新着記事  カテゴリー  アーカイブ    お問い合わせ                    
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

ブログの引っ越し nofollowがあるブログ



 



最近というか、もうここ5年くらい前から頭に浮かんでくるのが・・・

「ブログの引っ越し」

というもの。

このブログは開始したのが2006年なので11年経過した事になる。

なぜ、引っ越しという思いが浮かんでくるのかというと、やっぱりユーザビリティ的なものかな。

ワードプレスのサイトもいくつか持っているのだが、やっぱりジュゲムのブログよりカスタマイズ性は格段に高い。

このブログも無料ブログではなく、広告を非表示にする為に有料にしているんだが、それでも不満な点は出てくる。

いくつかあるわけだが、大きくいうと3つ。


1つ目はどこにどんな記事があるのかわかりにくいというもの。

これは1カラムの記事、しかも1ページだけ表示する形にしているので、読みやすいには読みやすいのだが、過去の記事に対してユーザビリティがよろしくないという話。



2つ目はスマホ表示。

現状だと約半分のアクセスがスマホから来ている。

これは私だけでなく、だいたいのサイトやブログがそうだと思う。

その表示が悪くはないのだが、なんとなくいまいち。



3つ目はジュゲムの記事リンクにnofollowがついた事。

nofollowというの外部リンクに対してページランクを与えない使用になったという事。

これを説明し始めると、非常に長くなってしまうのでやめるが、無料ブログというのはメリットがある反面、自分の知らないうちにいろいろな規制がかかってくるというのは痛い。

簡単に説明すると・・・

「nofollowタグがついたリンクはたどらなくていいですよ」

という指示を検索エンジンに対して行う仕様だという事。


まあ、ジュゲムはブログの削除も滅多に聞かないし、比較的いいサービスだとは思っているのだが。。

しかし、ではなぜサイトの引っ越しをしないかというと、初期の段階で独自ドメインを取得してなかったから。

引っ越しするとなると、ドメインが変わってしまって、今まで受けた外部リンクが無駄になってしまうというのは大き。

さて、引っ越しするか、それとも残るか。

もう少し検討してみよう。


JUGEMテーマ:つぶやき。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ーーーーー 期間限定コンテンツ ... ーーーーーー

あなたの本質的な意識が開花するメソッドとは?



ーーーーー 無料プレゼントのお知らせ... ーーーーーー

メルマガ

ブログでお話した今回のような事はメルマガではもう少し深く解説したりしてますので、まだの方はメルマガに登録しておいてくださいね。

このブログのミッションはこちら


メルマガ登録とプレゼント講座の詳細はこちらから


プロフィールはこちら


 
関連する記事はこちら Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
投稿者:koji awazawa
Google

死近心と即身成仏



「ねえねえ、リアル君は将来の夢というか、こうなりたいみたいのあるの?」


リアル
「即身成仏・・・かな?」

と答えて波紋を呼んだ。

という話の続きから。

(前回お話、人生設計と輪廻はこちら


この即身成仏というのは半分本気である。

半分本気というのは・・・

「死ぬ時は瞑想状態、もしくはいい感じで死にたい」

という意味。

即身成仏といっても、洞窟に入ってミイラになるまでは現実的ではないが、死ぬ時の意識や在り方の問題だよねって話。

仏教では死近心という。

死ぬ時にどういう意識状態なのかで来世の状態が決まってしまうという話。

これは原始仏教での世界観で、原始仏教では霊界(中有含む)という考え方ではなく、死んだらすぐに生まれかわるとされている。

例えば怒りの心で死ぬと、次は修羅系の環境に生まれかわるみたいな。

わかりやすくいうと、毎日、怒りでプンプンしている人がいて、寝る前も怒っている。

そうすると、夢の中でも喧嘩したりするだろうし、翌朝起きたら別人だったみたいな話にはならなくて、当然、前日の意識を持ち越すからプンプン怒る性格も一緒みたいな話にはなる。

そのスパンを長くしたのが、死ぬ時の意識が来世効いてくるとよという原始仏教の世界観。

まあ、実際は死んでみなければわからないが、一応、そういう事になっている。

ということで、死ぬ時は洞窟で座禅の姿勢でミイラになって即身成仏とまではいかずとも、いい感じで座禅の姿勢か座椅子に座って庭を前にしながらサマディーに入ったまま移行するみたいなイメージですか。

実際に真面目な話、年齢を経るごとに瞑想状態が良くなってきている。

例えば30代の頃はリトリートに入らないと、なかなかならない心身の状態が、コンディションがいいと普通に日常生活中にも起こってくるようになった。

これはたまたま星の配置がそういう配置なのか、はたまた以前よりカルマが解消されてきたんで、いい状態に入りやすくなっているのかは不明だが、このままいけばプチ・即身成仏も夢ではないという話。


ガチ・即身成仏発見

即身成仏といえば最近ではこれが有名。

厳密には即身成仏というよりは加漆肉身像(かしつにくしんぞう)ともので、死んだあとに高僧である事を示す為に加工が施されたものらしい。

即身成仏

このレントゲンみたいな画像は仏像の中身は人(ミイラ)だったというもの。

西暦1100年頃の中国の坊さんらしい。

現在はオランダのドレンテ博物館で展示中との事。

ちなみに、ミイラの中は内臓が取り除かれて、古文書が入っているのがCTスキャンで確認されている。

まあ、この辺になると、マーヤというか実際に即身成仏だったのか、高僧である事を立証する為にあえてミイラ化させて仏像に入れたのかみたいな話になってくるが、そういうものも中国にはあるよって話。

JUGEMテーマ:つぶやき。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ーーーーー 期間限定コンテンツ ... ーーーーーー

あなたの本質的な意識が開花するメソッドとは?



ーーーーー 無料プレゼントのお知らせ... ーーーーーー

メルマガ

ブログでお話した今回のような事はメルマガではもう少し深く解説したりしてますので、まだの方はメルマガに登録しておいてくださいね。

このブログのミッションはこちら


メルマガ登録とプレゼント講座の詳細はこちらから


プロフィールはこちら


 
関連する記事はこちら Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
投稿者:koji awazawa
Google

人生設計と転生輪廻





昨日はKindle本を書いたよという話だった。

初めてのKindleだったので、一応、アップロード出来たんだが、いくつか修正するところがあって、再アップロード中。

あと、アップロードが完全に出来たら、無料キャンペーンをやるので、まだ買わないでください。

無料キャンペーンというのは、Amazon の Kindle ダイレクト・パブリッシング (KDP) では90日に1度、5日間の無料キャンペーンが出来るという話。

という事で予定では今日の夕方に変更が反映されるハズなんで、そうしたらブログとメルマガでお知らせしたいと思う。


本の内容

内容の紹介をするという話だったので、少しだけお話してみよう。

どんな事を書いたかというと・・・

・体験談6割
・その解説4割

という感じ。

体験談というのは・・・

「リアルさん、どうしてこの分野(精神世界)に入ったのですか?」

という質問をたまに受けていたからだ。

その答えとして、ブログの最初にも書いてあるが、体外離脱体験が中学生の時に起こり始めたのがキッカケとして大きい。

その具体的な体験談が導入としてあって、今までの流れをザッと書いた。

いや〜、しかし・・・

自分で書いていうのもなんだが、変わっているわな。

社会人になって「お前変わっているな」と会社の先輩にはよく言われた。

自分では普通のつもりだったんだが、幼少期からの体験談を書いてみると、確かに変わった10代だ。

その結果、こういう性格というか、考え方になったのもうなずける。

ちなみに、どういう考え方かというと、普通より長いスパンでものを考えるようになった。


輪廻前提

普通の人生感だと・・・

誕生→少年期→青年期→社会人→余生→上がり

という風に考える。

そこで、多くの場合は・・・

・良い学校に入り
・安定した会社に入って
・結婚して子供をつくって
・優雅な老後を過ごす

というのが一般的。

しかし、体外離脱等によってこの世界の他に無限の地平線が広がっていると実感すると・・・


誕生→少年期→青年期→社会人→余生→上がり→霊界→誕生→少年期→青年期→社会人→余生→上がり→霊界→続く

みたいな認識になる。

しかも、どうやらこの世で生きる期間より、あの世ですごす期間が長いという。

まあ、ここの霊界とか期間とかは、実は一種のマーヤとも言えるんで、現在の認識とは違うが10代の頃はそう考えていた。

そうなってくると、人生設計が当然違ってくるという話。

一例をあげると・・・

「人生の夢ってなんですか?」

という話というか、質問みたいなものは、よくあると思う。

本であったり、会話であったりしていると、遭遇する問いだ。

私も以前、瞑想に集中している時にパートナーに聞かれた事がある。


「ねえねえ、リアル君は将来の夢というか、こうなりたいみたいのあるの?」


リアル
「即身成仏・・・かな?」

と答えて波紋を呼んだ。


続く・・・・


 

JUGEMテーマ:つぶやき。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ーーーーー 期間限定コンテンツ ... ーーーーーー

あなたの本質的な意識が開花するメソッドとは?



ーーーーー 無料プレゼントのお知らせ... ーーーーーー

メルマガ

ブログでお話した今回のような事はメルマガではもう少し深く解説したりしてますので、まだの方はメルマガに登録しておいてくださいね。

このブログのミッションはこちら


メルマガ登録とプレゼント講座の詳細はこちらから


プロフィールはこちら


 
関連する記事はこちら Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
投稿者:koji awazawa
Google

Amazon Kindleで本を書いた




ここ最近、ブログの更新頻度が落ちていた。

「もっと書いてください!」

とのお叱りも受けたので、ぼちぼち記事を書いていこうと思う。

言い訳ではないが、更新が滞っていた理由としては本を書いていたからだ。

本といっても紙の本ではなく、Kindleの電子出版だが、とにかく文章を書いていたわけだ。

実はもう本は書けていて、Amazonにアップロードしたんだが、細かい修正があって再アップロードして反映待ちの状態。

しかし、Kindleで本を書いた方がいいんじゃないかと数年前から思ってはいたんだが、ようやく書けた感がある。

どうやって出版するかの技術的な事に関しては、解説書やネットで調べればだいたいわかる。

まあ、実は多少面倒くさい部分というか、技術的にものすごく簡単なわけでも無いのだが、やればなんとかなる。

しかし、問題はそこではなく、もっと気分的なものだった。

まあ、その辺の細かい話は置いておいて・・・・

「リアルさん、どんな本を書いたんですか?」

という話もあるだろうから、内容を少しだけ紹介してみよう。

内容的には今までの体験談的なものを中心としたもの。

あまり、ブログやメルマガでお話してこなかった部分も含まれる。

ということで、本を書き終わったよという報告でした。

次回はもう少し詳しい内容を書いていこうと思う。

 

JUGEMテーマ:つぶやき。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ーーーーー 期間限定コンテンツ ... ーーーーーー

あなたの本質的な意識が開花するメソッドとは?



ーーーーー 無料プレゼントのお知らせ... ーーーーーー

メルマガ

ブログでお話した今回のような事はメルマガではもう少し深く解説したりしてますので、まだの方はメルマガに登録しておいてくださいね。

このブログのミッションはこちら


メルマガ登録とプレゼント講座の詳細はこちらから


プロフィールはこちら


 
関連する記事はこちら Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
投稿者:koji awazawa
Google

一晩で51兆円のトランプ土産 年金の行方(GPIF)



このブログでは政治的な話題はあまり書かないようにしているが、気になったので少しだけ。

最近はシンギュラリティの記事とか、他にも超ポジティブな10〜30年先の話などもしているが、
短期的にはペシミスチックな感じ。。

安部総理がトランプ大統領の手土産に、総額4500億ドル(約51兆円)を進呈したとの話。

これは年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が米国のインフラに投資するという名目らしい。

http://www.globalstream-news.com/ohi-report/post-18456/

う〜ん 微妙。

私は別に反自民党でもないし、どこかの政党を応援しているというわけではない。

どちらかとうと、政府自体は与党であれ野党であれ、国民から税を徴収する立場に代わりはなく・・・

国家VS国民

という、ある種の対立構造というのはあると思う。

毎年上昇する年金。

日本年金機構のデーターによると、平成3年には8400円だった保険料月額が16000円を超えるようになってきた。
https://www.nenkin.go.jp/service/kokunen/hokenryo-hensen/20150331.html

これ、名目上は「保険料」といっているけど、実質「保険税」だからね。


それでもって、ここ数年、支払いが滞納すると差し押さえ通知が来て、銀行口座が凍結されるようになった。

恐ろしい話だ。

まあ、100歩ゆずって、将来的に年金として帰ってくるのならまだしも、だいたい公務員や特殊な団体や今回のようなジャブジャブ外交に流れていってしまうのかと思うと、さすがに政治に対して興味が薄い私でも「ムムッ〜」とならざるを得ない。

これはなにも、今回だけの話ではなく、フィリピンに1兆円の経済協力をするとの話の後・・・

ロドリゴ・ドゥテルテ大統領が「ミサイルはいらない」と言ったとか言わないとかの記事が話題を呼んだ。

どんな演説をしたかというと・・・
 

ダバオ市商工会議所の総会で行ったスピーチ。

英語とタガログ語で、首脳会談をしたばかりの安倍首相の名前を挙げ、

「安倍にも言ったんだ、私はミサイルは必要としていないと」

と述べた。

その後、ロシアのプーチン大統領のハッキング疑惑やトランプ米次期大統領に触れ、

「もし第3次世界大戦が始まれば、それはこの世の終わりを意味する」

と話した。

朝日デジタルより 引用
http://www.asahi.com/articles/ASK1J4CVKK1JUHBI00T.html




実際、この辺はフェイク記事じゃないかとの噂はあるが、現時点では問題の発言を報じたPhilippine Star紙が記事を削除していてる。

動画はあるんだが、何を言っているのかはタガログ語がわからなければわからないらしいから不明。

フィリピン大統領府のマラカニアン宮殿 公式サイト(動画)あり解説サイト
http://pelicanmemo.hatenablog.com/entry/2017/01/16/210000


とにかく気になる事は色々あるが、そういった問題の本質を報道しない癒着したメディアへの不信感は否めない。

まあ、あれだ。

スマップの解散騒動の時に、ジャニーさんやメリーさんを取材するテレビ局が無いのと一緒の構造だわな。




JUGEMテーマ:日記・一般

このエントリーをはてなブックマークに追加

ーーーーー 期間限定コンテンツ ... ーーーーーー

あなたの本質的な意識が開花するメソッドとは?



ーーーーー 無料プレゼントのお知らせ... ーーーーーー

メルマガ

ブログでお話した今回のような事はメルマガではもう少し深く解説したりしてますので、まだの方はメルマガに登録しておいてくださいね。

このブログのミッションはこちら


メルマガ登録とプレゼント講座の詳細はこちらから


プロフィールはこちら


 
関連する記事はこちら Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
投稿者:koji awazawa
Google

ドクター・ストレンジと幽体離脱 imax3dで映画観賞






ドクター・ストレンジという映画を観た。

結論から言うと、個人的には結構お気に入り。

やっぱり、色々と難解な映画もいいんだが、休みの日にリラックスしたかったり、気分転換したい時には、こういう映画がいいわけだ。

 

あらすじ

上から目線の天才外科医ドクター・ストレンジ。

突然の交通事故により、神の手を失った彼を甦らせたのは─魔術。

指導者エンシェント・ワンのもと、過酷な修行をかさね人智を超えた力を手にしたストレンジだったが、世界を破滅へと導く闇の魔術の存在を知ったとき、彼は壮絶な魔術の戦いに巻きこまれてゆく。

しかし、“人を決して傷つけない”医者としての信念が、敵であってもその命を奪うことをためらわせる。彼は、いかにして闇の魔術に立ち向かい、人々の命を救うのか?ドクター・ストレンジにしかできない、常識も次元も超えた戦いが始まる。

〜〜ドクターストレンジ公式サイトより引用〜〜




いや〜 主人公のベネディクト・カンバーバッチがアクが強すぎ 笑

一度みたら二度と忘れないようなクドい顔とでもいうべきか。

なんでも、15世紀のイングランド王・リチャード3世の血縁にあたるそうで、実際にドラマ『ホロウ・クラウン/嘆きの王冠』ではリチャード3世を演じているという。

あとは観てないが「ホーキング」でホーキング博士を演じているらしい。

スタートレックとかにも出演しているらしいが、とにかくこのドクターストレンジ役ははまり役だと思う。

この映画はストーリー云々というのは置いておいて・・・・

・IMAX3Dで観ると、体が傾くような見心地
・幽体離脱(アストラル)の時の表現が実際に近い
・空間に書く魔法陣がユニーク
・なぜかマントが欲しくなる
・ラスボスがダサイ

というところが見どころというか、気になった。



IMAX3Dで観ると、体が傾くような見心地

木場のIMAX3Dで観た。

もちろん、以前にも書いたが最前列。

IMAXは最前列が一番没入出来る。

しかし、話はそれるが、今回は若干の失敗だった。


「どちらの席にしますか?」

と券を買う時に、最前列のセンターに先約がいた。

それを見た時に、若干、嫌な予感がして、2列空けて最前列へ。

シアターの暗い中を歩き、自分の席へ到着。

ヤバイ、やっぱりそうだ。

センターにお兄ちゃんがいて、独り言をいいながらコンビニの袋から何やらパンらしきものをガサガサ出しながら、ムシャムシャ食べている。

やっぱり、せっかくのIMAX3Dでも↑の音があると没入出来ないので、映画の途中で端へ移動。

まあ、そんな話は置いておいて、IMAX効果抜群の映画になっている。

途中の次元を操る場面では体が傾きそうになる。


しかし、あれだ。

思えば30年以上前、私が高校生の時にも3Dはあった。

紙で出来た右と左に違う色のセロファンのようなものが貼ってあるメガネをかけて観た。

映画は13日の金曜日。

それと比較すると・・・

「映画もここまできたか〜」

という感じ。

おそらくは、これを見ている子供達はおじさんになった時に・・・

「昔、IMAX3Dでドクターストレンジを観たけど、2047年の今は脳内デイバイスVRで現実との区別もつかないし、シナリオ分岐で自分の選択でストーリーが選べるんだから、映画も進化したよな」

とか言っているんだろうか。

話は変わるが、VRでいうと去年は色々なアトラクションに行ったが、意外と池袋にある”SKY CIRCUS サンシャイン60展望”が強烈だった。

展望台だからなめていたが、気持ち悪さでいうとお台場にあるProject i CanのVRといい勝負かも。



幽体離脱(アストラル)の時の表現が実際に近い

これは映画でドクターストレンジがカトマンズに行って、エンシェント・ワンに頭を押さえ込まれて幽体離脱するだが、あれは実際の幽体離脱の感じを結構正確に表現している。


幽体離脱といっても様々なパターンがある。
・映画のようにすっ飛んで飛行したり
・トンネルの中を移動したり
・幾何学模様が見えたり
・手や足だけ抜けたり
・それを誰かが引っ張ってくれて抜けたり
・横に寝返りをうつようにゴロンと抜けたり

などなど。

他の人はどうかわからないが、私の場合、最近はバイロケーションの方が多いが、体脱する時は初期の頃は飛行が多かったが、通常はゴロンタイプが多かった。

「リアルさん、体外離脱ってどうやるんでうか?」

という質問もあるかと思うが、寝た状態で瞑想に入るとなるケースがある。

私の講座ではdeepの講座を受けている人の中に、体外離脱する人がいるが、まあ、そんな感じだ。




空間に書く魔法陣がユニーク

これもある程度内的光が見え始めた人はわかるかもしれないが、この映画を観ると・・・

「あそこまでゴテゴテしてないけど、あるよね〜」

という感じになるだろう。

他人に見せられるかどうかはともかく、瞑想していると幾何学模様が出てくる時がある。

もっとも、上座部の一派では内的な光を発射して他人に見せたりするようだが、それを極限までデフォルメするとあんな感じになるんだろうな。

また、カバラでやるようなタットワの瞑想でも図形を描いて異世界へ行くんで、大沼さんやバトラーの本を読んだりやったりした人には懐かしいというか、なんというかじゃないかな。

しかし、ドラえもんのどこでもドアじゃないが、クルクルっと書いて扉を作ってどこでも行けるとうのは古今東西共通の夢みたいな。



なぜかマントが欲しくなる

あのマントはいいな。

時間を戻したり、次元を操るのと比較すると、若干ショボイが、なぜか欲しくなるタイプのアイテム。


ラスボスがダサイ

最後にどんな敵が現れるかと思ったが、思いの他ダサイ。

まさか、デッカイ顔でくるとは思わなかった。

ただ、テイストとして、複雑な概念を入れるより、善悪2元のわかりやすい世界観で作る事で、気軽にみれる娯楽映画として楽しめる。


ということで、ストーリーで感動という感じではないが、娯楽映画としては大いに楽しめる作品だと思う。


JUGEMテーマ:映画

このエントリーをはてなブックマークに追加

ーーーーー 期間限定コンテンツ ... ーーーーーー

あなたの本質的な意識が開花するメソッドとは?



ーーーーー 無料プレゼントのお知らせ... ーーーーーー

メルマガ

ブログでお話した今回のような事はメルマガではもう少し深く解説したりしてますので、まだの方はメルマガに登録しておいてくださいね。

このブログのミッションはこちら


メルマガ登録とプレゼント講座の詳細はこちらから


プロフィールはこちら


 
関連する記事はこちら Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
投稿者:koji awazawa
Google

iphoneの寿命は2年?リチウムイオンバッテリーの寿命と充電回数



今日はスマホの話。


先日、iphone6Plusのバッテリー表示が赤くなっていた。


「あれ?9%? さっきまで50%ぐらいあったのに変だな?」


と思い充電。


なぜか急速に充電され60%台.


「誤表示かな、まあ、いいか」


と、とりあえずスルーする。


しかし、バッテリーが赤くなることは、この後、ちょくちょく起こるように。


思い返せば2年前。


あの時は富士山に行った時。


いきなりバッテリーが減って、iphone6Plusに買い替えたんだっけと思いだす。


嫌な予感は的中する。


調べてみると、iphoneの公式発表では・・・


”OS X製品とtvOS製品で4年間、iOS 製品とwatchOS製品は3年間を想定している”


との事。


マジですか。


更に調べてみると、iphoneのリチウムイオンバッテリーの寿命は400回充電を想定しているとの事。


400回充電というのは・・・・


正しく整備された iPhone のバッテリーは、フル充電/放電サイクルを400回繰り返すと、完全に充電しても元の容量の80%までしか充電できなくなります。


という事らしい。



つまり、100%から50%まで減ったとする。


それを2回繰り返すと1回とカウント。


100%から80%まで減ったとする。

それを5回繰り返すと1回とカウント。


みたいな感じらしい。


まあ、あとはバッテリーの当たりハズレがあると思うが、基本は充電回数らしい。


つまりは、ザックリ言うと・・・・


超ヘビーユーザーは1年

ちょくちょく使う 2年

普通に使用 3年

あまり使わない それ以上


みたいな感じなんじゃないかな。


ということで、バッテリーがいきなり赤では支障をきたすので、iphone7を買う事に。



やっぱりiphoneは私にとって必要なんですよ。


なぜかというと、plusを持っているとブラウジングと簡単な操作ぐらいだったらノートPCより使いやすいというのがある。


使いやすいというのは、ポケットから出してサッと使えると言う意味。


片手だし。


後は動画撮影。


1時間くらいの動画だったらiphoneで充分な気がする。

4〜5万のハンディカムと同じような動画がとれる。




しかし、なんかテンション上がらないなと思いつつ、iphone7について情報収集。


今まで、iphone7にはワクワクしなかったが、下の動画をみたらいいかもと思うようになった。







凄いじゃないですか。


強度がこんなにアップしたなんて。



今までにiphoneを落とした事はないが、このくらいの落下に耐えられるなら買ってもいいかもと思うように。



また、動画の撮影機能というか画質や手振れなんかも下の動画を見たらいいんじゃないかと思うように。






どうやら、10万円くらすのコンデジと比較しても、それほど遜色がない模様。



ということで、仕事道具をケチるといいことないので、購入決定。



橋本のソフトバンクストアに電話で予約。


本当は256GBがよかったんだが、128GBしかなかった。


一瞬迷ったが、4Kも撮らないしハイレゾも使わないし128でいいかなと。


色もローズゴールドとブラックしかなかったんで、ジェットブラックでいいかということで購入。



「これも2年くらいか」


と思うと、もうカバーやフィルムはしない事に。


というかiphone6も画面にフィルムは貼ったが、カバーはつけなかった。


どっちにしろ、これだけ強度があるんだったら、カバーはいらない。




JUGEMテーマ:つぶやき。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ーーーーー 期間限定コンテンツ ... ーーーーーー

あなたの本質的な意識が開花するメソッドとは?



ーーーーー 無料プレゼントのお知らせ... ーーーーーー

メルマガ

ブログでお話した今回のような事はメルマガではもう少し深く解説したりしてますので、まだの方はメルマガに登録しておいてくださいね。

このブログのミッションはこちら


メルマガ登録とプレゼント講座の詳細はこちらから


プロフィールはこちら


 
関連する記事はこちら Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
投稿者:koji awazawa
Google

プレシンギュラリティ到来は5年後 レイ・カーツワイルと齊藤 元章





こんにちはリアルです。

新年あけましておめでとうございます。

正月休みで「ボー」となってしまった人も
多いと思います。

映画を見たり、寝正月になったり、お出かけ
したり。

私の場合は本ですよね。

昔から本が好きで、30代の頃はあまり読
みませんでしたが、ここ数年は読書習慣が
復活してしまいました。

特に去年あたりからKindleにしてからヤバい
です。


正月はおでかけもしましたが、Kindle霊界に
に入ってました。


=====
Kindle霊界
=====


いつもは海外物が多いですが、最近読んだ
本は野崎まどの「バビロン」。


読んでいるうちに・・・

「あれ?この本の舞台って地元の橋本が舞
台だ」

という事に気づきました。

橋本を中心とした首都圏が出来上がっている
物語。

リニアの停車駅が決定してから、こんなど
田舎も小説の舞台となる時代。

恐ろしいですよね、リニア開通したら品川
まで10分程度。

私が子供の頃なんて、橋本駅は木造で20ー
30分に1本しか電車がこなかったのに。


ということで、野崎まどのファンというわ
けではないのですが、どうやら連作になって
いるらしく・・・

「バビロン」「バビロン2」「映アムリタ」
「舞面真面とお面の女」「死なない生徒殺人事件」
「小説家の作り方」「パーフェクトフレンド」

と野崎ワールドを堪能というかKindle霊界に
囚われの脳に。


野崎氏の本は以前「know」という本を読んで、
感想をブログにもアップしましたが、視点は
ユニークですよね。

「know」の世界は人間の脳が拡張された21
世紀を舞台とした物語。

「電子葉」というガジェットが脳に埋め込まれ
ていて、全ての情報にアクセス出来る世界。

実は小説の中の話だけでなく、実際にSFの
ようなイノベーションがやってくるって
知ってました?


================
不老不死の世界がマジでやってくる
================

最近の流行りで言えば「エクサスケールの衝
撃」の世界が舞台のような物語。


「エクサスケールの衝撃ってなに?」

という話もあるかと思いますが、簡単にいう
と科学の発展によって、あと40年以内に・・

・働く必要が無くなる
・お金が無くなる
・土地の無料化
・エネルギー問題の解決
・機械と人間のハイブリッド化
・不老不死になる(情報生命体)

という世界が2045年に出現すると予測した
本です。

一言で言えば・・・

「AIが人間の知能を超える臨界点」

がやってきて、それによって今の人類では体験
した事がない異世界がやってくるという話。

これはSFではなく現実の話で、今の科学
(AIその他)の進歩が臨界点を迎えるのが
もうすぐという話。


ちなみに、2045年に起こるとされているが
、実はもっと早いらしい。

あと5年(2022)でプレシンギュラリティ、
が起こり、2030年にはその世界が実現する
という話が最新。

なぜ早まったかというと、1000倍高速な人工
知能エンジンを2018年中には完成される予定
らしい。

それが走り始めるのが2019年。

だから、2045年ではなく、大幅に前倒しで早ま
るらしい。

http://mindfulness7.net/cdm4


という事は、あと13年。

あと13年で・・・

・働く必要が無くなる
・お金が無くなる
・土地の無料化
・エネルギー問題の解決
・機械と人間のハイブリッド化
・不老不死になる(情報生命体)

の世界がやってくる、少なくとも技術的には
可能になる世界の到来。

これってヤバくない?

もうアセンションが起きなくても、宇宙人がやっ
て来なくても、ミラクルなSF映画のよう世界が
やってくるという話。


まあ、実際は一般レベルに浸透するまでは、もう
少し時間がかかるかもしれないが、未曾有のイノ
ベーションが今この瞬間にも起きているのは事実。


実際問題としては社会的や政治的な軋轢があるの
で、それがどうエフェクトするかは不明だ。

ただ、それを乗り越えられれば、黄金時代はや
ってくるという話。


という事で今日は小説の話からの不老不死の
話題という事で、楽しい年になりそうだねと
いう話でした。

 

JUGEMテーマ:つぶやき。


 

このエントリーをはてなブックマークに追加

ーーーーー 期間限定コンテンツ ... ーーーーーー

あなたの本質的な意識が開花するメソッドとは?



ーーーーー 無料プレゼントのお知らせ... ーーーーーー

メルマガ

ブログでお話した今回のような事はメルマガではもう少し深く解説したりしてますので、まだの方はメルマガに登録しておいてくださいね。

このブログのミッションはこちら


メルマガ登録とプレゼント講座の詳細はこちらから


プロフィールはこちら


 
関連する記事はこちら Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
投稿者:koji awazawa
Google

2016年を振り返って



こんにちはリアルです。

あっと言う間に年末ですね。

今年は色々とチャレンジしました。

2016年のチャレンジとしては、まず・・・

「it の講座」

というのが挙げられますよね。


「it (イット)ってなに?」

と思う人もいるかもしれませんが、
「it 」とは・・・

it = それ

という意味。

===========
「それ」っていうのは?
===========

それっていうのは一言で言えば「神」


神っていうと色々な概念があります。

・神社の神様
・インドの神様
・イエスキリスト
・宇宙意識
・死後に遭遇する光の意識
・なんとかく「神様」と呼びかけてしまう
・ルーミー的な愛
・バカヴァッドギター的なパラマートマ

みたいに色々あると思います。

それらを総称して・・・

「それ」

つまり、名前に規定出来ない、具体的に
は指し示す事が出来ないものとして呼んだ
わけです。

それを知的な概念だけでなく・・・

・体感として
・臨在として

リアルに感じながら、やってみようという
なんとも大胆な企画でした。


あとは、セミナーも回数的には3回ですが、
今までに無い感じのものをやりました。

・RV(リモートビューイング)的なもの
・エネルギーフィールドのコントロール

また、自分の魂からの言葉を紡ぎだす

・言霊ライティング

が最初で、次にヴィパサナーの技法の使っ
た・・

・つまらない瞑想会

など、色々とチャレンジしてみました。

最近では、現実化を行う・・

・マニフェステーション・PRO

を募集しました。


また、リアルでライブ放送的なものもやった方
がいいんじゃないかという事で、メルマガ読者限定
ではありますが・・・

「Ustreamフォロー企画」

でリアルタイムで旬なネタや質問にお答えするライブ
放送を週一でやったりしています。


だいたい、ざっくり言うとこんな感じでした。


やる事を厳選しているので、活動量としては
多くないですが、趣向としてはチャレンジング
な一年でした。


来年も読んだり参加した方が・・・

「あれは良かったよね」

と囁き合うようなものを提供出来ればと思い
ます。

一年間ありがとうございました。
( ^ ^ )/□


JUGEMテーマ:つぶやき。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ーーーーー 期間限定コンテンツ ... ーーーーーー

あなたの本質的な意識が開花するメソッドとは?



ーーーーー 無料プレゼントのお知らせ... ーーーーーー

メルマガ

ブログでお話した今回のような事はメルマガではもう少し深く解説したりしてますので、まだの方はメルマガに登録しておいてくださいね。

このブログのミッションはこちら


メルマガ登録とプレゼント講座の詳細はこちらから


プロフィールはこちら


 
関連する記事はこちら Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
投稿者:koji awazawa
Google

忍者レストラン ニンジャアカサカ



こんにちはリアルです。

 

なんだかあっという間に12月も半ば過ぎ。

 

今月はブログ更新頻度も落ちましたが、1月から少しづつアップしていこうと思います。


最近、メルマガ限定でUstreamライブを金曜の夜にやっているんで、その質疑応答なんかをやっていこうかなと。


話は変わりますが、この前、誕生日ということで忍者レストランに行ってきました。

 

ニンジャアカサカという名前。

 

 

手裏剣型のグリッシーニ

 

 

寿司の一種

 

 

忍者がコンセプトなんで、もっとアトラクション的なお店かと思ったけど、普通に美味しいレストランという感じ。

 

外人さんが沢山。

 

店内は暗くて迷路みたいになっていて、隠し扉とかあって、なかなか面白いコンセプト。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:つぶやき。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ーーーーー 期間限定コンテンツ ... ーーーーーー

あなたの本質的な意識が開花するメソッドとは?



ーーーーー 無料プレゼントのお知らせ... ーーーーーー

メルマガ

ブログでお話した今回のような事はメルマガではもう少し深く解説したりしてますので、まだの方はメルマガに登録しておいてくださいね。

このブログのミッションはこちら


メルマガ登録とプレゼント講座の詳細はこちらから


プロフィールはこちら


 
関連する記事はこちら Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
投稿者:koji awazawa
Google