新着記事  カテゴリー  アーカイブ    お問い合わせ                    
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

桜とミラーニューロンと言葉



ああ、またこの季節がやってきた。

桜が咲いてから新緑まで。

この時期は1年のうちで一番好きかもしれない。

家から10分少し歩くと川に出る。

1週間前の写真になるが、ちょうど満開。

 

 




このブログやメルマガを読んでいる人はエネルギー感覚が敏感な人が多いので、同じような体験をする人もいるかもしれないが、このように桜の近くにいくと桜酔いを起こす。

桜酔いというのは今、浮かんだ言葉だが、要するに・・・

・桜や木の気
・春の季節のエネルギー

などに体や意識が感応や共鳴ともいうべき影響を受けるという話。

わかりやすいうと、逆のパターンでは満員電車。

週末の終電などは疲れた人や酔っ払いが多く、また、座れないので乗っているだけで疲れると思う。

あれも、周囲のエネルギーを受けてしまうので、自分のエネルギーも同じようになってしまいがち。

桜の季節はこれとは逆で、花々の下を歩いているだけで桜のなんともいえないホンワカしたエネルギーが浸透してくる。


似たような話では「ミラーニューロン」というのがある。

これは言葉どおりで・・・

ミラー=鏡

ニューロン=神経

ということで鏡でみているように神経が同じような働きを示すことをいう。

これはマカク猿によって観察された実験結果で、人間が猿の前でバナナを食べると食べていない猿も食べた時と同じような脳波を出すという研究が行われた。

このミラーニューロンの実験はその後、鳥類や人間においてもおこなわれて、人では前運動野と下頭頂葉が同じような働きをすると言われている。

桜の木の下を散歩しながら・・・

「これはミラーニューロンというよりミラーエネルギーだな」

などと思った。

ちなみに、瞑想で使うマントラやスートラなどもこの働きを応用しているフシがある。

どういうことかというと・・・・

「文字や言葉」

にも同じことがいえるからだ。

たとえば「桜」という文字や音の響きには桜のエネルギーが含まれている。

含まれているというか、言葉は通路としての働きを持っているといってもいい。

それにより、意識を望んだ対象に合わせる。

もしくは、意識の中のその対象の性質を顕在化させる。





JUGEMテーマ:つぶやき。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ーーーーー 期間限定コンテンツ ... ーーーーーー

あなたの本質的な意識が開花するメソッドとは?



ーーーーー 無料プレゼントのお知らせ... ーーーーーー

メルマガ

ブログでお話した今回のような事はメルマガではもう少し深く解説したりしてますので、まだの方はメルマガに登録しておいてくださいね。

このブログのミッションはこちら


メルマガ登録とプレゼント講座の詳細はこちらから


プロフィールはこちら


 
関連する記事はこちら Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
投稿者:koji awazawa
Google

Netflixと新年





あけましておめでとうございます!

といっても既に1月4日。

年末年始といっても、メール対応や講座のコンテンツ作りはしていたので、いつもと同じ、いや、いつも以上に音声や動画を作成していた。

ブログでは募集していないが、メルマガ内でいくつか講座を行っているので、そのコンテンツ作りやメール対応など。

ということで、年末年始も仕事をしていたわけだが、それが意外と苦痛というわけではない。


例えばの話。

最近、AmazonプライムにプラスしてNetflixという映画やドラマ配信サイトに加入したんだが、去年は結構観た。

NetflixはAmazonプライムより動画数が豊富で、最初はなんだか新しい遊び場所を見つけた子供のようにワクワクした。

なんせ、月に1000円以下で準新作の映画や海外ドラマが見放題だからだ。

Netflixで観た映画やドラマとしては・・・

「ブレイキング・バッド」
「ルシファー」
「センス8」
「ストレンジャー・シングス」
「ベター・コールソウル」
「亜人」
ets

などなど。

最初は楽しかったが、やはりだんだんと飽きてくる。

なぜか?

色々な要因があるが、やはり映像を選択して観るだけというのは受け身なわけだ。

たまに観るのはいいが、なんとなくつまらなくなってくる。


それよりも、自分の講座という作品を作っている方が飽きないし面白い。

それに、参加者さんのフィードバックもあって、やっていてやりがいを感じる。

正直、ハードというか大変な側面もあるが、逆に言えば多少大変な方がクリアした時に喜びが大きくなる。

また、仕事といっても自分で量や時間をある程度コントロール出来るので、毎日していてもそれほどストレスにはならない。

ということで、年末年始は仕事をしていたという話だったが、これもブログやメルマガを読んで頂いたり、講座に参加してくれているメンバーさんのおかげです。

ありがとうございます。

ということで、今年もよりよいコンテンツつくっていこうと思う。

PS

年末に出したKindle本はこちらから
Mother 母なる意識に導かれてのKindle本

Mother 母なる意識に導かれてのKindle本はこちら



JUGEMテーマ:日記・一般

このエントリーをはてなブックマークに追加

ーーーーー 期間限定コンテンツ ... ーーーーーー

あなたの本質的な意識が開花するメソッドとは?



ーーーーー 無料プレゼントのお知らせ... ーーーーーー

メルマガ

ブログでお話した今回のような事はメルマガではもう少し深く解説したりしてますので、まだの方はメルマガに登録しておいてくださいね。

このブログのミッションはこちら


メルマガ登録とプレゼント講座の詳細はこちらから


プロフィールはこちら


 
関連する記事はこちら Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
投稿者:koji awazawa
Google

Kindle本 キャンペーンの後に売れるのかと今年を振り返って



今年もあと1日。

パワーの大部分を講座に使っていたので、ブログの更新は少なめだった。

力のいれ具合としては・・・・

講座>メルマガ>ブログ

になってしまっている。

まあ、これはある種、致しかたない部分でもある。

講座はお金を頂いているから、やっぱり優先順位は一番高い。

メルマガはアドレスを登録してまで読んで頂いているからその次。

ブログは3番目みたいな。

しかしである。

そもそものキッカケというか、始まりはブログなわけだ。

このブログが無ければ、メルマガも講座も存在しなかった。

ということで、ある意味、重要度はとても高いといってもいいかもしれない。


2017年に行った事として・・・

itマスター講座(会員制の企画)

がメインだった。

参加して頂いた方、ありがとうございました。

1年間なので、まだ3ヶ月ありますが頑張っていきましょう。
新しく年末に参加した方は、これから一年頑張りましょう。

また、最近の記事でも書いたが・・・

Kindle出版をした

というのもトピックの一つ。
スクリーンショット 2017-12-14 01.26.08.png
Mother 母なる意識に導かれてのKindle本はこちら

Kindle本を出してから、もう少しで1ヶ月経過する。

発売から5日間はアマゾンのキャンペーンが出来るので、そこそこダウンロードがあった。

その後、無料期間が終了し有料になって全然売れなくなるとおもいきや、幸運な事に毎日ではないがポチポチ売れている。


(12月30日現在)

これも、ブログやメルマガを読んで頂いてる人のおかげです。

ありがとうございました。

ということで、2018年はまたテーマを決めてチャレンジしていきたい。






JUGEMテーマ:日記・一般

このエントリーをはてなブックマークに追加

ーーーーー 期間限定コンテンツ ... ーーーーーー

あなたの本質的な意識が開花するメソッドとは?



ーーーーー 無料プレゼントのお知らせ... ーーーーーー

メルマガ

ブログでお話した今回のような事はメルマガではもう少し深く解説したりしてますので、まだの方はメルマガに登録しておいてくださいね。

このブログのミッションはこちら


メルマガ登録とプレゼント講座の詳細はこちらから


プロフィールはこちら


 
関連する記事はこちら Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
投稿者:koji awazawa
Google

mother 母なる意識に導かれてを紹介してもらった話



昨日は「ランキング1位をとりました」

という記事だった。

スクリーンショット 2017-12-14 01.26.08.png

今だけ無料(12月17日17時まで)Kindle本

これも普段からブログやメルマガを読んでくれている読者様のお陰です、ありがとうございます。



今日は嬉しい事に、ブログで紹介してくれている人たちがいたので、掲載してみよう。


一人目はSatoruさんのスピ☆ラボ@Yamagata でのご紹介。


このブログでは本のレビューが充実している。

また、邪気を防ぐグッズなどを紹介している。
なんでも、鏡を使ったシステムらしい。



二人目はakikoさんの日月日誌hitsuki nisshi


ダンサーとして身体技法のワークショップを開催している。

私も参加した事があるが、ヨガやストレッチとはまた違った感じだった。

ダンサーとしての長年の経験から、無理なく自然な動きを使いながら、体の深部までほぐす感じ。

例えば、最近流行りのペタッと開脚するストレッチがあるが、やり方を間違えて腰を痛めてしまうケースが多いのだとか。


ということで、本を紹介していただいたというお話でした。







JUGEMテーマ:日記・一般

このエントリーをはてなブックマークに追加

ーーーーー 期間限定コンテンツ ... ーーーーーー

あなたの本質的な意識が開花するメソッドとは?



ーーーーー 無料プレゼントのお知らせ... ーーーーーー

メルマガ

ブログでお話した今回のような事はメルマガではもう少し深く解説したりしてますので、まだの方はメルマガに登録しておいてくださいね。

このブログのミッションはこちら


メルマガ登録とプレゼント講座の詳細はこちらから


プロフィールはこちら


 
関連する記事はこちら Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
投稿者:koji awazawa
Google

ブログの引っ越し nofollowがあるブログ



 



最近というか、もうここ5年くらい前から頭に浮かんでくるのが・・・

「ブログの引っ越し」

というもの。

このブログは開始したのが2006年なので11年経過した事になる。

なぜ、引っ越しという思いが浮かんでくるのかというと、やっぱりユーザビリティ的なものかな。

ワードプレスのサイトもいくつか持っているのだが、やっぱりジュゲムのブログよりカスタマイズ性は格段に高い。

このブログも無料ブログではなく、広告を非表示にする為に有料にしているんだが、それでも不満な点は出てくる。

いくつかあるわけだが、大きくいうと3つ。


1つ目はどこにどんな記事があるのかわかりにくいというもの。

これは1カラムの記事、しかも1ページだけ表示する形にしているので、読みやすいには読みやすいのだが、過去の記事に対してユーザビリティがよろしくないという話。



2つ目はスマホ表示。

現状だと約半分のアクセスがスマホから来ている。

これは私だけでなく、だいたいのサイトやブログがそうだと思う。

その表示が悪くはないのだが、なんとなくいまいち。



3つ目はジュゲムの記事リンクにnofollowがついた事。

nofollowというの外部リンクに対してページランクを与えない使用になったという事。

これを説明し始めると、非常に長くなってしまうのでやめるが、無料ブログというのはメリットがある反面、自分の知らないうちにいろいろな規制がかかってくるというのは痛い。

簡単に説明すると・・・

「nofollowタグがついたリンクはたどらなくていいですよ」

という指示を検索エンジンに対して行う仕様だという事。


まあ、ジュゲムはブログの削除も滅多に聞かないし、比較的いいサービスだとは思っているのだが。。

しかし、ではなぜサイトの引っ越しをしないかというと、初期の段階で独自ドメインを取得してなかったから。

引っ越しするとなると、ドメインが変わってしまって、今まで受けた外部リンクが無駄になってしまうというのは大き。

さて、引っ越しするか、それとも残るか。

もう少し検討してみよう。


JUGEMテーマ:つぶやき。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ーーーーー 期間限定コンテンツ ... ーーーーーー

あなたの本質的な意識が開花するメソッドとは?



ーーーーー 無料プレゼントのお知らせ... ーーーーーー

メルマガ

ブログでお話した今回のような事はメルマガではもう少し深く解説したりしてますので、まだの方はメルマガに登録しておいてくださいね。

このブログのミッションはこちら


メルマガ登録とプレゼント講座の詳細はこちらから


プロフィールはこちら


 
関連する記事はこちら Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
投稿者:koji awazawa
Google

死近心と即身成仏



「ねえねえ、リアル君は将来の夢というか、こうなりたいみたいのあるの?」


リアル
「即身成仏・・・かな?」

と答えて波紋を呼んだ。

という話の続きから。

(前回お話、人生設計と輪廻はこちら


この即身成仏というのは半分本気である。

半分本気というのは・・・

「死ぬ時は瞑想状態、もしくはいい感じで死にたい」

という意味。

即身成仏といっても、洞窟に入ってミイラになるまでは現実的ではないが、死ぬ時の意識や在り方の問題だよねって話。

仏教では死近心という。

死ぬ時にどういう意識状態なのかで来世の状態が決まってしまうという話。

これは原始仏教での世界観で、原始仏教では霊界(中有含む)という考え方ではなく、死んだらすぐに生まれかわるとされている。

例えば怒りの心で死ぬと、次は修羅系の環境に生まれかわるみたいな。

わかりやすくいうと、毎日、怒りでプンプンしている人がいて、寝る前も怒っている。

そうすると、夢の中でも喧嘩したりするだろうし、翌朝起きたら別人だったみたいな話にはならなくて、当然、前日の意識を持ち越すからプンプン怒る性格も一緒みたいな話にはなる。

そのスパンを長くしたのが、死ぬ時の意識が来世効いてくるとよという原始仏教の世界観。

まあ、実際は死んでみなければわからないが、一応、そういう事になっている。

ということで、死ぬ時は洞窟で座禅の姿勢でミイラになって即身成仏とまではいかずとも、いい感じで座禅の姿勢か座椅子に座って庭を前にしながらサマディーに入ったまま移行するみたいなイメージですか。

実際に真面目な話、年齢を経るごとに瞑想状態が良くなってきている。

例えば30代の頃はリトリートに入らないと、なかなかならない心身の状態が、コンディションがいいと普通に日常生活中にも起こってくるようになった。

これはたまたま星の配置がそういう配置なのか、はたまた以前よりカルマが解消されてきたんで、いい状態に入りやすくなっているのかは不明だが、このままいけばプチ・即身成仏も夢ではないという話。


ガチ・即身成仏発見

即身成仏といえば最近ではこれが有名。

厳密には即身成仏というよりは加漆肉身像(かしつにくしんぞう)ともので、死んだあとに高僧である事を示す為に加工が施されたものらしい。

即身成仏

このレントゲンみたいな画像は仏像の中身は人(ミイラ)だったというもの。

西暦1100年頃の中国の坊さんらしい。

現在はオランダのドレンテ博物館で展示中との事。

ちなみに、ミイラの中は内臓が取り除かれて、古文書が入っているのがCTスキャンで確認されている。

まあ、この辺になると、マーヤというか実際に即身成仏だったのか、高僧である事を立証する為にあえてミイラ化させて仏像に入れたのかみたいな話になってくるが、そういうものも中国にはあるよって話。

JUGEMテーマ:つぶやき。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ーーーーー 期間限定コンテンツ ... ーーーーーー

あなたの本質的な意識が開花するメソッドとは?



ーーーーー 無料プレゼントのお知らせ... ーーーーーー

メルマガ

ブログでお話した今回のような事はメルマガではもう少し深く解説したりしてますので、まだの方はメルマガに登録しておいてくださいね。

このブログのミッションはこちら


メルマガ登録とプレゼント講座の詳細はこちらから


プロフィールはこちら


 
関連する記事はこちら Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
投稿者:koji awazawa
Google

人生設計と転生輪廻





昨日はKindle本を書いたよという話だった。

初めてのKindleだったので、一応、アップロード出来たんだが、いくつか修正するところがあって、再アップロード中。

あと、アップロードが完全に出来たら、無料キャンペーンをやるので、まだ買わないでください。

無料キャンペーンというのは、Amazon の Kindle ダイレクト・パブリッシング (KDP) では90日に1度、5日間の無料キャンペーンが出来るという話。

という事で予定では今日の夕方に変更が反映されるハズなんで、そうしたらブログとメルマガでお知らせしたいと思う。


本の内容

内容の紹介をするという話だったので、少しだけお話してみよう。

どんな事を書いたかというと・・・

・体験談6割
・その解説4割

という感じ。

体験談というのは・・・

「リアルさん、どうしてこの分野(精神世界)に入ったのですか?」

という質問をたまに受けていたからだ。

その答えとして、ブログの最初にも書いてあるが、体外離脱体験が中学生の時に起こり始めたのがキッカケとして大きい。

その具体的な体験談が導入としてあって、今までの流れをザッと書いた。

いや〜、しかし・・・

自分で書いていうのもなんだが、変わっているわな。

社会人になって「お前変わっているな」と会社の先輩にはよく言われた。

自分では普通のつもりだったんだが、幼少期からの体験談を書いてみると、確かに変わった10代だ。

その結果、こういう性格というか、考え方になったのもうなずける。

ちなみに、どういう考え方かというと、普通より長いスパンでものを考えるようになった。


輪廻前提

普通の人生感だと・・・

誕生→少年期→青年期→社会人→余生→上がり

という風に考える。

そこで、多くの場合は・・・

・良い学校に入り
・安定した会社に入って
・結婚して子供をつくって
・優雅な老後を過ごす

というのが一般的。

しかし、体外離脱等によってこの世界の他に無限の地平線が広がっていると実感すると・・・


誕生→少年期→青年期→社会人→余生→上がり→霊界→誕生→少年期→青年期→社会人→余生→上がり→霊界→続く

みたいな認識になる。

しかも、どうやらこの世で生きる期間より、あの世ですごす期間が長いという。

まあ、ここの霊界とか期間とかは、実は一種のマーヤとも言えるんで、現在の認識とは違うが10代の頃はそう考えていた。

そうなってくると、人生設計が当然違ってくるという話。

一例をあげると・・・

「人生の夢ってなんですか?」

という話というか、質問みたいなものは、よくあると思う。

本であったり、会話であったりしていると、遭遇する問いだ。

私も以前、瞑想に集中している時にパートナーに聞かれた事がある。


「ねえねえ、リアル君は将来の夢というか、こうなりたいみたいのあるの?」


リアル
「即身成仏・・・かな?」

と答えて波紋を呼んだ。


続く・・・・


 

JUGEMテーマ:つぶやき。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ーーーーー 期間限定コンテンツ ... ーーーーーー

あなたの本質的な意識が開花するメソッドとは?



ーーーーー 無料プレゼントのお知らせ... ーーーーーー

メルマガ

ブログでお話した今回のような事はメルマガではもう少し深く解説したりしてますので、まだの方はメルマガに登録しておいてくださいね。

このブログのミッションはこちら


メルマガ登録とプレゼント講座の詳細はこちらから


プロフィールはこちら


 
関連する記事はこちら Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
投稿者:koji awazawa
Google

Amazon Kindleで本を書いた




ここ最近、ブログの更新頻度が落ちていた。

「もっと書いてください!」

とのお叱りも受けたので、ぼちぼち記事を書いていこうと思う。

言い訳ではないが、更新が滞っていた理由としては本を書いていたからだ。

本といっても紙の本ではなく、Kindleの電子出版だが、とにかく文章を書いていたわけだ。

実はもう本は書けていて、Amazonにアップロードしたんだが、細かい修正があって再アップロードして反映待ちの状態。

しかし、Kindleで本を書いた方がいいんじゃないかと数年前から思ってはいたんだが、ようやく書けた感がある。

どうやって出版するかの技術的な事に関しては、解説書やネットで調べればだいたいわかる。

まあ、実は多少面倒くさい部分というか、技術的にものすごく簡単なわけでも無いのだが、やればなんとかなる。

しかし、問題はそこではなく、もっと気分的なものだった。

まあ、その辺の細かい話は置いておいて・・・・

「リアルさん、どんな本を書いたんですか?」

という話もあるだろうから、内容を少しだけ紹介してみよう。

内容的には今までの体験談的なものを中心としたもの。

あまり、ブログやメルマガでお話してこなかった部分も含まれる。

ということで、本を書き終わったよという報告でした。

次回はもう少し詳しい内容を書いていこうと思う。

 

JUGEMテーマ:つぶやき。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ーーーーー 期間限定コンテンツ ... ーーーーーー

あなたの本質的な意識が開花するメソッドとは?



ーーーーー 無料プレゼントのお知らせ... ーーーーーー

メルマガ

ブログでお話した今回のような事はメルマガではもう少し深く解説したりしてますので、まだの方はメルマガに登録しておいてくださいね。

このブログのミッションはこちら


メルマガ登録とプレゼント講座の詳細はこちらから


プロフィールはこちら


 
関連する記事はこちら Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
投稿者:koji awazawa
Google

一晩で51兆円のトランプ土産 年金の行方(GPIF)



このブログでは政治的な話題はあまり書かないようにしているが、気になったので少しだけ。

最近はシンギュラリティの記事とか、他にも超ポジティブな10〜30年先の話などもしているが、
短期的にはペシミスチックな感じ。。

安部総理がトランプ大統領の手土産に、総額4500億ドル(約51兆円)を進呈したとの話。

これは年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が米国のインフラに投資するという名目らしい。

http://www.globalstream-news.com/ohi-report/post-18456/

う〜ん 微妙。

私は別に反自民党でもないし、どこかの政党を応援しているというわけではない。

どちらかとうと、政府自体は与党であれ野党であれ、国民から税を徴収する立場に代わりはなく・・・

国家VS国民

という、ある種の対立構造というのはあると思う。

毎年上昇する年金。

日本年金機構のデーターによると、平成3年には8400円だった保険料月額が16000円を超えるようになってきた。
https://www.nenkin.go.jp/service/kokunen/hokenryo-hensen/20150331.html

これ、名目上は「保険料」といっているけど、実質「保険税」だからね。


それでもって、ここ数年、支払いが滞納すると差し押さえ通知が来て、銀行口座が凍結されるようになった。

恐ろしい話だ。

まあ、100歩ゆずって、将来的に年金として帰ってくるのならまだしも、だいたい公務員や特殊な団体や今回のようなジャブジャブ外交に流れていってしまうのかと思うと、さすがに政治に対して興味が薄い私でも「ムムッ〜」とならざるを得ない。

これはなにも、今回だけの話ではなく、フィリピンに1兆円の経済協力をするとの話の後・・・

ロドリゴ・ドゥテルテ大統領が「ミサイルはいらない」と言ったとか言わないとかの記事が話題を呼んだ。

どんな演説をしたかというと・・・
 

ダバオ市商工会議所の総会で行ったスピーチ。

英語とタガログ語で、首脳会談をしたばかりの安倍首相の名前を挙げ、

「安倍にも言ったんだ、私はミサイルは必要としていないと」

と述べた。

その後、ロシアのプーチン大統領のハッキング疑惑やトランプ米次期大統領に触れ、

「もし第3次世界大戦が始まれば、それはこの世の終わりを意味する」

と話した。

朝日デジタルより 引用
http://www.asahi.com/articles/ASK1J4CVKK1JUHBI00T.html




実際、この辺はフェイク記事じゃないかとの噂はあるが、現時点では問題の発言を報じたPhilippine Star紙が記事を削除していてる。

動画はあるんだが、何を言っているのかはタガログ語がわからなければわからないらしいから不明。

フィリピン大統領府のマラカニアン宮殿 公式サイト(動画)あり解説サイト
http://pelicanmemo.hatenablog.com/entry/2017/01/16/210000


とにかく気になる事は色々あるが、そういった問題の本質を報道しない癒着したメディアへの不信感は否めない。

まあ、あれだ。

スマップの解散騒動の時に、ジャニーさんやメリーさんを取材するテレビ局が無いのと一緒の構造だわな。




JUGEMテーマ:日記・一般

このエントリーをはてなブックマークに追加

ーーーーー 期間限定コンテンツ ... ーーーーーー

あなたの本質的な意識が開花するメソッドとは?



ーーーーー 無料プレゼントのお知らせ... ーーーーーー

メルマガ

ブログでお話した今回のような事はメルマガではもう少し深く解説したりしてますので、まだの方はメルマガに登録しておいてくださいね。

このブログのミッションはこちら


メルマガ登録とプレゼント講座の詳細はこちらから


プロフィールはこちら


 
関連する記事はこちら Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
投稿者:koji awazawa
Google

ドクター・ストレンジと幽体離脱 imax3dで映画観賞






ドクター・ストレンジという映画を観た。

結論から言うと、個人的には結構お気に入り。

やっぱり、色々と難解な映画もいいんだが、休みの日にリラックスしたかったり、気分転換したい時には、こういう映画がいいわけだ。

 

あらすじ

上から目線の天才外科医ドクター・ストレンジ。

突然の交通事故により、神の手を失った彼を甦らせたのは─魔術。

指導者エンシェント・ワンのもと、過酷な修行をかさね人智を超えた力を手にしたストレンジだったが、世界を破滅へと導く闇の魔術の存在を知ったとき、彼は壮絶な魔術の戦いに巻きこまれてゆく。

しかし、“人を決して傷つけない”医者としての信念が、敵であってもその命を奪うことをためらわせる。彼は、いかにして闇の魔術に立ち向かい、人々の命を救うのか?ドクター・ストレンジにしかできない、常識も次元も超えた戦いが始まる。

〜〜ドクターストレンジ公式サイトより引用〜〜




いや〜 主人公のベネディクト・カンバーバッチがアクが強すぎ 笑

一度みたら二度と忘れないようなクドい顔とでもいうべきか。

なんでも、15世紀のイングランド王・リチャード3世の血縁にあたるそうで、実際にドラマ『ホロウ・クラウン/嘆きの王冠』ではリチャード3世を演じているという。

あとは観てないが「ホーキング」でホーキング博士を演じているらしい。

スタートレックとかにも出演しているらしいが、とにかくこのドクターストレンジ役ははまり役だと思う。

この映画はストーリー云々というのは置いておいて・・・・

・IMAX3Dで観ると、体が傾くような見心地
・幽体離脱(アストラル)の時の表現が実際に近い
・空間に書く魔法陣がユニーク
・なぜかマントが欲しくなる
・ラスボスがダサイ

というところが見どころというか、気になった。



IMAX3Dで観ると、体が傾くような見心地

木場のIMAX3Dで観た。

もちろん、以前にも書いたが最前列。

IMAXは最前列が一番没入出来る。

しかし、話はそれるが、今回は若干の失敗だった。


「どちらの席にしますか?」

と券を買う時に、最前列のセンターに先約がいた。

それを見た時に、若干、嫌な予感がして、2列空けて最前列へ。

シアターの暗い中を歩き、自分の席へ到着。

ヤバイ、やっぱりそうだ。

センターにお兄ちゃんがいて、独り言をいいながらコンビニの袋から何やらパンらしきものをガサガサ出しながら、ムシャムシャ食べている。

やっぱり、せっかくのIMAX3Dでも↑の音があると没入出来ないので、映画の途中で端へ移動。

まあ、そんな話は置いておいて、IMAX効果抜群の映画になっている。

途中の次元を操る場面では体が傾きそうになる。


しかし、あれだ。

思えば30年以上前、私が高校生の時にも3Dはあった。

紙で出来た右と左に違う色のセロファンのようなものが貼ってあるメガネをかけて観た。

映画は13日の金曜日。

それと比較すると・・・

「映画もここまできたか〜」

という感じ。

おそらくは、これを見ている子供達はおじさんになった時に・・・

「昔、IMAX3Dでドクターストレンジを観たけど、2047年の今は脳内デイバイスVRで現実との区別もつかないし、シナリオ分岐で自分の選択でストーリーが選べるんだから、映画も進化したよな」

とか言っているんだろうか。

話は変わるが、VRでいうと去年は色々なアトラクションに行ったが、意外と池袋にある”SKY CIRCUS サンシャイン60展望”が強烈だった。

展望台だからなめていたが、気持ち悪さでいうとお台場にあるProject i CanのVRといい勝負かも。



幽体離脱(アストラル)の時の表現が実際に近い

これは映画でドクターストレンジがカトマンズに行って、エンシェント・ワンに頭を押さえ込まれて幽体離脱するだが、あれは実際の幽体離脱の感じを結構正確に表現している。


幽体離脱といっても様々なパターンがある。
・映画のようにすっ飛んで飛行したり
・トンネルの中を移動したり
・幾何学模様が見えたり
・手や足だけ抜けたり
・それを誰かが引っ張ってくれて抜けたり
・横に寝返りをうつようにゴロンと抜けたり

などなど。

他の人はどうかわからないが、私の場合、最近はバイロケーションの方が多いが、体脱する時は初期の頃は飛行が多かったが、通常はゴロンタイプが多かった。

「リアルさん、体外離脱ってどうやるんでうか?」

という質問もあるかと思うが、寝た状態で瞑想に入るとなるケースがある。

私の講座ではdeepの講座を受けている人の中に、体外離脱する人がいるが、まあ、そんな感じだ。




空間に書く魔法陣がユニーク

これもある程度内的光が見え始めた人はわかるかもしれないが、この映画を観ると・・・

「あそこまでゴテゴテしてないけど、あるよね〜」

という感じになるだろう。

他人に見せられるかどうかはともかく、瞑想していると幾何学模様が出てくる時がある。

もっとも、上座部の一派では内的な光を発射して他人に見せたりするようだが、それを極限までデフォルメするとあんな感じになるんだろうな。

また、カバラでやるようなタットワの瞑想でも図形を描いて異世界へ行くんで、大沼さんやバトラーの本を読んだりやったりした人には懐かしいというか、なんというかじゃないかな。

しかし、ドラえもんのどこでもドアじゃないが、クルクルっと書いて扉を作ってどこでも行けるとうのは古今東西共通の夢みたいな。



なぜかマントが欲しくなる

あのマントはいいな。

時間を戻したり、次元を操るのと比較すると、若干ショボイが、なぜか欲しくなるタイプのアイテム。


ラスボスがダサイ

最後にどんな敵が現れるかと思ったが、思いの他ダサイ。

まさか、デッカイ顔でくるとは思わなかった。

ただ、テイストとして、複雑な概念を入れるより、善悪2元のわかりやすい世界観で作る事で、気軽にみれる娯楽映画として楽しめる。


ということで、ストーリーで感動という感じではないが、娯楽映画としては大いに楽しめる作品だと思う。


JUGEMテーマ:映画

このエントリーをはてなブックマークに追加

ーーーーー 期間限定コンテンツ ... ーーーーーー

あなたの本質的な意識が開花するメソッドとは?



ーーーーー 無料プレゼントのお知らせ... ーーーーーー

メルマガ

ブログでお話した今回のような事はメルマガではもう少し深く解説したりしてますので、まだの方はメルマガに登録しておいてくださいね。

このブログのミッションはこちら


メルマガ登録とプレゼント講座の詳細はこちらから


プロフィールはこちら


 
関連する記事はこちら Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
投稿者:koji awazawa
Google