新着記事  カテゴリー  アーカイブ    お問い合わせ                    
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 音を使う瞑想法 | main | fecebook フェイスブックのいいね!ボタン >>

音の瞑想 その2




音の瞑想の続きだが、時間をおいたんでなんか記憶が薄れたというか書くノリが薄れたんで簡単に言うと、前回の文にあったような・・・・



そうだね、瞑想に入り始めは煙みたいなもんとか、幾何学模様とか見えるじゃん。

それをとりあえず使うんだよ。

音だけに意識をあわせて瞑想状態に入ると、そのままスコーンってなんにもないところへ行って通常の意識が無くなっちゃうから・・・・


という視覚に意識を少しシフトさせる事によって、意識を保つみたいな話。

魔術なんかであるタットワやヴィジョンを使う瞑想では、その見えてきた幾何学模様や光などをコントロールしてアストラル界へ行ったり、透視したり、チャクラを活性化する行などをするわけだが、今回の話ではそこまで意識は向けないで単に意識を保つ為に使うという事なんだろ。


まあ、話を聞くだけでなく自分でも耳鳴りというか、無音の音?「キーン」であるとか「シーン」であるとかに軽く意識をあわせてると、入る時には入るな。

まあ、あまり疲れていたり睡眠が足りないと横になっている場合は寝入ってしまう時があるが、コンディションがいいと確かにこのような音だけでも充分な気はする。

で、ここで再度質問があった。


「体の感覚がなくなって、意識が拡がる感じが出るんですけど、そのまま意識だけ?の状態でズーといて、その後、特に進展はないんですけど。。。」


うん、それでいいんだよ。

そういう事を繰り返していくうちに、普段の日常でもその状態が浸透していくから。

というお話し。


まあ、こんな風に聞く人によっても違う時はあるけど、質疑応答は続いていくみたいな。



JUGEMテーマ:India

このエントリーをはてなブックマークに追加 ーーーーー kindle本を無料プレゼント ーーーーーー

メルマガ

ブログでお話した今回のような事はメルマガではもう少し深く解説したりしてますので、まだの方はメルマガに登録しておいてください。
また、メルマガ登録やLINE登録でAmazonで有料販売中の本を無料プレゼントさせて頂きます。
メルマガ登録はこちら


LINE登録はこちら
友だち追加

新しいブログはこちら


このブログのミッションはこちら


メルマガ登録とプレゼント講座の詳細はこちらから


プロフィールはこちら


 
関連する記事はこちら Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
投稿者:koji awazawa
Google
コメント
こんばんわ。
音っていうとヘミシンクってどうなんでしょうね。なんだか良さそうだなと思ったんですけど、あれは両耳が聞こえなければ意味ないみたいですね。
私は片耳がまったく聞こえないんで話になりません。残念です。
毎晩寝る前に床の中で瞑想もどきをするのですけど、たいがいどうにかなる前にすとんと寝ちゃいます。
気持良く眠れるのでまぁやらないよりいいかっていう感じですかね。どうにもやっぱり進歩のしようがないっていうか。
あ、ツイッターもfecebookもid持ってますけどfecebookの方はまったく使ってませんねぇ。あれ、本当に来るんでしょうか。なんか使い勝手がよくわかりません。
  • すのう
  • 2011.01.21 Friday 23:59
すのうさんこんにちは。

そうそう、ヘミシンクなんですが先生は聞いた事ないからなんとも言えないという話です。

ヘミシンクなどの人工的なものも強制的?に影響を与える反作用みたいのがある可能性は否定出来ないという話も。。

基本、自分に合えばなんでもいいみたいな。。

耳鳴りでもいいわけですから。

毎回ストンと寝てしまうんだったら、やっぱり寝て瞑想するんじゃなくて椅子とかに適当にすわってやるのがいいんじゃないですかね。

もしくは、寝てやるんだったら昼寝の時にやってみるとか。

フェイスブックは来るんじゃないですかね、っていうかキテますよ。

ただ、誰でも彼でもブログみたいに使うかというと、基本、ソーシャルですから友達がフェイスブックにいないと意味ないですから、あんまり人付き合いをしたくない人は向かない感じですよね。

私も友達1人しかいなし 爆

  • koji
  • 2011.01.22 Saturday 09:54
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック