角に引っ越して家建てて
なんか誰か死にそうだっていって調べてやっぱり方位はちゃんとしたほうがいいなんて
思ったりするならそれはそれでやればいい。

弱いのは弱いなりに弱くていいんだから。
それが弱い人にとってのあるがままの状態だから。
そんな完璧なスーフィーみたいになれなんて誰の言ってないんだからさ 笑

俺はいわないよ、流されて、ああ〜みこころのままに〜なんて。
それが俺たちだ、なんて一言も、口がさけても言わないから 笑

ってことで、おしまい!





JUGEMテーマ:スピリチュアル
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 ーーーーー kindle本を無料プレゼント ーーーーーー

メルマガ

ブログでお話した今回のような事はメルマガではもう少し深く解説したりしてますので、まだの方はメルマガに登録しておいてください。
また、メルマガ登録やLINE登録でAmazonで有料販売中の本を無料プレゼントさせて頂きます。
メルマガ登録はこちら


LINE登録はこちら
友だち追加

新しいブログはこちら


このブログのミッションはこちら


メルマガ登録とプレゼント講座の詳細はこちらから


プロフィールはこちら


 
関連する記事はこちら Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
投稿者:koji awazawa
Google
コメント
和平さんの指導を受けるには、どうすれば良いんですか?
  • ヨータ
  • 2013.02.15 Friday 09:14
リンクに公式サイトがありますので、そこでスケジュール等確認してみて下さい。
  • koji
  • 2013.02.15 Friday 17:49
人ってどうして自分は他と違う
特別な存在って思うんでしょう

どんな分けかたであれ、特別だと嬉しいのかな

私は違うっていう意識は何のためにあるんでしょう

  • みー
  • 2013.02.22 Friday 18:35
まあ、そういうことってありますよね。
自分がかわいいからじゃないですかね。

ただ、違うから嬉しいとは一概に言えないとおもいますよ。

なんの為にあるかですが、色々な答えはあると思いますが人によって答えは違ってくると思いますよ。


  • koji
  • 2013.02.22 Friday 21:27
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック