新着記事  カテゴリー  アーカイブ    お問い合わせ                    
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< その3  自由意思 | main | その5   ただ、マーヤがあるだけ >>

その4  いったら、バラエティだよ 





前回の続きから・・・・


「おおもとの意志と聖者が達した神っていうのは一緒なんですか?」



一緒


一緒なんだけど、いったら、この世界をどうするかっていうのは神がやる事なんだよ


この世界をどうしたいんだとか、どういうふうにやっていこうだとかね


で、悟った人は神と一体化して神になっちゃうんだけれども、じゃーそれを変化させようとするかっていったらしないんだよね


いったら、自分が悟ったことも神の計画の一部だっていうのがわかるんだよね


「私は覚醒した でも、これも神の御心だ 俺は悟るようになっていたんだ」


というのがわかる


っていうのはね?



最初の師匠、スワミサッティアナンダっていう師匠に18才の時に俺のチャート見て言うわけさ


「お前は来るべき時が来ら悟るように運命づけられているから、別に修行はしなくていい」


ヘェ〜 と思ったよね、その時は


「いや、でも待て、やっぱり修行することになる」


って言うんだよ、なぜなら、お前は修行が好きだからだって言われたよね


そして、それをすることが計画だからだって言われたんだよ


そしたら、本当に修行することになったからね



でも、やっぱりわかってみて、わかったんだけれども、その修行するだったりもね、全て神の計画だったんだよ


修行する事で悟るわけじゃないんだよ


僕の師匠も言ったように、ある時、突然悟るって言われたように、ある時、突然だったんだよね


修行とはなんの関わりも無かったわけ


じゃー修行とは俺にとってなんの意味があったかというとね?







「猫だまし」だったんだよ






一応、チベットで10年以上修行したっていうと聞こえがいいじゃん?


ね?


例えばだよ?


ここになんとか先生がいます。


大学を卒業してなんとか商事に入社しました。


35才まで、しっかり勤めました。


ところが、ある日、会社で残業している時に突然覚醒しました!


っていう先生とさ?


インドとかチベットとかで修行してさ


寝袋も持たずに5000メートル級の山で修行してたっていう先生の方がカッコいいじゃん、やっぱり 爆


俺はそれだけの為に修行したのかみたいな ハッツハハハッ〜〜〜



しばらく爆笑が続く・・・・



でも、俺はそんなもんだと思ってるんだよ、私の修行は


いったら、バラエティだよ


僕にとってはバラエティ


まあ、修行した事によってボキャブラリもあるわけ


チベット仏教だとかヨガだったりとか、そういうのに対してのね


もし、やってなければ、こういうレベルの話っていうのは出来なくなっちゃうじゃない?


だから、そういう事だったりとか、神は踏まえてね、僕が色々な話だったりとかも出来るようにセッティングをしてくれたって事なんだよね


僕は40何年か生きてきてね、自分の中でハッキリ言える事ってのは、自分の思いどおりになった事はひとつもないってこと


全部、神の思い通りにしかなってないわけなんだよ


で、それが結論なの


僕におけるね


でも、これは僕はみんなに強制しようとは思わないわけ


なぜなら、ここはみんなが、やっぱりわかったときにわかるところだから


言ったら、これってミソなんだよ


凄いんだよ、御心がわかっちゃたときって



続く・・・・・



JUGEMテーマ:ヨガ
 
JUGEMテーマ:India
このエントリーをはてなブックマークに追加

ーーーーー 今忙しくて後で読みたい場合はLINEに登録 ーーーーーー

LINE登録はこちら

友だち追加

ーーーーー kindle本を無料プレゼント ーーーーーー

メルマガ

ブログでお話した今回のような事はメルマガではもう少し深く解説したりしてますので、まだの方はメルマガに登録しておいてください。
また、メルマガ登録やLINE登録でAmazonで有料販売中の本を無料プレゼントさせて頂きます。
メルマガ登録はこちら


LINE登録はこちら
友だち追加

新しいブログはこちら


このブログのミッションはこちら


メルマガ登録とプレゼント講座の詳細はこちらから


プロフィールはこちら


 
関連する記事はこちら Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
投稿者:koji awazawa
Google
コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック