新着記事  カテゴリー  アーカイブ    お問い合わせ                    
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

問題解決手法 神様のフレームワーク 



 

 

 

今回のテーマは・・・

・マーヤとは?
・神の視点でマーヤを解くとは?
・売り上げが上がる仕組みとは?

みたいな話になってます。


質問

「マーヤを解くというのは、どういう事ですか?」

マーヤっていうのは色々な意味があって、幻影みたいな感じで訳されています。

「この世界は幻影だ」みたいな意味。

私が使うのはマーヤは大きな世界の構造に対して使うというより、よりパーソナルな意味。

「その人のこだわり」

「ひっかかっているポイント」

みたいな意味で使ってます。

で、単にこだわりやひっかかっているポイントという意味だけでなく、それには意味があるという見方。

御心解きともいいますよね。

御心というのは神さまからみた時にどうなんだという視点。

まあ、この辺のところは私自身、
和平先生から習ったんだけれども、よくある話のようで、ある意味画期的なんですよね。

シンプルで簡単そうに聞こえるけど、結構高度なんで、なかなか難しい部分はある。



普通、私たちは視点が自分にあるじゃないですか?

「私はこう思う」

みたいに。

これは普通そうだと思うんですよ。

何かについて考えたり、物事を体験した場合、その人なりの解釈ってあるじゃないですか。

その視点を自分じゃなくて神からの視点にする。


神さまからの視点

もちろんね?

神からの視点で見るとか考えるといっても、表面的にやっているのは私たち人間なわけですよ。

ですから、そのただの個人の人間が神の視点から答えを出せるのか?

っていうと、難しいというか、完璧な答えって出せないとは思う。

ただね?

「神の視点から答えを出そうとする姿勢が大事」

という事は言えると思うんですよ。

そうすると・・・・

「よしよし」

みたいなOKが出たり、現象が動いたりする。

現象が動くというのは、これは前回お話した話になってくるんですが、認識しただけ、例えば・・・・

「この現象が起こったのは神さまが私に◯◯を教えたかったからかな」

となった時に現象が動いていく。

また、現象が動く、つまり物事は解決しなくても、それにかかっている心の負担というの少なくなったり無くなる。

解決しなくても、それにかかっている心の負担というの少なくなったり無くなるというのはどういう事か?



売り上げや集客が倍増?

例えば営業して物が売れないって悩んでいるとする。

車のセールスでもなんでもいいですし、ネットショップの店長でもいいです。

「今日も売れない、成約しない」

「給料が上がらない、どうしよう・・」

みたいな事で悩んでいる。

どうやったら、儲かるんだろう?

みたいな悩んでいる。

ここのところが、いったらマーヤなわけじゃないですか?

そこで悩むわけですよ。

「もっと訪問してアタックの件数を増やしたらどうだろうか?」

「サイトのPVを伸ばしていくには、どうしたらいいんだろうか?」

「もっとSEO対策した方がいいんじゃないか」

「そっから儲ける為にはどうしたらいいんだろうか?」

みたいに悩む。

色々と悩んで取り組んでいったけれども、なかなか解決しない。

なぜ、解決しなかったり結果が出なかったりするのか?


これってある意味自分視点じゃないですか?

「どうしたらもっと売れるだろう?」

「自分が儲ける事が出来るだろう?」


って、自分視点で考えている。

ちなみに、売上を上げようとか、儲けようって考えるのは悪い事じゃないですよ?

だって、会社でも個人でもお金ってこの世界に生きている以上、絶対的に必要じゃないですか。

だから、売上をあげたり稼いでいく必要性はあるわけですよ。

ここで・・・

「じゃー自分視点じゃなくて、神さま視点で考えるっていうのはどうやるんですか?」

って話になると思います。



インスタで100万

私の知り合いにインスタで儲けている人がいるんですよ。

インスタだけじゃないですけれども、なんだかんだいって月に100万の利益は出している。

スマホで写真をとって、そっからのアクセスを自分のサイトに流してサービスなり商品を売って儲けている。

その人曰く・・・

「いいね押しても全然儲かりませんってよく相談されるんだけど、違うんですよ」

「自分が儲かりたいだけだとダメ」

「インスタを見ている人を楽しませるようにしているだけ」

「どうやったらウケるだろう?笑ってくれるだろうかを考えて、アップしている」

との事。

つまりね?

自分の事じゃなくて相手の事。

ギブが大事。

という話。

この辺は非常に大事になってきます。

私はブログとかメルマガやっているから、たまに相談されるんですよ。

ヒーラーさんとか、自分でなにかやっていて、ブログとか文章を書いている人に。

「ブログが書けません」

「書いたけど、続きません」

みたいに。

もちろん、文章を書くテクニックって色々ありますよ。

それこそ、紀伊国屋とか大きな書店さんへ行ったり、Amazonで検索すると大量に出てくる。

テクニックやノウハウは。

でも、テクニックやノウハウだけだと無理なんです。

だって、テクニックやノウハウだけで出来るんだったら、本読んでやれば誰でも出来るって話になるじゃないですか?



キブが大事

じゃーテクニックやノウハウにプラスして何が必要なのか?

それがギブですよ。

ギブ、つまり与えるんです。

読者さんに喜んでもらう。

自分が何か書いたり、情報を公開する事によって、少しでもいいから読んでいる人の役にたってくれればいい。

もしくは、楽しい気分になってくれればいい。

その喜んでもらうのが楽しくて、ブログを書いたり、メルマガを書いたり、写真を投稿したりする。


結局ね?

「神の視点で考える」

という事になった場合。

「じゃー神ってなんなのよ?」

って話はあると思いますよ。

これは、凄く難しい問題。

ただね?

神が全てをつかさどっていて、全てに浸透してしている全知全能なる知性だとするとね?

私たちの目の前にあるものは全て「神さま」の表れなわけですよ。

その表れの中でも「人間」っていうのに多く表れている。

人間の中に神が多く表れているっていうのはね?

結局、その神を認識するのは人間じゃないですか?


この辺の話題は長くなってしまうので、今回ははしょりますが、シンプルにいうと奉仕とか貢献ってあるじゃないですか。

「私は神に奉仕・貢献します」

みたいに。

だから、神殿や教会、祭壇や色々なものを作って、花とか供物とか捧げて祈ったりするわけですよ、古今東西で。

もちろん、そういうのもいいと思いますよ。

だけどね、もし、神の表れが一番強く出ているのが人間だとしたら、あなたの目の前にいる人こそ神さまなんですよね。

神様イコールではないかもしれないけれども、その表れの一端ではある。

つまり、シンプルにいうと、自分の周りの人たちを・・・

・喜ばせたり
・得をさせたり
・役にたったり

する事が神に対する奉仕や貢献になるって見たかも出来るわけです。

これが全てではないにせよ、すくなくとも現実社会で生きている私たちには、そういった見方というか取り組み方はある。

これが一つの神からみた視点という事も言える。

つまり、シンプルにいうと、先の営業マンでもネットショップでも文章を書くでもなんでもいいけれども・・・

「自分が得や楽する事ばかりじゃなくて、相手に喜ばれる事をしましょう」

みたいな話になってくる。

「なんだ、よくある話じゃないですか〜」

とこれを聞いて思うかもしれない。

だけどね?

これが頭の理解だけでなく、体で覚えると・・・

「ああ、おれ出来てなかったわ、今まで」

ってなってくる。


これは人から聞いてどうこうじゃなくて、自分の体験や認識として経験した時にね?

「なるほど、やっぱりそうか!」

ということで、出来るようになる。

ですから、そうなってないなら、本当の意味ではわかっていないって話になりますよね、少し厳しい言い方だと。

これが体で覚えると、定着するようになる。

定着というのは、その時によって多少の差はあるにせよ、コンスタントに・・・

・営業で成約するようになる
・ネットショップで集客出来て売上があがるようになる
・ブログが書けてアクセスが伸びる

みたいな話になってくるわけですよ。

なんだか、神さまっていう崇高な話から、いきなり泥臭いというか、そういった話になりましたが、結局、そういうことなわけです。

ということで、私の話を聞いて、話的には理解出来ると思いますが、体で覚えるのは自分の経験に落とし込んで習得していかないと意味がないので、頑張ってください。



質問

「今の話はわかったんですが、もう少し短期的というか、マーヤが解けた合図みたいなのはあるんですか?」


はい、あります。



次回へ続く・・・・・



この下にありますが、メルマガ登録(無料プレゼントって書いてある画像をクリック)をしていただくと、このような質疑応答のライブを視聴出来ます。

金曜の夜22時〜22時30分(23時までの時もあり)


JUGEMテーマ:スピリチュアル

このエントリーをはてなブックマークに追加

ーーーーー 期間限定コンテンツ ... ーーーーーー

あなたの本質的な意識が開花するメソッドとは?



ーーーーー 無料プレゼントのお知らせ... ーーーーーー

メルマガ

ブログでお話した今回のような事はメルマガではもう少し深く解説したりしてますので、まだの方はメルマガに登録しておいてくださいね。

このブログのミッションはこちら


メルマガ登録とプレゼント講座の詳細はこちらから


プロフィールはこちら


 
関連する記事はこちら Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
投稿者:koji awazawa
Google

DNA遺伝子検査と運命 唾液をとるんだよ



 

 

 

今回は前回の続きで・・・・

「理解したら現象(現実世界)って変わるのか?」

という質問からです。


DNA遺伝子検査の実態

運命というとスピリチュアルっぽい話になりますが、DNAというと言い方も出来る。

最近だとDNAを採取してかかりやすい病気とか、その人の性格なんかを検査するサービスが流行ってますよね、話題はそれますが。

あれ、私もやりましたが、唾液をとって送るんですよ。

 

 

遺伝子検査キット画像



 

DNA検査キット唾液採取説明書

 

 

だから、何か食べた直後なんかは検査出来ない。

また、結構な量の唾液をプラスチックで出来た試験管の中に垂らして、保存用の液剤(上の画像の青い液体)と混ぜて密閉するんだけれども、なるべく早く送らないといけない。

翌日送る場合は冷蔵庫で保存してくださいって書いてある。

で、唾液をDNA検査するだけで360項目とかわかる。

生活習慣病やどんなガンにかかりやすか?

糖尿病や心筋梗塞になる確率は?

など、かなりの確率でわかるみたいです。

また、私はやりませんでしたが、性格や気質もわかるみたいです。

社会性・協調性・勤勉性・開放性など生まれもった気質。

そういったものが高い確率で診断出来る。

ですから、今、会社によっては遺伝子検査で社員の適正をみて配置を決めているところもあるほど。

これは将来的にはもっと流行るというか、一般的になるんじゃないですかね。

例えば、ダイエットなんかでも流行ってあるでしょ?

朝バナナダイエットとか、卵ダイエットとか。

最近だとパレオダイエットとか、グルテンフリーダイエットとか色々あるわけですよ。

でも、今までのものって、一律で・・・

「◯◯はダメで◯◯はいいですよ」

という事を言うわけ。

誰に対しても。

でも、食べ物や生活習慣って個人差があるでしょ?

例えば、グルテンフリーでいえば、ジョコビッチ、テニスのワールドチャンピョンのジョコビッチで一躍有名になったけれどもね。

グルテン、つまり、小麦なんか食べてから生成されるタンパク質が良くないって話。

そのグルテンが小腸で炎症を起こして様々な問題になるっていう事です。

リーキーガットとかいいますよね、リーキーガットとは簡単にいうと小腸に穴が開く。

リーキーガット症候群ともいうんですが、最近ではかなりの病気の原因がこれなんじゃないかと言っているお医者さんとかもいるわけですよ。


でもね?

これって個人差があって、小麦、つまりパンとかを食べたからって、同じように誰でも彼でも悪い影響があるかっていうと、また、これもかなり個人差がある。

つまり、何を食べたら健康なりダイエットになるかったっていうのは、個人差、DNAの部分が大きい。

だから、将来的にはDNAの検査をして・・・

「あなたは◯◯は控えましょう」

「ダイエットするんなら果物はダメですよ」

みたいな風になるのが一般的になるんじゃないですかね、おそらく近い将来。


なぜ人によって遺伝傾向や運命が違うのか?

まあ、このように占いにしろDNAにしろ・・・

「こんな傾向があります」

というのが出るわけですよ。

じゃーなんで人によって違うの?

っていう話になるわけじゃないですか?

能力的なものだったり、環境的なもんだったり、体質や健康状態、寿命とかもね。

それは、さっきお話したような・・・・

「前世からのカルマですよ」

という言い方もできますが、じゃあその詳細は誰がどうやって決めているの?

という話になってくるわけですよ。

その大元が神様ですよって話。

違う言い方をすると、人知を超越したインテリジェンスともいいましょうか。

そういった存在。

まあ、このへんをどう捉えるかは色々な考え方があるわけです。

スピリチャリズム、19世紀から始まった心霊主義なんかは生まれてくる前に高級霊との話あいで決めるみたいな考え方もあるわけです。

とにかく、ひっくるめていうと、なんらかの経験や体験をする必要があって私達は生まれてきたというのが共通する見解なわけですよ。

まあ、これらがいったらプログラム。

その経験・体験を経て、一定の認識(気づき)になった時に、一応、ミッションって果たせるじゃないですか。

だから、その現象は終わる。

という話になるわけです。

ただね?

ここでいくつかのコツがあるわけです。


現象が変わる認識とそうでない認識

起こった現象に対して認識を起こすってあったじゃないですか?

その認識っていうのは、多くの場合、ネガティブ方向だとダメな場合が多いんですよね。

ダメ、つまり認識・気づきとして正解ではないから、その現象が終わらない。

例えばですよ?

会社に入りました。

そこで色々と起きるわけですよ。

問題が。

その時にね?

「なんであいつはダメなんだ」

「上司はなんで俺にあんな事いうんだ、チクショウ」

とか他に向かうとダメな場合が多いんですよ。

ダメな場合が多いって微妙な言い方しましたが、責任と他に転換していい場合もあるんですよ。

例えば、自分が弱りきっている時。

そういう、逃げたい時とか弱りきっている時って、一時的にそうやって他に転換した方がいい時もあります。

だけれども、基本的には自己責任で自分を変えていかなきゃいけないというのが基本です。

なぜか?

他に責任転換をしていると、他が変わってくれなかったら変わらないじゃないですか?

上司や同僚
奥さんや彼女や子供
親や家族
お隣さんや自治会の人


大きくは国とかこの世界ですよね。

それらが変わらないと自分の嫌な問題も変わらない。

でも、多くの場合、自分で・・・

「あれがこうだったらいいのに」

というのは現時点では自分の頭の中の出来事です。

現実は違う。

例えば、雨が降ってきたとするじゃないですか?

「天気が悪いんだ、天気が変わるまで動かない」

っていうのだと、そっから進まない。


これが、自分に原因を求める方法、例えば・・・・

「今日は雨が降りそうだから、傘を持って行こう」

でもいいですし・・・

「雨が降ったから、傘を買ってタクシーで行こう」

でもいいです。

今、一番シンプルな例えを出しているんですが、このように原因を自分に求める方法だと・・・・

「自分が変われば他も変わる」

という話になるわけです。

このような例えってよくあるじゃないですか。



この世は訓練の場所?


とにかくね?

自分が嫌だと思う現象に対して、後悔したり怒りをぶつけてみても、あんまりいい展開にはならないわけですよ。

「なんで◯◯なんだよ!!」

みたいな。

ネガティブな反応を返さない。

そうじゃないくて、自分の出来る範囲でいいから、理解して、肯定的に受け止めてみる事で変化が起こる。

まあ、なかなか難しいんですけどね。

人間ですから、色々なウィークポイントもあるし、感情とかクセとかあるから、難し部分ってあります。

自分の中でも難しいし、人間関係の中で誤解したりされたりっていうのも含めてね。

ですから、なかなか公式どおりっていうか、理想どおりにはいかない。

でも、そういう意図でやっていく事が一つの人間としての訓練なんじゃないかなっていう。

訓練っていうと堅苦しけど、この世界の表れというか特色なんじゃないかっていうのはありますよね。


話をまとめると、認識しただけで現象が変わるというのは起こり得る。

しかし、それを単なるテクニックというか、楽をしたい逃避的なテクニックぐらいの認識だと発動しない。

深い理解や受容が起こった時に発動しやすい。

みたいな感じですか。

いいですか、こんな感じで。



質問

「マーヤを解くというのは、どういう事ですか?」


それはね?

意識の重心が大事。

意識の重心っていうのはね?



続く・・・・


PS

この下にありますが、メルマガ登録(無料プレゼントって書いてある画像をクリック)をしていただくと、このような質疑応答のライブを視聴出来ます。

金曜の夜22時〜22時30分(23時までの時もあり)


 


JUGEMテーマ:スピリチュアル

このエントリーをはてなブックマークに追加

ーーーーー 期間限定コンテンツ ... ーーーーーー

あなたの本質的な意識が開花するメソッドとは?



ーーーーー 無料プレゼントのお知らせ... ーーーーーー

メルマガ

ブログでお話した今回のような事はメルマガではもう少し深く解説したりしてますので、まだの方はメルマガに登録しておいてくださいね。

このブログのミッションはこちら


メルマガ登録とプレゼント講座の詳細はこちらから


プロフィールはこちら


 
関連する記事はこちら Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
投稿者:koji awazawa
Google

運命を変える法則 運命って決まっているの? 運命を変えて好転出来るの?



 

 

 

今日のテーマは・・・・

運命を変える法則? 認識しただけで現象は変わるの?

という事について、質問があったのでお話してます。


質問

「自分が変わると周りが変わるといいますが、そういった体験はありますか?
そもそも、気づきってなんでしょう」



回答


気づきとはあなたが見ている世界そのもの


そうですね、この質問者さんは講座受けてもらっているのか、どうかわかんないんですけど、まず気づきについて。

アドヴァイタなんかで良くいう話ですが、気づきっていうのは色々な説明の仕方があって一言では言えないんですけど、物凄くシンプルにいうと・・・

「気づきとはあなたが見ている世界そのもの」

といういいかたが出来ます。

つまり、なにが言いたいかというと、気づきがないとこの文章だって読めないじゃないですか?

例えば、夜、熟睡していたら、なにも認識出来ない。

気づきがあるから、自分も意識出来るし、外界の世界も知覚出来る。

「でも、私が熟睡していても世界はありますよね?」

という質問もあるかと思います。

もちろん、あなたが熟睡していても、あなたの家族や友人・知人は存在します(と仮定出来る)。

ですが・・・・

「あなたの認識する世界」

はその時は存在しえないわけです。

あなたの認識している世界はあなただけの世界です。

つまり、そういった意味では世界=あなたなわけです。

まあ、これはアドヴァイタなんかではよく言う話ですよね。

これは理論だけじゃなくて、実際、色々な体験をすると・・・

「ああ・・・・・そうなのか・・・」

というのが出てくると思います。

この辺がちょと難しいところで、頭では理解出来ると思うんですよ、誰でも。


拡大する意識

でも、それってただ頭で想像しただけだから、実際に体験したインパクトと比較すると弱い。

実際に体験するっていうのは、これはテクニックや練習しただけでは、なかなか難しいんですが・・・

「ある種の恩寵によって意識が覚醒したまま拡がる体験」

というのが人によっては起きたりするんですよね。

いつだったけな?

今あるかわかんないですが、以前、プンジャジの動画で、そういう体験をして、コーヒーカップを見たら元に戻って当惑している男の人の動画がありましたが、あんな感じ。

ああゆうのって偶然っていうか、ある種の恩寵によって起きる場合がある。

これ、瞑想して意識が拡がる体験とちょっと違う。

もっと強烈。

だから、なかなか無いんだけれども、一度でも起きた人はその後も残るから、瞑想をするとそこまで強烈でなくても再現出来たりする。

で、そういう色々な体験がある人は、気づきが世界だっていう話を聞くと・・・・

「ああ、そうそう、そうみたいなんだよね」

みたいな感じになるんですよ。


運命を変える法則とカルマの種類

で、最初の質問なんですが・・・

「自分が変われば周りも変わるとありますが・・・」

とうのですね。

この質問者さんも体験した事はあると思いますし、これを読んでいるあなたも体験した事はあると思います。

これは現象的なものをどのように捉えるかで変わってきます。

例えば仏教(インドのヨガも)なんかはカルマ論ですから、自分の過去の行い。

過去っていうのは今の生もそうだし、前世の行いですよね。

その前世の行いの結果、今世があるという考え方がベースとしてあります。

ちなみに、カルマなんですが体系によって様々な呼び方や分類がありますが、ヨガでいえば簡単には4種類。

サンチッタカルマ

プララブタカルマ

クリヤマナカルマ

アーガミカルマ

などと分類されています。

簡単に解説すると・・・

◯ サンチッタカルマ

これは数多くの輪廻で積み重ねられたカルマです。


◯ プララブダカルマ

このカルマはサンチッタカルマの中から、今生で体験するべく定められたカルマ



◯ クリヤマナカルマ

これは今の生でのカルマです。
プララブダと違うのは、この現世で発生するカルマも含めるという事。


◯ アーガミカルマ

これは来生のカルマで、まあ、いったらこうやって私たちは生きているわけですが、ある程度はもう来生は決まっているという話になります。


バクティヨガのケース

で、こういったカルマ論はあるんですが、バクティ系(神への信仰)の教えの場合はまた少し違ってくる。

これ、バクティヨガって言ってますが、信仰をメインにする体系ですから・・・

キリスト教とかスーフィーとかでも当てはまるところもあると思います。

当てはまるところがあるっていうのは、同じ教えでも流派や指導する人によって若干違ってくるので、ファジーな言い方になってますが。


バクティ系といっても色々なものがあるんですが、カッチリ個人の行為や思いがカルマになるというカルマ論と比較すると、主体が神なわけです、一個人ではなくて。

その主体である神が私たちに認識(理解や気づき)を起こさせる為に、色々な経験をさせたりするととらえます。

そうした時にですよ?

神、呼び方はなんでもいいんですが、大いなる意識でも宇宙意識でも超越したインテリジェンスでも。

そういったものが私たち、あなたに学ばせる為、経験させる為に現象を起こしている。

もしくは、起きている現象の中に投入していわけです。

ですから、ある一定の・・・

・経験
・理解
・認識

をした時に、もうその現象や体験は必要なくなるわけじゃないですか、理論的には。

ですから、理解しただけで変わるという事も起きてくる。

そうですよね?

もし、認識や理解することがメインの現象だったら、認識や理解するだけで変わる。

変わって次のステップへ進む。


会社員の場合

具体的な例で言えばね?

会社に嫌な同僚や上司がいる。

色々と嫌な仕事や小言を言ってくる。

では、なぜ、そのような事が起こってきているのか?

なんで自分の周りにあの人がいのか?

それを個人とか単体で見るのではなく、根っこの部分。


「なぜ、これが私の身の上に起こったのか?」

というのを理解して、解き明かした時に現象も変化するという事がある。

これはね?

わかりにくい側面としては、段階を経て変わる場合もあるので、わかりにくい場合もある。

ただ、長いスパンで考えてみればわかりやすいと思う。

例えばね?

今、あなたは仕事をしているじゃないですか。

それって、時系列的に・・・

出来事→考え→出来事→考え

っていう風だと思うんですよ。

例えば・・・・

出来事
会社に入ったけどれも、思ったように待遇が良くなかった。

考え
資格やスキルを身につけるために勉強してはどうだろうかと思い、勉強した

出来事
数年後に昇級して給料がアップした

という感じなんかは、誰でもあるわけですよ。

つまり、最初に待遇とか労働環境がイマイチだったのは・・・

「自分にもっと力をつける必要があるんじゃないですか?」

という課題を神が出していたという風に見るわけです。

これはちょと長いスパンですが、物事の捉え方(認識)が変わると変化が起こるっていうのは、瞬間というか短いスパンでも起きます。

ただね?


認識しただけでは変化しないケースと運命のブループリント

認識したから全てが変わるかという問題でもなくて、認識しても自分が受けるべき現象の種類とか量ってあるわけですよ。

それが消化しきれないと、変化しないケースもあるし、認識しただけで変わるケースもある。

それはプログラム次第ですよね。

プログラムっていうのは、ブループリントっていうか、運命?

やっぱりある程度はあるわけですよ。

例えば当たる占いってあるじゃないですか?

もし、ある程度、運命っていうのが決まっていなければ、そもそも占いっていうのは存在しえないわけですよ。

まあ、占いっていってもピンキリで、詐欺的な催眠チックなコールドリーディングから・・・

「あれ、本当に前世とかあるんじゃないの!?」

ぐらい思う本格的な占いまで。


インド占星術の無料占いは当たる?

インド占星術で当たるやつなんかは、ダーシャっていって・・・

「何年の何月に◯◯が起こりやすい」

っていうのが出る。

「えー リアルさん、本当ですか?」

と思うかもしれませんが、最近ではコンピューター占いってありますよね?

グーグル検索すれば色々出てくるでしょ?

その中にもインド占星術っていっぱいありますが、自分の誕生時間を知っている人なら、とりあえずそれやってみてください。

プルダウンメニューで生年月日や生まれた場所をいれていって、ポチってやると、出てきます。

詳しく占ってもらおうとすると、ニフティの有料会員とか、なんらかの課金が発生するんで、無料部分だけでもいいです。

そうすると、ああいうのって大体インド占星術のソフトで自動計算しているんで、そこそこ当たるんですよね。


まあ、話がそれそうなんで、これくらいにしますが、とにかく色々あるわけですよ。

そういうのを体験していくと、ある程度、運命的なものってあるんじゃないかなと思うわけですよ。


また、そういう占い的なものでなくても、私達は比較的良いカルマを持っているから、独裁者がいる国や飢餓や貧困で大変な国じゃなくて、日本という国に生まれる事が出来たとも言えるわけですよ。

また、運命というとスピリチュアルっぽい話になりますが、DNAというと言い方も出来る。

最近だとDNAを採取してかかりやすい病気とか、その人の性格なんかを検査するサービスが流行ってますよね、話題はそれますが。

あれ、私もやりましたが、唾液をとって送るんですよ。




次回へ続く・・・・ 





JUGEMテーマ:スピリチュアル

このエントリーをはてなブックマークに追加

ーーーーー 期間限定コンテンツ ... ーーーーーー

あなたの本質的な意識が開花するメソッドとは?



ーーーーー 無料プレゼントのお知らせ... ーーーーーー

メルマガ

ブログでお話した今回のような事はメルマガではもう少し深く解説したりしてますので、まだの方はメルマガに登録しておいてくださいね。

このブログのミッションはこちら


メルマガ登録とプレゼント講座の詳細はこちらから


プロフィールはこちら


 
関連する記事はこちら Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
投稿者:koji awazawa
Google

遠隔ヒーリングの仕組み どうして効果があるんですか? やり方は?



 

 

 

 

 

今回のテーマは・・・・

「遠隔ヒーリングの仕組み」

みたいな話になります。

ではさっそくいってみましょう。


質問
「なぜ物理的な距離があっても遠隔ヒーリングが可能なんですか?」


回答

やっぱり、この中にも遠隔ヒーリングを受けたり、本を読んで情報として・・・

「遠隔ヒーリングってどんな仕組みなんだろう?」

と思った場合もあると思うんですよ。

また・・・

・遠隔ヒーリングは病気に効くの?
・遠隔ヒーリングって嘘なんじゃないの?
・あれってシンボルとか使うけど、どういう仕組みなの?
・どういう風にエネルギーを受け取ったらいいの?

みたいに思った事もあるんじゃないでしょうか。


最初に遠隔ヒーリングの仕組み的な話をしますね。


遠隔ヒーリングの仕組み

私が最初に体験したのは、今から20年以上前になりますか。

波動やエネルギーを研究するグループがあって、そこに習いにいったりした事はあるんですよ、昔。

それ以前にも、気功的なエネルギーに関しては受けたりエネルギーを出したりはやった事があるんですよ。

でも、意識のエネルギーで周波数を変えたり、意識の設定だけで体の筋力のコントロールをしたりしましたよね。

体の筋力のコントロールっていうのは、キネシオロジーっていうのあるでしょ?

腕を前に上げて力の入り具合で色々なテストをしたり、オーリングテストっていって親指と人差指で輪っかを作ってテストをするやつ。

ヒーリング系の事を出来るようになったのは、その時の体験がきっかけですよね。

まあ、遠隔ヒーリングといっても色々な体系や方法論があって、一概には言えないんですが、私が思うにシンプルに言うと・・・

「意識の設定」

というのが一つのポイントですよね。

意識の設定によって、周波数を変化させるというのはどういう事をするのかというと、例えば会場に20人くらいいるとするでしょ?

その場合はペアになってもらって、10人の方にオーリングを作ってもらって、ペアの人に力の入り具合をチェックしてもらうんですよ。

そこで、一人の人が意識の設定で10人全員の意識に働きかけて、オーリングの力を強くしたり弱くしたりする。

そういう感じで意識の設定、具体的には色々あるんでここでは結果だけいいますが、意識の設定だけで10人一斉に出来ちゃうわけですよ。

力を強めたり弱めたりが。

私は疑り深いところがあるから・・・

「一応、出来たけど、いったらこれって暗示なんじゃないかな?」

と思ったわけです。


暗示と疑念と対決

やっぱり暗示ってあるわけじゃないですか。

言葉とか、その場の雰囲気(笑)とか。

ですから、催眠術じゃないですけれども、そういった要素が入っているんじゃないかと思ったわけですよ。


当時はまだ会社員でしたから、飲み会の時に腕相撲大会になったんですよ。

私は細いですし、体も大きくないですし、そんなに力自慢じゃないんですが、同僚に挑戦されたんですよ。

その時・・・・

「ああ、これはいい機会だ」

と思ったわけです、意識で波動を調整する勉強をした後だったんで。笑


相手は酔っ払っているから、結構本気モードで・・・・

「よし!絶対に勝ってやる!!」

と来るわけです。


開始前に軽く意識の設定をして、相手のフィールドも調整して試合開始。

結果、3戦3勝。

「おかしい、力が入らない、絶対に負けるはずがないんだけど、おかしい」

と対戦相手は不思議がっていました。

この時に・・・

「やっぱり、これは暗示じゃないな」

というのが実感として出てきたわけです。

なぜなら、この時は別に何か言葉を使ったわけじゃないですし、事前に相手の体に何かしたわけでもない。

また、その場の雰囲気というか、私が勝つ暗黙のルール?

例えば私が上司で勝ってはいけないみたいな空気感もなかったわけです。

ちなみに、波動調整したからといって、なんでもかんでも思い通りになるわけじゃないですよ?


今回のような腕相撲の場合は、力が拮抗しているか、若干、相手が強いかぐらいだったら、効果が出るケースは多いです。

ただ、明らかに筋力に差がある場合は無理です。

その時は単純にこっちの方が筋力が強かったという可能性もありますが、後に色々なワークや実験をやった結果、明らかな変化を色々体験したんで、その話はまた別の機会にしましょう。

また、20年前のこのような事がきっかけで、エネルギーについては少しわかってきたんですが、その後の瞑想体験などでより明確に・・・

「今の自分を超えた意識の場」

を自覚というか体感出来た時に、より明確に今までのことがわかるようになってきたわけです。


「遠隔ヒーリングはなぜ起こるのですか?」

という質問からお話しているんですが、結論から言ってしまえば誰でも出来ます。


遠隔ヒーリングの仕組み

誰でも出来るんですよね。

ある程度誰でも。

もちろん、個人差はありますよ。

こういったエネルギーを感じたりコントロールした、ヒーリングしたりするのは。

ただ、多かれ少なかれ誰も出来る。

では、なぜ出来る人と出来ない人がいるのかというと、一番の原因は自分の中で・・

「私は出来ない」

という思い込みがあるからなんですよね。

自分の中で出来ないという思い込みがあると、結果、出来ない。

もしくは出来ていても気づけないということがある。

ですから、そこの部分さえ通過出来れば、比較的誰でも出来るといのが私の見解です。

ただ、個人差があって、どれだけエネルギーをコントロール出来たりヒーリング出来たりするかの差はあります。


で、ありがちなのが、ヒーリングなんかで一時的なエネルギー感とか症状の緩和などはよくあるんですよ。

しかし、抜本的に変えるのは結構難しかったりします。


ヒーリングが効かないケース

先天的な器質的な問題など。

先天的・器質的というのは、産まれながらに◯◯が弱いとか、そういった遺伝的なものですよね。

まあ、これは医学でもそうだと思うんですが、効果があらわれにくいというケース。

DNA的に「◯◯才になったら、こういった病気にかかりやすくなります」というような遺伝的なものがあると、効きにくい。


というように、色々と例外はありますが、先ほどお話したように、結論から言えば思い込みの部分さえ解除出来れば、比較的誰でも出来るようになる。

この質問者さん

「遠隔ヒーリングは可能なのでしょうか」

の意図としては、おそらくはこういったものに興味があって、もしかしたら、自分もやってみたいという事なのかな?

もし、そういう場合は、そういった事が普通に可能だよねっていう環境に身を置いて、練習していけば出来るようになる可能性は高い。

体験してみると・・・

「あれ 意外と出来るね」

という話になるかと思います。

「普通に可能だよね」

という環境に身を置くという話が出ましたが、これはこういった瞑想とかエネルギー関係というかスピリチュアル的な話だけでなくて、全てについていえます。

やっぱり環境ってものすごく大事。

環境にも色々ありますが、一番重要なのは「人」ですよね。

どのような人と接しているかで、かなり違ってきます。

よく言う話としては、ヤクザ映画を見た後は歩き方が変わるみたいな話あるじゃないですか。

肩で風を切って歩くみたいな。

2時間くらいの映画観だけで、それほどの影響ってあるわけです。

それが毎日、生身の人間だったらどうですかって話。

この辺の話はミラーニューロンっていうのはイタリアのパルマ大学のジャコモ・リッツォラッティ氏が猿の実験で発見した法則で、簡単にいうと脳の神経細胞の働きは「移る」という説です。

マカクザルっていうお猿さんを使った実験で、人間がお猿さんの前でバナナを食べたら、お猿さんは食べてないにもかかわらず、食べた時と同じ脳の活動を示したという発見から、色々と研究されているみたいです。

このように・・・

・近くにいるだけ
・見ているだけ

で同じような脳の状態になってしまうという話。

ですから、こういった精神世界的な分野にかかわらず、どのような分野でも・・・

「それが当たり前の状態」

にいる人や環境に身を置くのと、置かないのとでは結果というのは変わってきます。

ただ、そういったミラーニューロンの影響って確実にありますが、身を置いてもなんにもしないとダメなんですけどね。

結局、最後は自分だから。

まあ、話がそれましたが・・・・


「なぜ、ヒーリングが起こるのか?」

に話を戻してみましょう。



根源的な意識の活性化


仕組みとしては私達は意識なわけです。

その意識とは、今自覚している自分ってありますよね?

その今、自覚している意識ももちろん自分ですが、その意識はもっと大きな意識、法則性の上に乗っかっている存在なんですよ。

大きな意識、法則性というのは、簡単にいうと、あなたは産まれてきたいと思って産まれてきたわけじゃないですよね?

自覚的に。

気づいたら産まれていた。

物心ついて幼稚園に行っていた。

また、ご飯たべますよね?

ご飯を食べるまでは今の自分ですが・・・

・食べ物を消化したり
・吸収したり

っていうのはオートマチックじゃないですか。

これは私が幼稚園に入る前の話なんですが、寝る前に運動していたんですよ。

部屋の中を走ったりして。

「なんでそんな事をしているんだ?」

と親に聞かれた時に・・・

「心臓を速くしておかないと、寝ている時にゆっくりになって止まってしまうかもしれないから」

と答えたんですよね 笑

ほら、心臓って寝ている時はゆっくりになるじゃないですか。

だから、勢いをつけてあげないと、止まってしまうかもというのが幼子心にあった。

まあ、話が脱線しましたが、とにかくオートマチックなわけじゃないですか、体の仕組み。

ちなみに、これは体の仕組みだけじゃなくて、大は星々の運行から小は原子や素粒子まで。

一定の法則性があり、まるで誰かがデザインしたかのごとくあるわけですよ。

それがここでいう大きな意識、法則性。

その法則性に乗っかっていれば、基本的に法則性の範囲内で楽しく健康にやっていけるわけですよ。

しかし、人間は自由意志があるゆえに、この法則性から逸脱してしまいがち。

法則性から逸脱というのは、例えば犬や猫とかいるじゃないですか。

渡り鳥でも魚でもなんでもいいんですが、彼らは法則性と一体化しているから、基本的には楽しく健康にやっている。

人間みたいに思い悩んだり、ノイローゼに基本的にはならない。

ペットとかあまりに人工的な環境で飼っていると、ちょと人間風にストレスチックな症状はあるかもしれません。

でも、基本的には人間ほど逸脱しない。

多くの精神的な悩みにしろ、身体的なものにしろ、この大いなる意識・法則性から逸脱した結果なんですよね。

なぜ瞑想や祈りやヒーリングが効くかというと、法則性からの逸脱を解消するから。

もとの流れに戻るから。

本来の意識に馴染むから、ギャップが埋まって元に戻るともいえます。

この本来の意識や法則性は、もともとのあなたなわけです。

ですから、必要なのは余分なものを取り去るだけ。

・思い込みだったり
・緊張だったり
・疲労だったり
・エネルギーだったり

余分なものを取り去って、もとの流れに戻るだけでいいわけです。

ぶっちゃけ、一番シンプルに言うと、疲れていたり体調が悪くても、よく寝ると治るってあるじゃないでか。

あれと構造は似ています。

更に言えば、大いなる意識・法則性としての母体は個という区別を超えています。

ですから、個という区別を超えて、距離を超えて作用するという事があるわけです。

ということで、なぜ遠隔ヒーリングが可能なのかという話でした。

 




JUGEMテーマ:癒し・ヒーリング

このエントリーをはてなブックマークに追加

ーーーーー 期間限定コンテンツ ... ーーーーーー

あなたの本質的な意識が開花するメソッドとは?



ーーーーー 無料プレゼントのお知らせ... ーーーーーー

メルマガ

ブログでお話した今回のような事はメルマガではもう少し深く解説したりしてますので、まだの方はメルマガに登録しておいてくださいね。

このブログのミッションはこちら


メルマガ登録とプレゼント講座の詳細はこちらから


プロフィールはこちら


 
関連する記事はこちら Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
投稿者:koji awazawa
Google

瞑想と祈りの違い バクティとサマタ



 

 

最近、メルマガ読者さんや講座を受講して頂いているメンバーさん向けにUstreamでのライブ放送を週一でやっている。

 

その質疑応答をブログでも公開していってみる。

 

質問

 

「バクティヨガ、つまり祈り系のメソッドと瞑想とどう違うんですか?」

 

 

回答

 

言葉の違いとか形式の違いとはありますが、私の捉え方では・・・

 

「どの部分を強調するかの違い」

 

というのが答えになります。

 

最終的には同じと言ってもいいでしょう。

 

例えば気づきの瞑想で言えばヴィパサナー瞑想などが有名です。

 

マインドフル瞑想ともいいますよね。

 

あれなんかも・・

 

・気づきが大事ですよ

・今やっている事に気づきましょうね

 

という感じで導入部分は出来ています。

 

しかし、ある程度やりこんでいくと・・・

 

「信が大事ですよ」

 

という風に変化というか、そこの部分を強く出してくるんですよ。

 

 

深い瞑想に入っていく為には何が必要か?

 

信というのは信仰の信ですよね。

 

それはどういった事かというと、結局、禅定に入って瞑想していくわけですよ。

 

そうすると・・・

 

・自分の精神(心)
・自分の肉体

 

というのを超えたところに入っていくわけですよ。

 

そうなってくると、今、自分が持っている常識とか考えっていうのは崩されていくわけですよ。

 

そういった時に、ある種の信頼がないと進めなくなってくる。

 

自分の今の世界を超えていくわけですから、色々な事が起こってくる。

 

そこで、ある種、信仰心的なものが無いと、現実的にやっていけないという現状があるわけです。

 

いくら、集中力(禅定力・サマタ力)があっても、その辺のところがないと進めなくなってくるという話になってきます。

 

また、今度は瞑想ではなくバクティ系、つまり祈りを使った修行の場合。

 

こういった神や特定の対象に祈りを捧げる修行でも、集中力が無いと、そっちの波長に合っていかないわけです。

 

ですから、どっからどこまでが瞑想で、どっからどこまでが祈り(バクティ)かというと、考え方によって差が出てきますが、シンプルに言えば・・・

 

「同じものをどっちの側面からみるか」

 

の違いともいえるんですよね。

 

もっと詳しくは色々ありますが、シンプルにいうとそういう感じになります。

 

 

祈り(バクティ)と瞑想 ハートが開く

 

つまり、瞑想と祈り(バクティ)は切っても切れないという事ですよね、私が思うに。

 

なぜかというと、私の体験談になりますが瞑想が深まっていった時に祈りというかバクティ系にいくんですよね。

 

今風にいうと・・・・・

 

「ハートが開く」

 

という言い方でもいいと思います。

 

例えば、10代前半の時に自観法という瞑想をやっていたんですよね。

 

ある日、本屋で仁宮さんて方の本を買ったんですよね。

 

本のタイトルは忘れてしまったんですが、そこでその方が主催する自観法の通信講座に申し込んだわけです。

 

自観法というのは簡単にいうと「自分を見る」技法です。

 

自分の感情とかをただ見る。

 

自分を客観的にただ観察する。

 

そういったメソッド。

 

そのメソッドをやっている時に、ある日、周りが輝いてみえてきたんですよね。

 

学校の校舎の3階の教室にいたんですが、外の風景がキラキラして見える。

 

また、夜に見る夢も変化してきました。

 

だいたいいつもはカラーの夢を見るんですが、光輝いている夢ですか。

 

例えば、緑豊かな草原や丘がでてくるわけです。

 

で、葉っぱがありますよね?

 

その一枚一枚からオーラというか光が出ていて、とても美しい情景。

 

あと、見る情景もそうですが・・・・

 

「ワーー!!!」

 

とした高揚感というか喜びに満ちているわけですよ。

 

しかも、夢から覚めた後も、しばらくその嬉しさというか、高揚感が消えない。

 

このように、自分を見るメソッド、つまり瞑想的なワークをしていっても、個人差はありますが、ある程度行うとハートが開くというか、気持ち的な変化・変容が起こる。

 

 

法則に委ねる

 

また、そういったバクティ的な要素・・・

 

「自分を支えてくれている法則(神・摂理)を信頼して委ねる」

 

というものがないと、いくら集中力、つまり瞑想して雑念が無くなったり、瞑想状態に入れても、なかなか進まないという事が起こってきます。


このバクティ的な要素っていうのは、実は瞑想するしないに関わらず、非常に大事になってくるわけですよ。

 

では、どんな風に重要かっていうと、やっぱり色々な日常生活であれやこれやの現象が起きるわけです。

 

良い事も起きるし、そうでない事も起きる。

 

その時に、自分視点でみるわけですよ、普通は。

 

自分視点というのは、自分の視線で色々と考えたりするわけです。

 

例えば・・・・

 

「なんで、あんな事になってしまったんだろう?」

 

「これでよかったんだろうか?』

 

「あの時、ああしとけば良かったのでは?」

 

「あの時、あの人にあんな事を言われたんだろうか」

 

のように、自分の視点でもって考えたり悩んだりするわけです。

 

ですが、自分を超えた視点で見たり考えたりすると、また違った見方が出来るわけです。

 

超えた視点、つまりバクティ的な自分を超越した存在(法則)からの視点ですよね。

 

それを神といってもいいし、根源的な自分の意識といっても良い。

 

 

理解する道

 

神とする場合は・・・

 

「神は私にどんな理解や体験をさせたくて、この現象を与えたのだろうか?」

 

という視点。

 

根源的な自分の意識とした場合は・・・

 

「生まれる前に自分で自分の人生を設計したとしたら、なにを理解・体験したくてこの現象を起こしたのか?」

 

という視点ですね。


そうすると、今までの現象や経験に対しての納得感が出てくる。


「もしかしたら、◯◯を学ぶ為にこの現象(イベント)があったのかな」

 

「◯◯という事を体験する必要があったのかもしれない」

 

という風に今までの現象や体験に対して「理解」が生じるわけです。


納得感、落ち着き、受容ともいいます。


そうすると、不思議な事に、あれほどこだわっていた問題も消えていく。

 

現象そのものに働きかけたわけではないですが、理解、認識した事によって
現象も動いていく。

 

という事が起きてきます。

 

もちろん、全部が全部、理解しただけで消えるというわけでもないです。

 

やはり、体験として経験しなければいけない事。

 

もしくは、理解したけれども、もっと深く理解する為に経験するという事もあるでしょう。

 

しかし、少なくても気持ちや感情的なケースは理解しただけで消えていく、解消していく。

 

また、少なからず現象も理解しただけで動いていく。

 

そういう事が起こってきます。

 

言い方を変えれば、バクティ的に言うと・・・

 

「神様に問題を出されていて、それに正解すると先に進む」

 

という言い方が出来るわけです。

 

普通はここのところは自分視点なわけです。

 

ですから・・・

 

「なんで自分はあの時・・・」

 

「あの人はなんであの時・・・」

 

など、過去を悔いたり・・・

 

「このままだと、将来どうするんだろう・・・」

 

「あれも心配、これも心配」

 

など、未来のまだ来ていない事の無駄な心配ばかりしている感じになってしまうわけです。

 

ですが、この「視点」をもってメタ的な上の次元。

 

神であるとか、本来の自分の意識とかに置くと・・・

 

「過去、自分がダメだと思っていたあの件も、もしかしたら、あれが無かったらこの展開にならなかったんで、必要だったんだ」

というような認識に変わっていきます。

 

未来の事に関してもそう。

 

もし、神様が課題として問題を出してくれるのであれば、きっとそれは本当にあなたの為を思って課題を出しているはずです。

アトランダムな現象が起きているわけではないはず。

 

きっと、なんらかの意味がある。

 

その意味に気づいていく。

 

それをやってさえいれば、ある意味保証されているわけです、神様に。

 

そう考えていくと、過去の事にしろ未来の事にしろ、気落ちが凄く楽になってくる。

 

また、現象も進んでいく。

 

という事で話がだいぶ逸れましたが、瞑想もバクティ的なものも、本質的に違いはないですよって話です。

 

 

 

JUGEMテーマ:スピリチュアル

このエントリーをはてなブックマークに追加

ーーーーー 期間限定コンテンツ ... ーーーーーー

あなたの本質的な意識が開花するメソッドとは?



ーーーーー 無料プレゼントのお知らせ... ーーーーーー

メルマガ

ブログでお話した今回のような事はメルマガではもう少し深く解説したりしてますので、まだの方はメルマガに登録しておいてくださいね。

このブログのミッションはこちら


メルマガ登録とプレゼント講座の詳細はこちらから


プロフィールはこちら


 
関連する記事はこちら Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
投稿者:koji awazawa
Google